転職サービス「doda(デューダ)」が「転職市場予測2021上半期」発表 2021年上半期(1月~6月)の転職市場 ~ITに関連する求人は増加見込み。新型コロナウイルスの影響により即戦力採用が続く~

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」< https://doda.jp >は、「転職市場予測2021上半期」を発表しましたので、お知らせいたします。dodaサイト内< https://doda.jp/guide/market/ >では、2021年上半期(1月~6月)の転職市場を14分野に分けて、それぞれの業界・職種の動向を紹介しています。

■2021年上半期の転職市場は、ITに関連する求人が増加。即戦力性の高い経験者採用のニーズが高まる。
解説:doda編集長 喜多 恭子

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、IT業界やエンジニアに限らずあらゆる業界・職種でビジネスの軸をIT化・ネット化することが急務になりました。また、従来から緩やかに取り組まれていたDX(デジタル・トランスフォーメーション)での事業変革も本格的にスタートした2020年でした。それらから、2021年上半期の転職市場は、「DX」や「RPA(Robotic Process Automation)」などのキーワードを中心に、ITに関連する求人ニーズが堅調となる見込みです。
また、いまだ新型コロナウイルス収束の見通しが立っておらず、景気の先行きが不透明であるため、企業は引き続き即戦力として活躍できる方を中心に採用活動を進めることが予想されます。そのため、転職市場では「同じ業界・同じ職種」の経験者が有利になる傾向が強まっています。
これから転職を考えられている方は、応募・面接を通じて、自分が仕事に求めているものが分かったり、自分の強みが企業にどう評価されるのかクリアになったりすることもあるので、ご自身の経験・スキルを棚卸ししたうえで、“まずは行動してみる”ことをおすすめします。


■14の分野別に求人動向を予測
01.営業< https://doda.jp/guide/market/006.html

営業職は即戦力採用の傾向。IT系の営業の採用ニーズが増加

02.人事< https://doda.jp/guide/market/007.html
コロナ以降、労務や人事制度企画に採用ニーズ。対応力と柔軟性が求められる

03.経理< https://doda.jp/guide/market/007_1.html
新型コロナの影響で即戦力が求められる経理職。5月~6月の前に転職活動を始めれば有利に

04.法務< https://doda.jp/guide/market/007_2.html
法務人材はビジネスのIT化・リモート化に不可欠。経験者のニーズは安定

05.企画・マーケティング< https://doda.jp/guide/market/008.html
企画・マーケティング職の求人は経験者が中心。スキルと姿勢の両面が評価のカギ

06.クリエイティブ< https://doda.jp/guide/market/011.html
Web関連のクリエイティブ職は制作プロセスも含めたスキルが重要視される

07.IT・通信< https://doda.jp/guide/market/001.html
ITエンジニアは即戦力・未経験者ともに採用ニーズ堅調。担当案件の成果までアピールを

08.電気・機械< https://doda.jp/guide/market/002.html
電気・機械エンジニアには将来ビジョンと変化への対応が求められる

09.化学・素材< https://doda.jp/guide/market/012.html
化学・素材メーカーは即戦力採用の傾向が続く

10.建築・土木< https://doda.jp/guide/market/003.html
メーカー、ディベロッパーでは求人再開の可能性あり。建設業界の働き方改革も進む

11.販売・サービス< https://doda.jp/guide/market/009.html
販売・サービス職は携帯電話ショップに根強いニーズ

12.金融< https://doda.jp/guide/market/004.html
金融業界ではIT化やDXのニーズが高まる。異業界に転職するチャンスも

13.メディカル< https://doda.jp/guide/market/005.html
メディカル業界の求人は、コロナ禍でも徐々に回復傾向。一部には未経験採用も

14.事務・アシスタント< https://doda.jp/guide/market/010.html
事務・アシスタント職は専門的な知識・スキルや自発的な姿勢が評価のカギ
 

■解説者プロフィール doda編集長 喜多 恭子(きだ きょうこ)
1999年、株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。

派遣・アウトソーシング事業で法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、人材紹介事業へ。法人営業・キャリアアドバイザーのマネジャーとして組織を牽引。その後、派遣事業の事業部長として、機械電子系の派遣サービス立ち上げやフリーランス雇用のマッチング事業立ち上げなどを行う。アルバイト求人情報サービス「an」の事業部長を経て、中途採用領域、派遣領域、アルバイト・パート領域の全事業に携わり、2019年10月、執行役員・転職メディア事業部事業部長に就任。2020年6月、doda編集長就任。

■「doda」について< https://doda.jp
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-をミッションとし、転職サービス「doda」やハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる社会の実現を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パーソルキャリア株式会社 >
  3. 転職サービス「doda(デューダ)」が「転職市場予測2021上半期」発表 2021年上半期(1月~6月)の転職市場 ~ITに関連する求人は増加見込み。新型コロナウイルスの影響により即戦力採用が続く~