2018 年度「働き方・休み方改革、ダイバーシティ推進」に関するJATA会長表彰において働き方・休み方改革部門大賞を受賞

 株式会社ジャルパック(本社:東京都品川区、代表取締役社長 江利川宗光)は、2018 年度「働き方・休み方改革、ダイバーシティ推進」に関するJATA 会長表彰(*)において働き方・休み方改革部門の大賞を受賞しました。17年度の同表彰においては、審査員特別賞を受賞しましたが、昨年度は更に深度化した取組みが評価をいただき、大賞受賞に至りました。
ジャルパックでは働き方改革を経営戦略の一環と捉え、全社員が生産性高くやりがいをもって働ける環境を整備することを通じて、変革への意識を高め、より付加価値の高い成果の創出を目指していきます。

(*)「働き方・休み方改革、ダイバーシティ推進」に関するJATA会長表彰とは、会員各社の優れた取組事例を広く周知し、業界全体の長時間労働・過重労働を是正して有給休暇の取得を促進すること、女性や高齢者を含む多様な人材を一層活用することをねらいとしています。
主な取り組み内容
1.2017年から実施した柔軟な働き方の環境整備を更に推進し、自社オフィスのフリーアドレスに加え首都圏のサテライトオフィスと契約し、社外における隙間時間の有効活用等による生産性向上を促進し、年間総実労働時間を更に削減しました。(18年度実績 :1880時間  前年差異△36時間)
 
2.ワーケーション(ワーク+バケーション)の更なる推進による社員の有給休暇取得促進と、賛同する自治体や企業・各種団体さまとの協業による旅行商品の企画やJALグループ社員のモニターツアーを実施し、マーケットに対して新たな価値を提案・発信しました。

3.各職場から選出された社員により“WHIP(ホイップ)”( =Work and Holiday Innovation project)を結成し、自律型思考プロセスに基づき社員が主体となり、コミュニケーションと健康増進施策を活動の2本柱として各種取組みを実施しました。その成果として、健康経営優良法人2019  ホワイト500 (大規模法人部門)に初めて認定を受けました。

4.社員共通の価値基盤としての全社員を対象としたJALフィロソフィ教育の深度化と同時に、JPK OODA(*)勉強会を実施し、依存型社員から自律型社員への意識改革推進のプラットホームを構築しました。

(*)「Observe(観察)⇒ Orient(方向付け)⇒ Decide(決定)⇒ Act(実行)」という意思決定プロセス

全社員朝礼時に体操教室を実施全社員朝礼時に体操教室を実施

折り紙ヒコーキ大会を実施折り紙ヒコーキ大会を実施

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャルパック >
  3. 2018 年度「働き方・休み方改革、ダイバーシティ推進」に関するJATA会長表彰において働き方・休み方改革部門大賞を受賞