【緊急出版】日本初、民間の臨時調査会(臨調)が日本のコロナ対応を検証 『新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書』刊行決定

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、代表取締役:伊藤 守)は、『新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書』(新型コロナ対応・民間臨時調査会 著)の電子書籍を2020年10月18日に、紙書籍を10月23日に刊行いたします。
この報告書は、一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)により発足された「新型コロナ対応・民間臨時調査会」(コロナ民間臨調)が、新型コロナウイルス感染症に対する日本政府の取り組みを中心に検証してきた成果です。



政府責任者等83名を対象に延べ101回のヒアリングとインタビューをもとに、19名の専門家が執筆

コロナ民間臨調は、高い専門知識と見識を有する各界の指導的立場にある識者4名で構成する委員会のもと、個別の分野の専門家19名によって構成されるワーキング・グループを設置。委員会の指導の下、ワーキング・グループメンバーが政府の責任者など83名を対象に延べ101回へのヒアリングとインタビューを実施、原稿を執筆、報告書を作成しました。


武漢邦人救出、ダイヤモンド・プリンセス号対応、水際対策、大規模イベント中止・一斉休校、緊急事態宣言、経済対策、緊急事態宣言解除、PCR等検査、医療・介護体制、政治家と専門家の共同作業、政府と都道府県・自治体の連携、国際社会との協調など、日本はどのような危機や困難に直面していたのか。官邸(内閣官房)、厚生労働省、内閣府、経済産業省などの政府、専門家会議、都道府県、医療関係者は、この難局をどう乗り越え、成果を上げたのか。ベストプラクティスは何か。あるいは、対応がうまくいかず、課題を残したところはどこか。教訓は何か。それらを検証した調査・検証報告書です。

 

お問い合わせ・最新情報はこちら
https://d21.co.jp/news/info/55
最新情報は、本ページにてお知らせして参ります。
お問い合わせは、お問い合わせフォームより受け付けております。

 


 /////////////////////////////////////////////////
【書籍情報】
タイトル:『新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書』
発売日:2020年10月23日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:B5判変形 / 450ページ(予定)
ISBN:978-4-7993-2680-0
本体価格:2500円(税抜)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン >
  3. 【緊急出版】日本初、民間の臨時調査会(臨調)が日本のコロナ対応を検証 『新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書』刊行決定