Docaposte、ダッソー・システムズ、ブイグ・テレコム、Banque des Territoiresが、信頼性の高いクラウドサービスのリファレンス・ソリューションの提供に向けて提携

※本リリースは、仏パリにて現地時間2022年10月26日に発表したリリースの日本語参考訳です。

フランス郵政公社傘下のDocaposte、ダッソー・システムズ、ブイグテレコム(フランスの大手通信会社)、Banque des Territoires(フランスの地域銀行)の4社はこの度、ヨーロッパにおいて、データ主権が確保され信頼性の高いクラウドサービスをフルラインナップで開発することに取り組むことを目的とする新企業の設立に向けた提携関係を締結したと発表しました[1]。

4社はこのほど新会社「NUMSPOT社」を設立し、フランスの金融分野(銀行、保険)、医療分野(病院)、公共分野(国および地方の行政機関、公益事業)における企業・団体を対象にサービスを提供します。フランスにおいてこれらの企業・団体のニーズを満たす初めてのソリューションとなります。

NUMSPOT社のフランスでのサービス開始は2023年の予定です。同社はヨーロッパ市場での商業的発展を目標としており、信頼性の高いクラウドサービスの基準となることを目指しています。

NUMSPOT社は、技術面でも商業面でも競争力のある、信頼性の高いセキュリティで保護されたソリューションを提供します。具体的には、SecNumCloud(フランスのサイバーセキュリティ機関ANSSIによる認証)、Health Data Hosting(フランスの保健省による個人の健康データに関わる認証)、EUCS標準(ヨーロッパにおける今後のサイバーセキュリティの枠組み)に準拠したホスティングのニーズに対応します。NUMSPOT社は、共同企業体のパートナー各社が持つ技術的専門知識と投資能力の相乗効果を利用し、これらのソリューションを構築・提供します。

NUMSPOT社は、パフォーマンス、拡張性、セキュリティ、コスト、環境上の責任に関して、市場で最高水準のサービスを提供する予定です。このサービスは、OUTSCALE(ダッソー・システムズ傘下のSecNumCloud認定済みクラウドサービス)のソブリンクラウド・インフラストラクチャを基盤としており、フランス国内に限定されたデータ運用において、最高レベルの信頼性とセキュリティをユーザー各社に提供します。

NUMSPOT社は、単なるサービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)の範囲を超え、データ主権が確保される技術的プラットフォーム(PaaS)を提供することを目的とします。同社のプラットフォームでは、Docaposte社の信頼性の高いソリューションに基づくソフトウェアソリューションとサービス(SaaS)が提供され、それによってユーザー各社の重要なビジネスニーズに対応します。

NUMSPOT社は、クラウドコンピューティングの3つの主な課題(データ主権、デジタルアーキテクチャのセキュリティ、データ・ポータビリティ)に対処します。さらに同社は、オープンかつ持続可能性を踏まえたアプローチを提供することで、欧州がクラウドの標準を策定する上での中核的役割を担います。具体的には、バランスのとれた経済条件、コミットメントの可逆性、長期にわたるソリューションのメンテナンスが保証されます。

また、NUMSPOT社は世界最高レベルのエコシステムをヨーロッパで構築していきます。このエコシステムには、ソフトウェア、デジタルサービス、スタートアップなどの各社が含まれます。NUMSPOT社は、フランスとヨーロッパの技術的イノベーションを推進するため、複数の研究所、とりわけInria(フランス国立情報学自動制御研究所)と共同で作業する予定です。

Docaposte社のCEOであるOlivier Vallet氏は、次のように述べています。「Docaposteは、フランスの主要な4企業が相補うことを基盤とする、この野心的な信頼できるクラウドプロジェクトで主導的役割を担います。弊社は、公共分野と医療分野のニーズを正確に理解していること、組織の変革を支援する能力、信頼性の高いデジタルサービスの分野で高い評価を得ている専門知識を通じて、NUMSPOTの成功を推進することに貢献していきます。」

ダッソー・システムズの取締役会副会長 兼 最高経営責任者であるベルナール・シャーレスは、次のように述べています。「私たちはまさに、社会の実験的変革が始まるときを迎えています。この状況において、公的組織と産業組織の間に、NUMSPOT社の提携関係によって決定的に重要なつながりができます。自治体、病院、行政機関の変革に資する新たなリーダーシップが誕生します。このプロジェクトは、市場と市民の強い期待に応えるものです。  これは、この10年間にわたる、ダッソー・システムズのOUTSCALEインフラストラクチャと3DEXPERIENCEプラットフォームで証明された技術的資産が貢献している、広範囲にわたる当社の技術的専門知識によって可能となります。新たな地政学的状況の中で、この提携関係による結集によって、データ主権が確保される、ヨーロッパにおいて市民のデジタル的支柱となることを目指すエコシステムが形になります」

Bouygues Telecom社のマネージングディレクターであるBenoit Torloting氏は、次のように述べています。「Bouygues Telecomは、NUMSPOT社によって戦略的マイルストーンに到達しました。これは、通信ネットワークにおける弊社の膨大な専門知識が認められたことを示しており、この発表は、デジタル変革のさなかにいる公共分野と民間分野の組織を支援する、業界を代表する電気通信事業者になるという当社の戦略を裏付けています。弊社がNUMSPOT社によって目指すのは、公共分野と医療分野での期待に沿う、信頼できるクラウドソリューションを提供することによって、それらの分野のニーズに応えることです」

Banque des Territoires社のディレクターであるOlivier Sichel氏は、次のように述べています。「産業界と金融界の強力なパートナーの提携によって、将来を見据えたソブリンクラウドを構築できるようになりました。  Banque des Territoiresは、この重要な課題に対処し、各地域のデジタル変革を推進するというニーズがあることを確信しており、この野心的な、データ主権と信頼性を実現するプロジェクトに参加することを望んでいました」

[1] この取引は、適切な競争規制当局(必要な場合)および従業員代表者による事前の承認が必要とされています。


詳細はこちら:
ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCEプラットフォーム、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューション
https://www.3ds.com/ja

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント
Twitter
https://twitter.com/3dsjapan
Facebook
https://www.facebook.com/DassaultSystemesNippon
LinkedIn
https://jp.linkedin.com/company/dassaultsystemes
YouTube
https://www.youtube.com/user/3DSJapan

(以上)

Docaposte社について
フランスにおけるデジタル信頼の基準となる企業で、フランス郵政公社(La Poste)グループの子会社です。Docaposte社は、民間企業や公的組織の変革を支援し、自信を持って変革を推進できるようにしています。機密データの処理の専門家であるというDocaposte社の独自の位置付けにより、同社はデータバリューチェーン全体を作業対象として類のない信頼チェーンを形成し、全面的にクライアントニーズを満たすことができます。  デジタル信頼ソリューション(電子投票、電子的書留郵便、電子署名、デジタルアーカイブ)の有力企業で、4,500万件を超える医療記録を扱うフランスの主要な医療データ処理企業でもあるDocaposte社は、オーダーメードのデジタルプラットフォームの作成と管理における専門知識をもたらします。同社の業界専門知識とビジネスプロセスアウトソーシングを利用すれば、クライアントのあらゆるニーズに対応することができます。Docaposte社の顧客は企業と政府機関で4万を超えており、フランスと同国外の70ヵ所にわたる拠点で6,500人の従業員が勤務しています。Docaposte社の2021年の売上高は7億5,000万ユーロでした。詳細については、www.docaposte.comをご覧ください。

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは3DEXPERIENCEカンパニーとして、人々の進歩を促す役割を担います。当社は持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や人々が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境を提供しています。当社のお客様は、患者、市民あるいは消費者のために世界の持続可能性を高めるべく、3DEXPERIENCEプラットフォームとアプリケーションを使って現実世界のバーチャルツイン・エクスペリエンスを生み出し、さらなるイノベーション、学び、生産活動を追求しています。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の30万社以上のお客様に価値を提供します。 より詳細な情報はホームページ、 https://www.3ds.com/ja(日本語)、 https://www.3ds.com(英語)をご参照ください。

3DEXPERIENCE、Compassアイコン、3DSロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA および IFWE は、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440 で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。

Bouygues Telecom社について
世界的な通信事業者であるBouygues Telecom社は、2億6,700万人の顧客に毎日最高のテクノロジーを提供し、傑出した存在となっています。現在人口の99%をカバーしている同社の優れた5Gおよび4Gのネットワークと地上通信線、クラウドサービスがあることで、人々は個人としても職業人としても、どこにいても簡単かつ全面的にデジタルライフを楽しむことができるようになっています。Bouygues Telecom社はビジネス部門を通じて、広く普及した超高速地上通信線とモバイルにおいて専門家と企業のコミュニティを支援しています。また、ユニファイドコミュニケーションやビジネスモビリティサービスなどの新しい用途に対応しています。現在、Bouygues Telecom社の5Gネットワークは1万2,000近くの地方自治体をカバーしています。これは、住民数では10人中6人を超えています。 
#OnEstFaitPourEtreEnsemble  www.corporate.bouyguestelecom.fr

Banque des Territoires社について
2018年に設立されたBanque des Territoires社は、フランス預金供託公庫(Caisse des Dépôts et Consignations、以下CDC)の5つの事業の一つです。Banque des Territoires社は、地域に関するCDC内の専門知識を1つの組織に集約した存在となっています。他に類を見ない顧客の入口となっているBanque des Territoires社は、地方自治体、社会的住宅供給組織、地域の公共企業、法律専門家のニーズを満たすため、オーダーメードの融資と投資の助言、財務ソリューションを提供しています。同社は農村地域から都市地域まで、すべての地域を対象としており、社会的不平等と地域格差を解消することを目標としています。Banque des Territoires社は、目にとまりやすくし、顧客との距離的近さを保つため、CDCの16の地域部門と37ヵ所の地域支社内に存在しています。
魅力にあふれ、「インクルーシブ」で持続可能な、つながった地域について詳しくは、次のページを参照してください。
www.banquedesterritoires.fr | @BanqueDesTerr
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダッソー・システムズ株式会社 >
  3. Docaposte、ダッソー・システムズ、ブイグ・テレコム、Banque des Territoiresが、信頼性の高いクラウドサービスのリファレンス・ソリューションの提供に向けて提携