博報堂、東京メトロと共同で、コロナ禍の個店支援のため「商品+体験」を販売するECサービスを開始

本日から9月中旬まで、ECサイト『Find my Tokyo.BOX!』で事業検証

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)の新規事業開発組織「ミライの事業室」は、東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村明義、以下東京メトロ)と共同で、東京メトロ沿線事業者の「商品」と「体験」をセットで販売するECサービスを開始します。本日より専用ECサイト『Find my Tokyo.BOX!』にて、期間限定で事業検証を行います。

東京メトロと博報堂は、2015年から7年間にわたり、東京の街や店の魅力を伝える東京メトロの企業広告「Find my Tokyo.」のコミュニケーション制作に共同で取り組んできました。この制作を通じて培った知見と資産を起点に、新型コロナウイルスの影響で困難な状況に追い込まれている沿線の飲食店や小売店を支援し、外出を自粛する生活者に新たな体験を提供することを目指して、今回のサービスを企画・開発いたしました。東京の街や店と生活者の新しい関係性を構築できる、ECサービスとして事業検証いたします。

ECサイト『Find my Tokyo.BOX!』では、「Find my Tokyo.」で過去に紹介した店舗の「商品」と、その商品をより楽しむための動画コンテンツの視聴という「体験」をセットにして販売します。秘伝のレシピやアレンジ方法、店主が語るその街の魅力など、自宅で商品を体験する時間とシンクロした動画コンテンツを通じて、自宅での新しい東京の魅力の体験、“発見のある時間”を生活者に提供します。
サイトは本日6月23日から9月中旬までの期間限定で開設し、期間中のお客様や参加事業者からのニーズ、販売結果を踏まえ、今後本格的なECサービスとしての展開を目指して、取扱商品を増やすなど規模を拡大した事業検証を進めていく予定です。

ECの運営は、博報堂グループの日本トータルテレマーケティング株式会社が、システムの構築からフルフィルメントまでを一括して担います。博報堂グループの連携力を発揮し、新規顧客獲得から顧客育成までを一気通貫で推進していきます。

博報堂ミライの事業室は、“チーム企業型事業創造”の方針のもと、産業の枠を超えた企業など多様なパートナーと連携し、未来の新しい生活を創造する事業開発を行っています。今後も、東京メトロとともに、東京のまちに関わる人々の未来の創造に貢献してまいります。


<参考資料>

■「Find my Tokyo.BOX!について

ECサイト「Find my Tokyo.BOX!」:https://findmytokyobox.jp

Find my Tokyo.BOX!のコンセプトは「Find my Tokyo.時間が届く/楽しむ」。
「商品を買うだけ」ではない、東京の魅力をもっと満喫できるECサイトです。
手元に届く商品は、東京の発見感が詰まっていて、商品と併せて店主や料理長と一緒に自宅で楽しめる体験動画をあわせて楽しんでいただくことで、本当はお店に行かないと体験できない発見感のある時間(=Find my Tokyo.時間)を提供します。
今回販売される商品には、商品とその関連動画の視聴体験に加えて、実際の店舗で使えるクーポン券も同梱されます。商品を購入された方が、「Find my Tokyo.BOX!」で出会ったお店に、今後実際に行ってみたいという気持ちにも応えられる仕様としました。ECを通じてつながった事業者と生活者に新しい関係性を生み出し、より強固なものとすることを目指しています。

<期間限定で販売予定の商品ラインナップ>
・6月23日~:門前仲町 「深川宿」
あなたはどっち派?「江戸時代の深川めし」と「女将のNEO深川めし」食べ比べBOX!
・7月下旬~:荻窪 「東京スパイスハウス」
・8月下旬~:日比谷 「日比谷松本楼」

■「Find my Tokyo.」の広告に出演いただいている石原さとみさんコメント

長年Find my Tokyo.のキャンペーンに出演させていただいていますが、毎回撮影で、東京のひとつひとつの街にたくさんの発見があるので、本当に楽しく取り組んでいます。
Find my Tokyo.を通じて、東京の街の魅力を体験してきましたが、このコロナ禍において、なかなか新しい体験ができずに求めていた私なので、今回、Find my Tokyo.で紹介されたお店の「商品」と「体験」がセットになったサービスには、大きな魅力を感じています。
Find my Tokyo.を通して出会ってきたお店のみなさまはどう過ごしているんだろう、と思いを馳せていたので、このサービスがお店のみなさまのためになることは嬉しいですし、応援したいと思います。


■東京メトロ
「東京の魅力・活力の共創」というキーワードのもと、お客様や社会へ新たな価値を提供することを目指しています。アクセラレータープログラムによる共創や、個室型ワークスペースの設置等、グループが保有する経営資源と外部のアイデアや技術との組み合わせによって、社会の変化をとらえた新たな事業領域へ積極的に挑戦しています。

■博報堂 ミライの事業室
2019年に発足した新規事業開発組織。「チーム企業型事業創造」を方針に、博報堂が自ら事業オーナーとなり、多様なパートナーと連携して大きな事業の実現を目指します。博報堂が強みとする生活者発想とクリエイティビティを活かした事業創造を通じて、事業の先にあるミライの生活創造、社会創造に挑戦していきます。
https://mirai-biz.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社博報堂 >
  3. 博報堂、東京メトロと共同で、コロナ禍の個店支援のため「商品+体験」を販売するECサービスを開始