将来のデジタル人材育成に貢献!マイクロソフトとの産学連携で、小中高生に向けた「Azure」を活用したシステムやサービスをHALの学生が提案します

​専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)は、日本マイクロソフトとの産学連携プロジェクトとして、同社のクラウドコンピューティングサービス「Azure」を活用した小中高生および教職員向けのコンテンツを、IT学部の学生たちが企画・開発します。HALのIT学部では、世界的に導入が進む「クラウドコンピューティング」を活用したシステム開発を学ぶため、授業でもAzureを導入し学習しています。
先日、学生チームによるプレゼンテーションが行われ、各企画を開発するにあたって直接フィードバックをいただきました。これから随時進捗をチェックしていただきながら、8月の完成を目指して鋭意開発を進めていきます。

日本マイクロソフト株式会社 デジタルセールス事業本部 公共営業本部
本村 竜介様よりコメント

「発想力が豊かで、柔軟性のある面白いアイディアばかりで驚いています。ゲームを取り入れた案も多くありましたが、海外のMBAでもゲームをビジネスに取り入れる手法は研究されていて、着眼点として非常に良いと思います。HALの皆さんは企画を実装できるスキルがあるのが強みだと思います。マーケティングや技術的な部分も追求して、良いプロダクトを目指してください。期待しています」。

国としても「デジタル人材育成」は重要な政策であり、教育コンテンツの整備が必要とされています。本連携を通して学生たち自身がAzureやクラウドコンピューティングの理解を深めるとともに、若い感性を活かしたアイディアで、将来のデジタル人材育成への貢献も視野に、取り組んでいきます。
  専門学校HALは、東京・大阪・名古屋のターミナル駅前に校舎を構え、ゲーム、CG、ミュージック、カーデザイン、ITまで、IT・デジタルコンテンツ分野の即戦力を育成している専門学校。専門教育の理想とされる「産学連携」を追及し、第一線のプロによる直接指導、企業からの依頼で学生が取り組むプロジェクト、プロも認めたソフト・ハードを導入。希望者就職率100%を実現しています。

 
  • 『産学直結ケーススタディ』とは

学生ひとり1人がプロの現場で活躍できるように、企業やクリエイターと連携し、企画立案から実制作までを手がけるプロジェクト。実践的なプロジェクトを経験することで、学生の域を超えた本物の「実戦力」が身につきます。


【AO入学エントリー受付中!】
オープンキャンパスは毎月実施!
来校およびオンラインの入学相談も毎日実施しています。(日曜・祝日を除く)
HAL東京 https://www.hal.ac.jp/tokyo/apply
HAL大阪 https://www.hal.ac.jp/osaka/apply
HAL名古屋 https://www.hal.ac.jp/nagoya/apply
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 日本教育財団 >
  3. 将来のデジタル人材育成に貢献!マイクロソフトとの産学連携で、小中高生に向けた「Azure」を活用したシステムやサービスをHALの学生が提案します