パーソルテクノロジースタッフ、IT&モノづくりエンジニアへの意識調査 テレワーク可能な求人は半年間で約5倍 エンジニアの1/4はフリーランス希望、「はたらく価値観」は柔軟志向へ

~一方で正社員志向も高まり、安定と自由度を両立する副業型フリーランスエンジニアの活躍期待~

総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:正木 慎二、以下パーソルテクノロジースタッフ)は、ITエンジニアおよびものづくりエンジニアを対象にコロナ影響を受けてはたらき方への意識がどのように変化したかを調査いたしました。

以前より多様なはたらき方が促進される中で注目されていたテレワークですが、新型コロナウイルス感染拡大影響を受けて一気に進む結果となりました。パーソルテクノロジースタッフにおいて今春実施した調査によると新型コロナウイルス感染拡大をきっかけにテレワークを経験したエンジニアは8割以上、6月に当社が実施した調査において「コロナ収束後もテレワークを希望する」エンジニアは8割以上となっています。また、当社においても「リモートワーク可能」な案件への9月中の応募は、コロナ禍前の2020年3月と比べ約5倍増加しています。

コロナ禍でテレワークなどの新たなはたらき方に触れたことで、エンジニアはどのような意識の変化があったのでしょうか。この度、調査を行ったところ、エンジニアはこれまで以上に場所や時間帯の柔軟性などを重視するようになっている一方で正社員への志向も高まっていることが分かりました。

 

<主な調査結果>
コロナを経て、場所や時間帯を柔軟に選択できることの重要度が高まった。

・テレワークなど、仕事をする場所を自分自身で選択できること 31.8%
・フレックスや勤務時間などはたらく時間や時間帯を柔軟に決められること 27.5%

はたらき方の柔軟性を求めてフリーランス志向が高まる一方で、コロナ禍での不安な情勢から正社員志向も高まる。
・3年以内にフリーランスではたらく可能性が増えた 9%
・フリーランスとしてはたらいてみたい/はたらきたい 23%
・3年以内に正社員ではたらく可能性が増えた 15%

 

<調査概要>
調査期間:2020年10月15日~10月17日
調査対象:関東・東海・関西エリアに在住している20~60代のIT・機電領域エンジニア1,000名
調査方法:インターネットによるアンケート回答方式

■調査結果1 実際にテレワークを経験してみたことで、はたらく場所や時間帯について柔軟に選択できることを重視する傾向が強まった

新型コロナウイルス感染拡大影響により多くのエンジニアがテレワークを経験。仕事する場所や時間帯に縛られないはたらき方を実践してみたことで、柔軟にはたらけることを重視する傾向が高まりました。
「場所を自分自身で選択できることを重視するようになった 31.8%」
「はたらく時間や時間帯を柔軟に決められることを重視するようになった 27.5%」
 


■調査結果2 はたらき方の柔軟性を求めてフリーランス志向が高まる一方で、コロナ禍での不安な情勢から正社員志向が強まるケースも

フリーランスとしてのはたらき方に興味があるエンジニアは23%と、およそ4人に1人はフリーランスに興味があることが分かりました。また、コロナ禍の影響を受けて「フリーランスとしてはたらく可能性が増えた」と感じるエンジニアは9.1%。リモートワークなどを体験してみたことでより柔軟なはたらき方に興味が高まったと考えられます。このようにフリーランス志向が強まる一方で、15%は「正社員としてはたらく可能性が増えた」と回答。柔軟なはたらき方よりも、コロナ禍で収入面や雇用継続などに不安を感じ、正社員としての安心感を重視しているエンジニアが多いようです。
 


■フリーランスや副業エンジニアと企業の課題をマッチングするITアドバイザリーサービス
 副業を考える企業勤めのエンジニアが多数活用中


フリーランスとしての自由度と正社員としての安定、相対するように見える2つの「はたらく」を実現するためには「完全独立型フリーランス」「企業所属エンジニア」のいずれかではなく、「企業に所属する副業型フリーランス」の活躍が期待されます。

パーソルテクノロジースタッフでは、フリーランスのハイスキルエンジニアによる業務委託型のITアドバイザリーサービスを提供しています。パーソルテクノロジースタッフとの業務委託契約を結んだエンジニアに、マッチングした企業のIT課題に関するコンサルティング・アドバイザリー業務を行っていただきます。

エンジニアは月5時間程度~、案件によっては自宅からオンラインでの対応も可能なため、副業をスタートしたい企業勤めのエンジニアの方にも多数ご活用いただいています。テレワークなどのはたらき方を経て「フリーランスに興味が出たけれどすぐに独立するのは不安」「企業を辞めるつもりはないが、副業でフリーランスとしてはたらいてみたい」というエンジニアの方に、パーソルテクノロジースタッフがマッチングする企業をご紹介するので安心していただくことができます。

詳しい情報はこちら:https://persol-tech-s.co.jp/corporate/news/release/2967.html

【アドバイザーとして就業希望のエンジニアの方】
03-6370-6850(9:00~18:00 ※土日祝祭日を除く)
Webからのお問い合わせ:https://persol-tech-s.co.jp/form/contract_consultant/

【アドバイザリーサービスご活用検討中の法人の方】
03-6370-6850(9:00~18:00 ※土日祝祭日を除く)
Webからのお問い合わせ:https://persol-tech-s.co.jp/corporate/high-layer/

■パーソルテクノロジースタッフ株式会社について<https://persol-tech-s.co.jp/

パーソルテクノロジースタッフ株式会社は、IT・ものづくりエンジニアの人材派遣サービスを提供しています。テンプスタッフ・テクノロジーとインテリジェンス派遣部門の経営統合により、2017年1月よりパーソルテクノロジースタッフ株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について<https://www.persol-group.co.jp/

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」をはじめ、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パーソルHD >
  3. パーソルテクノロジースタッフ、IT&モノづくりエンジニアへの意識調査 テレワーク可能な求人は半年間で約5倍 エンジニアの1/4はフリーランス希望、「はたらく価値観」は柔軟志向へ