東京銀座朝日ビルディングが竣工、本日竣工式

ライフスタイルホテルとラグジュアリーブランドショップが順次オープン

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)が、東京都中央区銀座6丁目の所有地で開発していた「東京銀座朝日ビルディング」が10月15日に竣工し、本日、関係者が参列して竣工式を執り行いました。
〈報道関係のみなさま〉

   東京銀座朝日ビルディングが竣工、本日竣工式

   ライフスタイルホテルとラグジュアリーブランドショップが順次オープン

   株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)が、東京都中央区銀座6丁目の所有地で開発していた「東京銀座朝日ビルディング」が10月15日に竣工し、本日、関係者が参列して竣工式を執り行いました。

   東京銀座朝日ビルは、同地にあった旧・東京朝日ビルディングの建替えで2016年2月に新築工事に着手しました。3~12階にはアジア初上陸のライフスタイルホテル「ハイアット セントリック 銀座 東京」が来年1月22日に開業予定です。3階にダイニング&バー、4階にレセプションやライブラリーを配し、5~12階は計164室の客室を設けます。また1、2階は、いずれもメゾネットとなっている3区画にラグジュアリーブランドショップなどが出店。国内最大級となる「ロレックス ブティック レキシア 銀座並木通り本店」が11月15日(水)、1955年創業の老舗セレクトショップ「サンモトヤマ銀座本店」が11月17日(金)、現店舗の建替えにより「ルイ・ヴィトン銀座並木通り店」が来年1月20日(土)にそれぞれオープンいたします。

   なお、朝日新聞社は東京銀座朝日ビルを子会社の株式会社朝日ビルディング(代表取締役社長:阿部圭介)に一括して賃貸し、朝日ビルディングが全館を管理し、ホテルの経営会社や店舗にそれぞれ転貸する枠組みとなります。

                                  

 撮影:石黒写真研究所撮影:石黒写真研究所


アジア初上陸「ハイアット セントリック 銀座 東京」
 

   ライフスタイル ホテル ブランド「ハイアット セントリック」の名前には「街の中心」 「情報の中心」という2つの意味が込められており、ブランドの基本理念は “常にゲストの旅の中心であること”。好奇心に満ちて旅慣れたゲストを新しい発見やその街でしか出会うことのできない魅力的な体験へと誘います。
 

  
   客室は、スタンダード(35㎡)、デラックス(47㎡)とも、部屋の中心にメイクアップやワーキング、ダイニングなどの多目的な機能を備えた「マルチファンクションテーブル」を配し、間仕切りのない開放的な空間が特徴です。ジュニアスイート(77㎡)は並木通りに面して計8室、最上階の「ナミキ スイート」(127㎡)には銀座の街が一望できるテラスやダイニングスペースを設けており、宿泊はもちろん、イベントやパーティーにも柔軟に対応いたします。

   並木通りを眺めるテラス席を設けた3階のダイニング&バーは、用途別に幅広くご利用いただけます。まず、3階でエレベーターを降りると吹抜けを通る大階段が印象的なバーエリアが現れます。その先には、心地よい空間のダイニングエリアが広がります。ライブ感溢れるショーキッチンやレイアウト調整可能な個室、吹抜けの壁面の巨大なプリンティングブロックをかたどったアートワークがセントリックブランドを物語ります。ダイニングエリアの半個室は、可動式ガラスパーティションにて「変形」させ、会議からパーティーまで様々な用途で利用可能です。4階にはレセプションとライブラリー、宿泊ゲスト専用のフィットネスルーム(80㎡)などがあります。ライブラリーの上部も吹抜けとなっており、吹抜けを通じて3階から5階レベルまでつなげることで変化のあるダイナミックな空間が生まれました。

   ホテル館内のインテリアデザインは、赤尾洋平氏が率いるストリックランド(東京都港区)が担当し、「先進を歩み続ける・先人から受け継ぐ」街の特性をコンセプトに、銀座らしい新しいホテル空間を創出しました。各所に飾られるアートワークも同じく、新旧の文化が交差する「銀座」の魅力を感じさせてくれます。

   ホテルの経営は、ホテルエリアを賃貸するオリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、高橋豊典社長)が、ハイアットの関連会社であるハイアット インターナショナル アジアパシフィック リミテッドとホテル運営受委託契約を締結する枠組みで、2018年1月22日に開業を予定しています。

並木通りにメゾネットのラグジュアリーショップ

   1、2階に出店する3店舗は、いずれも1階並木通りから直接アクセスできます。各店舗のご紹介は次の通りです(オープン日順となっております)。

■ ロレックス ブティック レキシア 銀座並木通り本店 【11月15日(水)オープン】
 

   国内におけるロレックス正規品専門店の代表的な存在であるレキシア。7丁目から6丁目に移転する銀座並木通り本店は、国内最大級のロレックスブティックで、総在庫1,000本と圧倒的な品揃えの店舗にアフターサービス専門のカウンターが併設されます。ロレックス・スイス本社の監修による最新インテリアが導入され、洗練されたラグジュアリーな空間で、お客様のライフスタイルに合ったロレックスを選ぶ愉しみを体感していただけます。                                                                                                                          

■ サンモトヤマ銀座本店 【11月17日(金)オープン】
 


   銀座・並木通りの同所で半世紀以上にわたり、欧州の高級ファッションブランドを日本にいち早く紹介し、現在は古今東西の美しいものを独自の美意識で和えて“心豊かな暮らし”を提案しているインポートセレクトショップ。新店舗の1階には、英国王室御用達の「アスプレイ」のジュエリー、バッグ等、2階には洗練されたレディスファッションやジュエリーブランドを展開。常に新たな価値を銀座から発信し続けています。

■ ルイ・ヴィトン銀座並木通り店 【2018年1月20日(土)オープン】

             


 日本初の直営店である現・銀座並木通り店の建替えに伴い、移転オープンします。最新のインテリアデザインが施された明るく開放感のある店内では、ラゲージ、レザーグッズ、プレタポルテ&シューズ、ウォッチ&ファインジュエリー、アクセサリーといった豊富なラインナップをお取り扱いいたします。ラグジュアリーで洗練された雰囲気の中で、伝統的な製品から最新コレクションまでルイ・ヴィトンの世界を堪能いただけます。

【事業・建物概要】
   旧・東京朝日ビルディング(1964〈昭和39〉年竣工)の建替え事業として、2016年2月2日に起工式を執り行い新築工事に着手、2017年10月15日に竣工しました。総事業費は解体費等を含め約140億円です。

所在地    東京都中央区銀座6丁目6-7(住居表示)
交通手段   東京メトロ日比谷・丸ノ内・銀座線銀座駅から徒歩3分
敷地面積   1,765.27㎡
延床面積   18,459.86㎡
構造・階数  鉄骨造・地下3階、地上12階、塔屋1階
建物高さ   48m (※最高部高さ58m)
主な用途   ホテル・物販店舗
設計・施工  鹿島建設株式会社
 

 
ホテル及び各店舗のお問い合わせ先は以下の通りです。

■ ハイアット セントリック 銀座 東京
オリックス不動産株式会社 広報担当 石井様、松川様 TEL: 03-5418-4313
ハイアット セントリック 銀座 東京 開業準備室 広報担当 浅井様 TEL: 03-6858-4654

■ ロレックス ブティック レキシア 銀座並木通り本店
株式会社ホッタ ロレックス事業部 友枝様 TEL: 03-6226-4714

■ サンモトヤマ銀座本店
株式会社サンモトヤマ 宣伝広報室 荒井様 TEL: 03-3573-0143

■ ルイ・ヴィトン銀座並木通り店
ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社 PRコミュニケーション 布施様 TEL: 03-3514-6229

ビル全景写真(1ページ)の使用の際は、「撮影:石黒写真研究所」と明記して下さい。
また、ホテル及び各店舗のロゴや画像(2、3ページ)の使用については、それぞれホテル及び各店舗のお問い合わせ先にご確認ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞社 >
  3. 東京銀座朝日ビルディングが竣工、本日竣工式