今までにない視点でとらえた「三国志」本 『地図でスッと頭に入る三国志』を2月25日発売

~地理的な知識がなくでも、三国志の本当の姿がクリアに見えてくる〜

・人気の図解シリーズに、ついにあの「三国志」が登場。
・百年余りの動乱の中国古代・三国時代を、より立体的に理解できる、スッと頭に入るような1冊に仕上げました。
・地理的な知識がなくでも、三国志の本当の姿がクリアに見えてくるように、分かりやすく伝える工夫を随所に凝らしています。

 

<表紙><表紙>

 株式会社昭文社ホールディングス(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード: 9475)とその子会社である株式会社昭文社 (本社:千代田区麹町、代表取締役 清水康史、以下昭文社)は、歴史エンターテインメント企画本『地図でスッと頭に入る三国志』2021年2月25日より発売することをお知らせいたします。
 あらゆる歴史を地図やイラスト、写真を交えて紐解く「スッと頭に入る」シリーズ。最新刊となる本書は、中国・「三国志」の時代にスポットを当て、正史に沿って史実の流れを解説しながら、地図や図表をふんだんに盛り込むことに注力しました。百年余りの動乱の中国古代・三国時代を、より立体的に理解できる、スッと頭に入るような1冊に仕上げました。

<三国志の群雄相関図><三国志の群雄相関図>

)) 本書の特長 ((
 三国志のなかでも重要な出来事や戦いを図解する本書。小テーマごとにまとめられた見開きページのうち、半分は地図・図説に割いています。テキストのみでは理解しがたい内容も、地図でみると一目瞭然。「なぜその土地が重要だったのか?」「あの戦いがなぜあそこで起こったのか?」地理的な知識がなくでも、三国志の本当の姿がクリアに見えてくるように、分かりやすく伝える工夫を随所に凝らしています。
 広い三国志の世界を体感していただくため、本文中の小解説「三国志演義では……?」や、途中途中に書き綴った<本VSマンガ>、<正史VS演義>、<中国VS日本>など多角な視点からの「くらべて楽しむ三国志」コラムも要チェックです。巻頭から最後のページまで、三国志を徹底解説!すべてが三国志づくしの一冊となっています。

<ページ例><ページ例>

<コラム代表誌面><コラム代表誌面>

)) 誌面構成 ((
 本書は大きく5つの構成に分かれています。序章では正史の「三国志」と物語の「三国史演義」を比較し、第1・2・3・終章と進むにつれ、登場人物の変遷とともに時系列で展開します。「黄巾の乱」・「官渡の戦い」・「赤壁の戦い」・「合肥の戦い」・「夷陵の戦い」など時代の流れを決定付ける重要な戦いも、すべて地図付きで解き明かしていきます。勢力が常に入れ替わる複雑な歴史でも、地図と共に読み進めれば、意外と理解しやすいことがおわかりいただける充実の誌面です。

|| 序章:三国志とはなにか
『三国志』と『三国志演義』|日本人と三国志ほか
|| 第1章:曹操の華北制覇
黄巾の乱|董卓の専横|曹操の雄飛|呂布追討|官渡の戦い ほか
|| 第2章:三国時代のはじまり
三顧の礼|孫権と劉備の同盟|赤壁の戦い|呉の合肥侵攻|曹操の死 ほか

 

<「日本人と三国志」ページ例><「日本人と三国志」ページ例>

<「曹操の華北制覇」ページ例><「曹操の華北制覇」ページ例>

<「三顧の礼」ページ例><「三顧の礼」ページ例>

|| 第3章:諸葛亮の北伐
曹丕の南征|第一次北伐|第五次北伐|合肥新城の戦い ほか
|| 終章:三国時代の終焉
公孫淵の反乱|蜀の滅亡|魏の滅亡|呉の滅亡 ほか
|| コラム<くらべて楽しむ>:曹操・劉備・孫権の人物像|三顧の礼|錦馬超|関帝信仰 ほか

<第一次北伐><第一次北伐>

<呉の滅亡><呉の滅亡>

<コラム「董卓の死」ページ例><コラム「董卓の死」ページ例>


)) 商品概要 ((
商品名   :『地図でスッと頭に入る三国志』
体裁・頁数 :A5判、本体 128頁
発売日   :2021年 2月 25日
全国の主要書店で販売
定価    :1,200円+税
出版社   :株式会社 昭文社

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社昭文社ホールディングス >
  3. 今までにない視点でとらえた「三国志」本 『地図でスッと頭に入る三国志』を2月25日発売