学生が参加するISO14001内部監査 半分をオンライン化して実施

国立大学法人千葉大学は、環境マネジメントに関する国際規格ISO14001を取得しており、9月28日~30日に学生112名と教職員43名の計155名で、4キャンパス118ヶ所の研究室などの内部監査を行いました。
  • 学生が参加する内部監査

 

学生監査員が薬品の管理状況を確認する様子学生監査員が薬品の管理状況を確認する様子

千葉大学は2004年度に環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO14001を取得し、PDCAサイクルにそって環境に配慮した組織運営をしています。毎年1回、取り組み状況を確認する「ISO内部監査」を実施しており、今年で17回目となります。千葉大学では監査への参加も教育の一環として捉えており、「環境ISO学生委員会」に所属する学生が、授業の中で監査の力量をつけ、実際の監査にも監査員として携わっています。
 
  • 2020年度 内部監査の概要

薬品の管理状況を確認する様子薬品の管理状況を確認する様子

実施時期:9月28日~30日の3日間
実施場所:西千葉・亥鼻・松戸・柏の葉の4キャンパス
監査対象:研究室や実験室、事務室など計118ヶ所
監査員数 :学生112名、教職員43名 計155名
(学生と教職員が3名のチームを組み、1チームが複数箇所の監査を実施する)
監査員資格:学生監査員は環境ISO学生委員会に所属し、「環境マネジメントシステム実習」という授業でISOや監査について学んだ2~3年生の学生。教職員は別途研修を受けた者。
監査内容:内部監査ではインタビューと文書確認、現場確認を行い、省エネ省資源対策の実施状況や、化学薬品や高圧ガスボンベなどの管理状況、廃棄物処理法や毒物及び劇物取締法、高圧ガス保安法などの環境関連法規制遵守状況を監査する。
 
  • 監査半分のオンライン化と感染対策

 

手前3名が監査員手前3名が監査員

今年度は、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策をした上での実施となりました。
まず、例年対面で行っている監査員研修はすべてオンラインで行いました。そして、監査される対象は事前にオンラインでチェックシートに回答したり、環境関連法規制の順守状況のチェックシートをメールで提出することにより、当日の監査は“現場を見なければわからないこと”の確認を中心に行いました。その結果、現場での監査所要時間を例年の60分から30分に短縮することができました。
また、各監査チームの人数を減らし、教職員の監査員を例年の半分以下に
したことで、監査現場での密もできる限り避けるようにしました。
学生たちは事前に2週間の健康観察を行った上で参加し、監査当日は監査員全員がマスクとフェイスシールドを着用し、監査前後の検温や消毒、健康チェックを徹底しました。
監査本部や監査現場においても換気や身体的距離の確保などの感染対策を講じました。
 
  • 学生の関わり
学生委員会は、監査当日に監査員として教職員と対等な立場で監査にあたる以外にも、内部監査学生統括担当が、内部監査計画書、監査チェックシート、監査報告書の原案を作成したり、内部監査対象研究室の選定作業、学生監査員のシフト作成などを行っています。

【内部監査統括担当(学生)のコメント】

内部監査統括の前川さん(左)と田口さん内部監査統括の前川さん(左)と田口さん

「新型コロナウイルスが猛威を振るう中、内部監査が無事に実施できてホッとしています。統括として携われたことは大変貴重な経験でした。対面での意思の疎通がとれないことには苦労しましたが、教職員の方々とのオンラインでの密な連携や、監査員の教職員や学生の協力が我々の支えとなりました。感染対策のために、昨年とは大きく異なる方法での監査となりましたが、このような状況だからこそ、オンラインを活用した新たな内部監査の形が生まれたと思っています。」
(教育学部3年 前川杏子)

「コロナ禍により先の見えない状況の中、約半年間の準備を重ね、内部監査を無事遂行することができました。対面での活動が制限されたことで昨年度までの方法から変更点が多く生じたこともあり、教職員や学生の方々との連携、また統括同士の連携を密に取ることが非常に重要となりました。また、「通常通り」とはいかない中で統括という立場を経験したことで、事務連絡や作業スキルのみならず、何ができるのか、何が必要なのかといったことを自ら考え提案したり行動したりすることの大切さを、実践的に学ぶことができました。」
(国際教養学部3年 田口和美)

 
  • 千葉大学環境ISO学生委員会とは

ロゴマークいそちゃんロゴマークいそちゃん

千葉大学において学生主体で環境活動を行っている学生団体。千葉大学がISO14001の取得に動き出した2003年に発足し、2005年の取得以後も、大学の環境マネジメントの運営組織の一部としてEMSの運営を担ってきました。毎年1~3年生まで約200名が所属。内部監査員や環境報告書の作成のほか、エネルギー班、紙班、ごみ班、堆肥化班、学内緑化班、構内美化班、学外教育班、環境報告書班など、活動の内容に応じて20ほどの班や担当があり、環境負荷削減の意識啓発活動や、小中学校幼稚園への環境教育活動、緑化や堆肥化といった活動、エコグッズの作成など、幅広い活動を行っています。近年ではSDGsの達成を目指して、企業と連携したプロジェクトもいくつか実施しています。また、2009年にNPO法人格も取得し、NPO法人として企業と協力して里山保全活動を行ったり、地域の学校へ環境出前授業を行ったりしています。
公式サイト http://chiba-u-siso.xrea.jp/chibasiso/
 
  • 本件に対するお問い合わせ先

千葉大学環境ISO事務局
kankyo-iso(アットマーク)office.chiba-u.jp
Tel:043-290-3572

◆千葉大学の環境への取り組み
https://www.chiba-u.ac.jp/general/approach/environment/index.html
https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/chiba_u_csr.html
  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. 学生が参加するISO14001内部監査 半分をオンライン化して実施