半蔵門線に初めて発車メロディを導入します

半蔵門駅、三越前駅にはその駅にゆかりのある曲を採用

東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:山村 明義)は、お客様により愛着を持っていただけるよう半蔵門線に初めて発車メロディを導入いたします。
2018年9月8日(土)から青山一丁目駅に発車メロディを導入し、半蔵門線のその他の駅(渋谷駅は除く)については9月13日(木)から導入します。すべてのメロディは、発車メロディに多くの実績を有する株式会社スイッチ(本社:東京都中央区 代表取締役:小川 雄貴)が制作しました。
半蔵門駅と三越前駅においてはその駅や街にゆかりのある曲を採用し、その他の駅についても地域の自然、歴史、街並みをイメージしたオリジナルメロディを採用しています。
 東京メトロでは、まだ導入していない路線につきましても順次発車メロディの導入を進めるとともに、引き続き路線や駅に「愛着」や「親しみ」を持っていただけるような取り組みを進めてまいります。

【半蔵門駅】
押上方面ホーム「寿式三番叟」(人形浄瑠璃文楽より 作者不詳)(編曲:福島尚哉/スイッチ)
渋谷方面ホーム「てんつつ」(歌舞伎黒御簾音楽より 作者不詳)(編曲:福島尚哉/スイッチ)
※国立劇場最寄駅でもあるため、独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場)の監修により歌舞伎や文楽でよく知られる曲をもとに、和楽器音源とシンセサイザー音をミックスして制作したメロディを採用しました。
【三越前駅】
「お江戸日本橋」(作者不詳)(編曲:塩塚 博・福島尚哉/スイッチ)
※銀座線三越前駅・日本橋駅、東西線日本橋駅でも使用している「お江戸日本橋」を採用しました。

全路線の発車メロディ導入状況

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京メトロ >
  3. 半蔵門線に初めて発車メロディを導入します