狂言で今日を元気に!地域とともに創り上げた創作狂言上演- “ウィズコロナ時代”ならではの演出で再演する「里見八犬伝 其ノ零」-

令和2年12月5日(土)に、千葉県文化会館大ホールにて狂言師と千葉大学の学生らがともに創り上げた創作狂言「里見八犬伝 其ノ零 再演(エピソードゼロ ニューバージョン)」を上演します。
地域文化振興の取り組みとして16年続いてきたプロジェクトの一環である本公演ですが、今年は、平成28年に上演した「創作狂言里見八犬伝」シリーズ第1弾「其ノ零(エピソードゼロ)」を “ウィズコロナ時代”ならではの演出で再演します。「勧善懲悪って何だ。」をテーマに、現代社会を風刺し、巧みな言葉遣いやユーモアあふれる動きで笑いを誘う、見どころ満載の作品となっています。つきましては、多くの方々にご覧頂きたく、ご案内いたします。

  • 創作狂言「里見八犬伝」について
本公演は、千葉にまつわる物語や伝承を狂言にし、伝統を繋いでいく「見る、知る、伝える千葉~創作狂言~プロジェクト」http://www.cbs.or.jp/zaidan/kyogen/)の一環です。平成17年に開始した本プロジェクトは、和泉流狂言師・小笠原由祠(小笠原匡より改名)を中心に、千葉大学、NPO法人フォーエヴァー、公益財団法人千葉県文化振興財団、一般参加者の皆様が連携し、新たな狂言を創り上げてきました。

昨年の公演「里見八犬伝 其ノ参」昨年の公演「里見八犬伝 其ノ参」


千葉大生は、普遍教育教養展開科目「伝統文化をつくる」において、狂言の舞台制作について学び、チラシ・ポスターやパンフレットの作成、小道具や衣装の制作、広報活動などを行っています。今年度は、新型コロナウィルス感染症防止対策の観点から、例年行っている学生と県民が参加するワークショップを行わず、出演者は、プロの狂言師・俳優が中心となります。様々な制限がある中でも、学生たちは例年同様、精力的に授業に取り組んでおり、当日は舞台へは上がらないものの、声〔語り〕で出演します。

本番で使用する語りの録音風景本番で使用する語りの録音風景

  • 公演情報
12月5日(土) 14時開演
千葉県文化会館 大ホール(アクセス:http://www.cbs.or.jp/chiba/facility/map.html
(※会場は、例年の小ホールではなく大ホールを使用し、十分に座席の距離を保ちます)
〔全席自由〕一般 2,100円、学生 1,000円
千葉県文化振興財団HPよりチケットをご予約いただけます。
http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/201205cs/index.html


講演チラシはこちらからご覧いただけます。
http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/201205cs/01.pdf
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. 狂言で今日を元気に!地域とともに創り上げた創作狂言上演- “ウィズコロナ時代”ならではの演出で再演する「里見八犬伝 其ノ零」-