『Zabbixによるログ監視の設定のポイント』というテーマのウェビナーを開催

マジセミ株式会社は「Zabbixによるログ監視の設定のポイント」というテーマのウェビナーを開催します。


(詳細及び参加申込はこちら)
https://majisemi.com/e/c/ashisuto2-20221208/M1D

■導入企業多数、監視ツールのスタンダードになっているZabbix
監視ツールとして多くの企業でZabbixが導入されています。
もはや監視ツールのスタンダードであり、Zabbixをうまく利用していくことで信頼度の高いITシステムを構築することができます。

■多くのユーザーが悩むログ監視、最適な設計・運用方法がわからない
一方で、Zabbixについて使用上の課題を抱えている方も少なくありません。
特にログ監視については、設定時の考慮点や設計のベストプラクティスが利用環境によって異なり、よりZabbixの設計/運用経験が求められるため、難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

■自社環境に合致しない、情報が古い等、望んだ情報がなかなか得られない
OSS製品であるZabbixは自身で構築/運用ができるため、サポート保守を受けずインターネット上で情報を入手し、構築や設計、エラー対処が可能です。

しかし、入手した情報が自社の利用環境に合致しない、情報が古いなどの理由で、望んだ情報にたどり着けず、結果として最適な設計/運用ができていなかったり、エラー発生時にうまく対処できなかったりしているケースも多く見られます。

■Zabbixのログ監視における考慮点、設計のベストプラクティスを紹介
本セミナーでは、既にZabbixを構築・運用されている方に向けて、多くの方がつまづきやすいログ監視の設定時の考慮点や、設計のベストプラクティスを解説します。


・監視すべきログを、zabbixでの監視対象としていない →エラーが出てしまっても気づけない、見落としが発生

・ログ監視の対象を網羅しているが、過剰である →早期にDBがひっ迫する などで、運用に支障をきたす可能性

また、Zabbix専任サポート技術者により手厚いサポート体制を提供し、サポート継続率98.7% (2022年7月時点)と高い満足度を誇る、アシスト社によるZabbixサポートサービスについても紹介する予定です。


(詳細及び参加申込はこちら)
https://majisemi.com/e/c/ashisuto2-20221208/M1D

■主催
株式会社アシスト
■協力
株式会社オープンソース活用研究所
マジセミ株式会社

マジセミは、今後も「参加者の役に立つ」ウェビナーを開催していきます。

★他のWebセミナーの申し込み、過去セミナーの動画・資料については、以下からご確認ください★
https://majisemi.com?el=M1D

★ウェビナーを開催したい方はこちらの動画をご覧下さい★
https://youtu.be/pGj3koorgSY
  1. プレスリリース >
  2. マジセミ株式会社 >
  3. 『Zabbixによるログ監視の設定のポイント』というテーマのウェビナーを開催