地上450メートルでの窓拭き、ロープ1本で巨大橋の点検、レスキュー隊の緊迫訓練…極限の場所で挑戦を続ける理由とは?5/17(日)BACKSTAGE(バックステージ)

5月17日(日)よる11:30放送 『BACKSTAGE』、今回のテーマは「『極限の場所で働く人』SP 高所作業&レスキュー隊」

番組の主役は仕事を愛するすべての人!その挑戦ら働くこだわりが見えてくる・・・。『BACKSTAGE』はMCの武井壮とともに、ひたむきに働く人の“強い仕事愛”を浮き彫りにしていきます!

今回は「極限の場所」で働く3人に密着!
「地上450メートル!東京スカイツリー展望台の窓拭き」「ロープ1本!?海の上の巨大橋を点検」「火災現場へ急行!レスキュー隊の緊迫訓練に密着」。
そんな「極限の場所」で“挑戦”を続ける理由とは・・・?
さらに、新型コロナウイルスによる被害が拡大する中・・・挑戦を続ける3人の最新情報もお届けします!

高さ634メートルを誇る世界一高い電波塔、東京スカイツリーの窓拭き清掃員・庄子さん。
今回担当したのは、地上450メートルに位置する展望台。弧を描いた窓の形をしているため、かなり難しい場所です。

先輩と清掃用のゴンドラに乗り込み、清掃開始!
からだの半分を乗り出しての作業なので足場が大きく揺れています。風が吹くとなおさらゴンドラは揺れます。
また、観光客が写真を撮った際、水の跡などで窓が汚れていたら景色も台無し。水垢をひとつも残さないようにスクイージーを使った技できれいに仕上げていきます。
庄子さんがこの「極限の場所」での仕事を選んだ理由とは・・・?

次は、大阪の市街地と臨海地区をつなぐ巨大な橋を点検する特殊高所技術者・海江田さん。
海上100メートルに位置する橋を支える大切な部分「主塔」を調べます。
重さ20キロの装備でビルおよそ23階の高さをのぼること50分。ケーブルに亀裂などの損傷がないか、特に重要なつなぎ目を点検していきます。
不安定な丸いケーブルを慎重に下りながら海江田さん・・・意外にも「怖い」という言葉を連発。そこには深い理由が!!

現在、新型コロナウイルスの影響で「現場の仕事がなくなっている」と話す海江田さん。そんな中、明るいニュースも!MC・武井壮が電話で直接近況を聞きました。

最後に紹介するのは、火災現場などで人命救助を行う「特別救助隊」。
5名の隊員を率いる隊長・渡邉さんが所属するのは、救助活動件数年間およそ1100件と東京で最多の八王子消防署。
事故や災害がいつ起きてもすぐに出動できるように、勤務時間は24時間交代制。その間、長さ20メートルを素早く行き来する「ロープブリッジ渡過訓練」や、7メートルの高さを腕力だけでのぼる「登はん訓練」など、厳しい訓練を毎日繰り返し行ないます。

この日、訓練スタートと同じタイミングで、実際に火災発生の連絡が!火災現場へ緊急出動!
さらに、近況を聞くと、この番組をきっかけにある依頼があったと話す隊長・渡邉さん。数々の修羅場をくぐり抜けてきた渡邉さんが「大変だった」と言葉を漏らした意外な難題とは・・・?

今回もMC・武井壮から「自宅でできるチャレンジ企画」をお届けします。仕事柄トレーニングを欠かさない特殊高所技術者・海江田さんも上級編にチャレンジします!

【BACKSTAGE 5/17OA「『極限の場所で働く人』SP 高所作業&レスキュー隊」PR動画」

 

【放送日】2020年5月17日(日)
【時間】よる11:30
【MC】武井壮
【テーマ】「極限の場所で働く人」SP 高所作業&レスキュー隊
【番組HP】https://hicbc.com/tv/backstage/?ref=pr
CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CBCテレビ >
  3. 地上450メートルでの窓拭き、ロープ1本で巨大橋の点検、レスキュー隊の緊迫訓練…極限の場所で挑戦を続ける理由とは?5/17(日)BACKSTAGE(バックステージ)