横浜人形の家が所蔵する人間国宝・平田郷陽作品を一堂に展示

横浜人形の家では4月25日(水)より横浜人形の家コレクション展 『人間国宝 平田郷陽』を開催いたします。
横浜人形の家では、4月25日(水)より横浜人形の家コレクション展 『人間国宝 平田郷陽』を開催いたします。平田郷陽は、戦前は人間の生身をそのまま表現する生き人形を制作し、人形芸術運動の中心として活躍しました。戦後になると、女性の姿や生き生きとした子どもの人形制作に取り組み、優雅な造形美を創り出しました。今回は横浜人形の家が所蔵する平田郷陽の作品17点を展示します。写実的な表現を追求していた代表作である「粧ひ(よそおい)」をはじめ、昭和30年代以降の「端午」「戯れ」など、表情豊かな人形たちを、ぜひ間近でご覧ください。
 



【場 所】横浜人形の家3階 常設展示室
【期 間】平成30年4月25日(水)〜7月22日(日)
【時 間】9:30〜17:00(最終入館16:30)
【休館日】毎週月曜休館(祝日の場合は翌平日 )
【観覧料】大人(高校生以上)400円、小人(小・中学生)200円

 


 

【本件に関するお問合せ先】
横浜人形の家 岡本/長谷川
電話:045-671-9361
メールアドレス:info@doll-museum.jp
FAX:045-671-9022

  1. プレスリリース >
  2. 横浜市 >
  3. 横浜人形の家が所蔵する人間国宝・平田郷陽作品を一堂に展示