「メ~テレ秋まつり2018」で「8Kから4Kへのライブ切り出し」及び「8K伝送実験」を公開デモンストレーション

メ~テレ(名古屋テレビ放送)は、9月29日(土)・30日(日)の2日間、名古屋市中区の久屋大通公園一帯で開催する「メ~テレ秋まつり2018」において、「8Kから4Kへのライブ切り出しによる映像制作」、「8K伝送実験」の公開デモンストレーションを行います。
放送を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中、メ~テレ 名古屋テレビ放送は「次世代放送の先進局」を目指し、かねてより次世代映像に積極的に取り組んできました。
その一環として、2018年3月、メ~テレは地上波の民放テレビ局として他に先駆けて8Kカムコーダーを導入し、超高解像度の8K映像を活用した様々な映像制作を行っています。
このような中、メ~テレ主催の恒例イベント「メ~テレ秋まつり2018」では、8K映像を使った2つの先進的なトライアルを実施します.


1.8Kから4Kへのライブ切り出しによる映像制作
高画質な映像から任意の範囲を切り出し、スケーリングする技術をROI(Region of Interest)と呼びます。今年の秋まつりでは、8Kカメラで撮影した映像から任意の領域を切り出し4Kにスケーリングする8K ROIをライブで実施します。

【技術的なポイント】
Region of Interest 
Region of Interest(ROI)とは、画像の中で注目された特定の領域のことを指します。今回は8Kカムコーダーで撮影した映像からリアルタイムにROIの切り出しを行うことで、自由なカメラワークでの4K映像を作成します。8K映像からの切り出しならば、切り出された映像も十分な解像度を持つため、ROIによる映像制作は効果的な8K映像活用手法の1つであると考えられます。ROIはMulti Media Scan Converter MC-2086(アストロデザイン)を用いて行います。

8K ROIイメージ図(8Kの赤枠部分を切り出し4Kにスケーリング)8K ROIイメージ図(8Kの赤枠部分を切り出し4Kにスケーリング)

2.8K伝送実験
8K映像はその高精細な画質を持つ反面、莫大な情報量を持つため、その伝送路をどう確立するかが課題の一つとなっています。今回はその方法の一つとして8K映像をエンコーダーで圧縮しFPU(無線映像伝送装置)を使って伝送、さらにその映像をMMT形式に変換する事で将来の5Gを想定した高速なネットワークでの伝送も行います。これら2つの「8K映像伝送」を公開デモンストレーションとして実施します。
 

8K伝送実験概略図8K伝送実験概略図



DVB-ASI形式への変換はソシオネクスト製8K HEVCエンコーダーを用いて行います。また、MMT形式への変換はターボシステムズ製ZJive for MMTを用いて行います。

 

 

 

 

 

8K 切り出し装置8K 切り出し装置

8Kカムコーダー8Kカムコーダー

8Kデコーダー8Kデコーダー

  

8K公開デモンストレーションについて
■実施場所:メ~テレ秋まつり2018会場 光の広場 「メ~テレ 8K・VR」ブース
■実施日時:9月29日(土)・30日(日)  午前10:00~午後6:00
■機材協力:アストロデザイン株式会社、株式会社ソシオネクスト、ターボシステムズ株式会社

<メ~テレ秋まつり2018概要>
■タイトル:メ~テレ秋まつり2018    https://www.nagoyatv.com/akimatsuri2018/
■開催日:9月29日(土)・30日(日) 午前10:00~午後6:00  両日雨天決行
■会 場:久屋大通公園(エンゼル広場・久屋広場・光の広場)
■主 催:メ~テレ
■後 援:名古屋市、名古屋商工会議所、一般社団法人 中部経済連合会、朝日新聞社、日刊スポーツ

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メ~テレ >
  3. 「メ~テレ秋まつり2018」で「8Kから4Kへのライブ切り出し」及び「8K伝送実験」を公開デモンストレーション