GAFA、ディズニー、Netflix、ドミノピザ…世界の“イノベーティブ”な企業は「AI」をどう活用し、ビジネス加速させたのか?『世界のトップ企業50はAIをどのように活用しているのか?』発売!

AIの活躍の場は多種多様。あなたのお仕事と関係のない業種・ケースであっても必ずヒントが見つかります。

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、代表取締役:伊藤 守)は2020年10月23日に『世界のトップ企業50はAIをどのように活用しているのか?』(バーナード・マー/マット・ワード 著、安藤貴子 訳)を刊行しました。


「あの有名企業はどうやってAIを使っているんだ?」企業のAI戦略について、あなたは答えられますか?

「これから先、人工知能(以下AI)は世界をがらりと変える。」
今日多くのメディアが企業のAI活用を伝えているように、私たちはどんな職業についていても、どんな業種の会社で働いていても、何らかの形でAIの力を借りる時代が到来しています。
とはいうものの、AIをめぐる誇張や混乱が見られるのもたしかです。たとえば、AIは人間に対する脅威とみなす人もいれば、労働環境の改善や災害、医療など社会課題を解決してくれる救世主と捉える人もいます。
本書は、そうした噂やデマを払拭し、実際にいまAIが企業にどう活用されているか、ありのままの状況を伝えることを目的とした1冊です。


AI先進企業から小売、エンタメ、ヘルスケアまで…あらゆる分野の企業のAI戦略を紹介

本書は「AIを正しく理解したいすべての人」に向けて書かれた1冊です。テクノロジーについての詳細はできるだけかみ砕いて説明されており、すでにAI分野で仕事をされているビジネスパーソンの方にも役立つよう、専門性のある内容も盛り込まれています。

紹介する企業は、グーグル、フェイスブック、アリババ、マイクロソフト…といったAI界の巨人はもちろん、一見するとAIとは無関係に見える企業から革新的なスタートアップ企業まで、50の企業のケーススタディを幅広く扱う実例ガイドです。

パート1では、AI先進企業のケーススタディを。
パート2では、小売り、消費財、食品・飲食企業の事例を。
パート3では、メディアやエンターテイメント、電気通信企業のAI活用を。
パート4では、金融、医療を含むサービス事業の面から。
パート5では、製造業、自動車、航空宇宙産業、そしてインダストリー4.0のケースを。

これまでの「AI関連書籍」では、「AIによってもたらされる未来像」などを取り上げることが多かったものの、実際のビジネスの現場を克明にしたものは多くはありません。本書ではそうした、ビジネスにおけるAI活用の生々しい現場の有様もあわせて実況しています。
実際にビジネス課題に直面して困りぬいた企業が、どうやってAIを活用したか…パート1で扱う誰もが知る有名企業はもちろん、パート2以降の「え?この会社がAIを」というリアルな実例まで、ぜひその目で確かめてみてください。


《登場する企業》
PART1 AI戦略の先端を行く企業
アリババ/アルファベット(グーグル)/アマゾン/アップル/バイドゥ/フェイスブック/IBM/JD.com/マイクロソフト/テンセント

PART2 小売、消費財、食品、飲料会社
バーバリー/コカ・コーラ/ドミノ・ピザ/キンバリークラーク/
マクドナルド/サムスン/スターバックス/スティッチフィックス/ユニリーバ/ウォルマート

PART3 メディア、エンターテイメント、電気通信会社
ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー/インスタグラム/
リンクトイン/ネットフリックス/通信協会(PA)/スポティファイ/
テレフォニカ/ツイッター/ベライゾン/バイアコム

PART4 サービス、金融、ヘルスケア企業
アメリカン・エキスプレス/エルゼビア/エントルピー/
エクスペリアン/ハーレーダビッドソン/ホッパー/
インファーピジョン/マスターカード/セールスフォース/ウーバー

PART5 製造業、自動車、航空宇宙、インダストリー4.0企業
BMW/GE/ジョンディア/コネ/ダイムラーAG/NASA/シェル/
シーメンス/テスラ/ボルボ


【目次】
はじめに
Part1 AI戦略の先端を行く企業
Part2 小売、消費財、食品、飲料会社
Part3 メディア、エンターテイメント、電気通信会社
Part4 サービス、金融、ヘルスケア企業
Part5 製造業、自動車、航空宇宙、インダストリー4.0企業
おわりに


【著者紹介】
バーナード・マー Bernard Marr
国際的なベストセラー作家であるほか、人気の基調講演者、フューチャリストであり、政府や企業のビジネスとテクノロジーの戦略アドバイザーとして活動している。組織とそのマネジメント・チームが、人工知能、ビッグデータ、ブロックチェーン、モノのインターネットといった、世界を変えるテクノロジーによって加速する新たな産業革命に備えるのに力を貸している。IBM、マイクロソフト、グーグル、ウォルマート、シェル、シスコ、HSBC、トヨタ、ボーダフォン、T‐モバイル、NHS、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス、内務省、国防省、NATO、国連など、世界の有名な組織の多くと仕事をし、助言を行っている。

マット・ワード Matt Ward
バーナード・マー・アンド・カンパニーのリサーチ・リーダー。本書をはじめ、バーナード・マーの記事の多くにかかわっている。


【訳者紹介】
安藤貴子(あんどう たかこ)

英日翻訳家。訳書に『つきあいが苦手な人のためのネットワーク術』(CCCメディアハウス)、『ミーティングのデザイン』、『デザイナーのためのプロトタイピング入門』(ともにビー・エス・エヌ新社)、『おもてなし幻想』(実業之日本社)などがある。


【書籍情報】
タイトル:『世界のトップ企業50はAIをどのように活用しているか?』
発売日:2020年10月23日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:四六版・並製/384ページ
ISBN:978-4-7993-2681-7
本体価格:2,500円(税抜)


【本書のご購入はコチラ】
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4799326813
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16463125/
セブンネット https://7net.omni7.jp/detail_isbn/9784799326817
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン >
  3. GAFA、ディズニー、Netflix、ドミノピザ…世界の“イノベーティブ”な企業は「AI」をどう活用し、ビジネス加速させたのか?『世界のトップ企業50はAIをどのように活用しているのか?』発売!