Microsoft Office 365アカウントの設定自動化で管理業務をサポート

~SBT自社ブランド「clouXion」に追加、既存ラインアップとの組み合わせでガバナンス強化も可能~

SBT
SBテクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市、以下SBT)は、クラウドの力で顧客企業のワークスタイルやビジネスモデルの変革を支援する自社ブランド「clouXion(クラウジョン)」のラインアップに「Microsoft Office 365 向け自動設定ツール(以下、本サービス)」を追加しました。本サービスは、Microsoft Office 365 アカウントの有効化から各種設定までを自動化することで管理業務をサポートするもので、既存環境にもスムーズに導入することができます。今後は Microsoft Teams との連携なども予定しています。


■背景
国内企業におけるクラウド化が進む一方、従業員数の多い大手企業のIT部門からは、ユーザーに対するライセンス付与や付替え、各種設定などアカウント管理業務に関する悩みが聞こえてくるようになりました。「全社一括の有効化など、手動では時間がかかる」「従業員の入退社に伴うライセンス管理が大変」「手動設定は人的ミスが怖い」といった声を受け、アカウント管理業務の負荷軽減と効率化を目的に本サービスの開発を進めました。

■「Provisioning Flow」との連携によるガバナンス強化
clouXionシリーズのProvisioning Flowと連携させることで、ライセンス付与を申請ベースで行うことができ、ガバナンス強化を図ることも可能となります。


SBTは、これまで培ってきたクラウドとセキュリティの技術力をもとにサービスを開発・提供するサービスプロバイダーとして、自社ブランド「clouXion」のサービス拡充により、顧客企業のDX推進への貢献を目指します。

■Micsoroft Office 365 向け自動設定ツールの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.softbanktech.co.jp/service/list/microsoft365/o365/automatic-setting

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SBT >
  3. Microsoft Office 365アカウントの設定自動化で管理業務をサポート