「もうひとつの京都」NewsLetter 2020年9月号

「丹後ちりめん」300周年を記念してNEWoMan新宿で大型展示が開催中!本格的に宇治茶が学べる「宇治茶ムリエ講座」は初のオンライン開催~10月1日・31日の「日本茶の日」は宇治茶を楽しもう~

「古都」と呼ばれる京都府は、「日本文化発祥の地」とも言われており、その1,200年の歴史とともに培ってきた様々な
魅力が存在します。このマガジンでは、文化のふるさとである京都から、観光や芸術、グルメなど、旬の魅力をお届けします。
  • ★アーティストや大型施設、有名アパレルブランドとコラボレーション!今年300周年の「丹後ちりめん」に注目集まる!
2020年、丹後産地を代表する絹織物「丹後ちりめん」は創業300年。 1300年つづく絹織物産地である京都府北部の「丹後」に、革命的な変化を与えた「丹後ちりめん」は、今から300年前に郷土人たちの手によって生み出され、丹後地域に”活気”と”富み”をもたらしました。

300周年を迎える今年、伝統に裏打ちされたブランドをもとに新時代の「はじまり」の年とするべく、丹後ちりめん創業300年事業実行委員会(丹後織物工業組合、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町、京都府など)を中心に、「丹後ちりめん」はより一層盛り上がりを見せています。

■NEWoMan新宿にて、アーティストとの共同展示を9月末まで開催中!

丹後ちりめん創業300年事業実行委員会では今年度第1弾の取り組みとして、「丹後ちりめん」とアートのコラボ作品の展示を、NEWoMan新宿にて期間限定で実施しています。
期間中は、アーティスト・田中紗樹氏とのコラボレーション作品をエントランスにて展示する他、白生地や製織に使用する工具等によるアートウォールも展示されています。

【LIFE WITH THE QUALITY -いいものといつまでも-】
開催期間:2020年9月30日(水)まで
開催場所:NEWoMan新宿
内容:アーティスト田中紗樹氏コラボレーション作品の展示、アートウォール など

■ユナイテッドアローズ×丹後ちりめん コラボレーション商品が登場!

同じく実行委員会では、産地の未来を切り開く新たなロゴマーク「TANGO OPEN」を2018年に発表し、広報を始め様々なコラボレーション機会創出に取り組んできました。
この度、株式会社ユナイテッドアローズとコラボレーションしたメンズシャツが発売、好評を得ています。

商品名:BY タンゴ ブロード ワイドフォルム テーパード シャツ
URL:https://store.united-arrows.co.jp/shop/by/goods.html?gid=52838245
販売元:BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS全店舗、公式オンラインストア
 
  • ★10月1日・10月31日は「日本茶の日」!オンライン講座や、公式認定店で宇治茶を楽しもう
新茶の出回る4月末〜5月の印象が強い日本茶ですが、実は10月に2度(1日と31日)「日本茶の日」があるなど、秋は日本茶を楽しむのにぴったりなシーズンです。
日本茶を代表する京都府の「宇治茶」。中でも、「抹茶」「煎茶」「玉露」は京都府南部の山城エリア(お茶の京都)で生み出され、 「宇治茶」は日本茶の起源といわれています。
今年の秋は、「日本茶の日」にあわせて、日本茶を代表する「宇治茶」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

■毎年人気の「宇治茶ムリエ講座」をオンラインで初開催!

2015度より、京都府山城広域振興局と宇治茶の郷づくり協議会が中心となって開催する「宇治茶ムリエ講座」。
新型コロナウイルスの影響が懸念される今年度は、withコロナ社会に対応し、初めてオンラインで開催します。自宅にいながら本格的な宇治茶の淹れ方を楽しく学ぶことができます。
「宇治茶ムリエ講座」は、日本茶インストラクターの指導のもと、宇治茶の歴史や生産の基礎と、玉露の美味しい淹れ方を約1時間で学べる、毎年人気の講座です。受講者には「宇治茶ムリエ認定証」が交付されます。

【宇治茶ムリエ講座】
開催期間:初回 2020年9月15日(火) / 第2回 2020年10月2日(金) / 第3回 2020年10月17日(土)
以降第8回まで開催予定
※全日程は公式HPをご確認ください。※各日2部制にて開催予定です。
参加方法:オンラインアプリ「Zoom」を使用
公式HP:https://www.pref.kyoto.jp/yamashiro/ocha/

■本格宇治茶が楽しめる「宇治茶カフェ」認定店!

辻利兵衛本店銀座店辻利兵衛本店銀座店

辻利兵衛本店北千住店辻利兵衛本店北千住店

中村藤𠮷本店銀座店中村藤𠮷本店銀座店

宇治茶の郷づくり協議会では、宇治茶を通した「お茶する生活」の普及拡大を図るため、おいしい宇治茶のメニューが揃うとともに、その歴史・文化、淹れ方等の説明ができる喫茶店などを「宇治茶カフェ」として認定しています。
東京都内では、辻利兵衛本店銀座店・北千住店、中村藤𠮷本店銀座店の3店舗が認定されています。
また、2020年末までの期間、当選者には宇治茶カフェ利用券がプレゼントされる「宇治茶カフェスタンプラリー」や、Twitterでのハッシュタグキャンペーンも開催しています。

【宇治茶カフェスタンプラリー】
開催期間:2020年12月31日(木)まで
開催場所:京都府内・東京都内の全40店舗
公式HP:https://www.pref.kyoto.jp/yamashiro/ocha/news/ujicha_cafe_stamprally2020.html

※本レターの内容は、配信時点の情報となります。変更となる可能性がある旨、ご了承くださいませ。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京都府 >
  3. 「もうひとつの京都」NewsLetter 2020年9月号