アデランスグループ アジア最大規模の“髪”に関する展示会「第11回中国髪博会」にブースを出展

ステージでは美容師の世界大会でグランプリを受賞した大林氏が登場

 毛髪・美容・健康のウェルネス産業の株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 津村 佳宏)は、2019年8月26日(月)~28日(水)の3日間、中国広州市の広州保利世貿博覧館で開催された「第11回中国髪博会」にブースを出展しました。8月26日(月)には、メインステージ上で、当社社員と美容師の世界大会でグランプリを受賞した大林 敬幸氏によるオリジナルウィッグを用いたヘアショーを行いました。会期中には、美容家の国際機構「Intercoiffure Mondial(以下、ICD)」の中国法人である「ICDチャイナ」より、「愛心賞」と「戦略スポンサー賞」を授与いただきました。

当社社員によるヘアショー当社社員によるヘアショー

大林氏によるパフォーマンス大林氏によるパフォーマンス












 「中国髪博会(China International Hair Fair/略称:CIHF)」は、中国工芸品貿易商会が主催し、中国商務部から重点的に支援を受けている専門展示会です。ウィッグからヘア用品、育毛や植毛まで毛髪に関連する商品や技術などが一堂に集結します。およそ500のトップブランドと1,000以上のブース出展があり、毛髪のトレンドなどを発信する場として、中国国内のバイヤーはもとより海外からも熱い視線を集めており、毎年世界中から約5万人が来場されます。

  ステージイベントでは、当社のグループ会社である株式会社ライツフォル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 陰山 昌利)の執行役員 椎名 衛と、今年2月にパリで開催されたICDの世界大会でグランプリを受賞した大林 敬幸氏(詳細、次頁)によるヘアショーを行いました。ヘアショーでは、当社の匠人技術を集約したセレクトオーダーウィッグ「東京デザイナーズウィッグ」を使用しました。高品質、高精度なカット技術によりデザインされており、様々なご要望にお応えできるウィッグです。

ヘアショーの様子ヘアショーの様子

当社出展ブース当社出展ブース












■Intercoiffure Mondialについて
 設立90年を迎える美容業界を代表する人や企業が多く加盟する、美容業界の世界的権威のある機構です。アデランスグループは、2018年9月にICD及びICD JAPANに加盟しました。

■大林 敬幸氏について
 有限会社アッシュ(本社:愛知県名古屋市)が運営するヘアサロン「ASCH檀渓通店」のヘアスタイリストです。2019年6月にパリで開催されたICDの世界大会でグランプリを受賞されました。2,000を超える加盟サロンの美容師の中から予選会、パリでのファイナルステージを勝ち抜き、22歳で世界一に輝きました。

■大林 敬幸氏よりコメント
 この度は、第11回中国広州髪博覧会に参加させていただいたことをとても感謝しております。
 私自身初めての中国でしたが、皆様のサポートのお陰で成功することが出来ました。今回のヘアショーにおいてアデランス様のウィッグを使用させていただいて感じたことは、「圧倒的な高品質」でございます。今まで、撮影やヘアショーでウィッグを使わせていただきましたが、植え方・髪質・量感、すべてにおいて一流の品質だと思いました。
 今後も日本・中国のみならず、世界中に【アデランスクオリティ】の商品を広めていただきたいと思います。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アデランス >
  3. アデランスグループ アジア最大規模の“髪”に関する展示会「第11回中国髪博会」にブースを出展