効率よく成果をだす人には、シンプルな「共通点」があった!『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』発売。

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、代表取締役:伊藤 守)は2020年9月25日に『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』(越川慎司・著)を刊行しました。



業務効率化の方法を、「トップ5%社員」の行動原則に学ぶ!
働き方改革で目指すべきは、残業を削減することでも、有休を消化することでもありません。
限られた時間の中でより大きな成果を残し、より多くの報酬や幸せを得ることです。


本書は、「効率よく成果を出す方法」を紹介する1冊です。
ここで紹介する成功パターンは、すぐにパッと魔法のように成果が出るものではありません。
しかし、「トップ5%の社員」から導き出したシンプルな行動と思考のルールを学び、実践することで、必ず短い時間で成果を出し続ける人材へと近づきます。
 


ビジネスパーソン1万8000人を定点カメラ・ICレコーダー・GPSで調査、AI分析してわかった働き方の結論。

著者の越川慎司氏は、IT企業、米マイクロソフトの執行役員などを経て、現在、働き方改革の支援をする会社の代表を務めています。

これまで越川氏は、605社、述べ16.3万人のビジネスパーソンの働き方支援をし、その中から
人事評価「トップ5%社員」と、そうではない「95%の一般社員」の働き方を徹底調査。
AIと専門家の分析によって、「5%社員」の共通点や「95%の一般社員」との違いを抽出しました。

 

突出した成果をだすトップ「5%社員」は、しばしば「できるやつ」として特別扱いされているかもしれません。
しかし、「5%社員」の調査から導き出された成功のルールを29社で実験し、他の人も再現できる可能性が十分にあることがわかりました。

 

本書では、成功例と失敗例の両方を紹介しながら、再現性の高い行動の変化をお伝えします。
ぜひ、自分の行動や考え方と照らし合わせ、違う点があれば試してみてください。
そして行動の後に振り返ることで、変化の対応力が高まり、未来の選択肢が増えるはずです。

 
//////////////////////////////////////////////////
【目次】
はじめに
序章 AIで1万8000人分析してわかった、ずば抜けた結果を出す人の五原則
第1章 良かれと思ってやってしまう「95%社員」の行動
第2章 トップ「5%社員」のシンプルな思考と行動
第3章 トップ「5%社員」の強いチームをつくる発言
第4章 トップ「5%社員」のすぐやる習慣
第5章 今日からできるトップ「5%社員」のルーティン
あとがき

 

【著者情報】
越川慎司(こしかわ・しんじ)

株式会社クロスリバー 代表。株式会社キャスター Caster Anywhere事業責任者。元マイクロソフト事業執行役員。国内および外資系通信会社に勤務し、ITベンチャーの起業を経て、2005年に米マイクロソフト本社に入社。2017年にクロスリバーを設立。メンバー全員が週休3日・完全リモートワーク・複業を実践、支援した企業は600社以上。場所と時間にとらわれず利益を上げていく「働き方改革」の実行を支援。著書は『働く時間は短くして、最高の成果を出し続ける方法』(日本実業出版社)、『新時代を生き抜くリーダーの教科書』(総合法令出版)など、10冊以上。定額制オンライントレーニング「Smart Boarding」にて特別講座を提供中。講演や講座、メディア出演多数。
株式会社クロスリバー公式HPはこちら http://cross-river.co.jp/

 

【書籍情報】
タイトル:『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』
発売日:2020年9月25日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:四六判・並製/256ページ
ISBN:978-4-7993-2608-4
本体価格:1,500円(税抜)

 
【本書のご購入はコチラ】
Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/4799326082
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16430214/
セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1107134372
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン >
  3. 効率よく成果をだす人には、シンプルな「共通点」があった!『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』発売。