プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

BEENOS株式会社
会社概要

~円安を海外販売のチャンスに~ BEENOSが「2022年上半期 越境ECトピックス」を発表

円安直後に購入金額が18.8%増加。ブラジル、若年層など購買層が広がる 

BEENOS株式会社

 BEENOS 株式会社(東証プライム:3328、本社:東京都品川区、代表取締役:直井 聖太、以下BEENOS)は、2022年上半期の越境ECの動向をまとめた「BEENOS 2022年上半期 越境ECトピックス」を6月に発表しました。円安が加速した2022年3月11日前後の比較で、BEENOSグループが運営する海外向け購入サポートサービス「Buyee」経由の購入金額が18.8%増加、3月下旬も上昇トレンドが続くなど、円安は越境ECにとって追い風になっています。


 2022年6月22日には、円相場が一時1ドル=136円台後半を付けるなど、約24年ぶりの歴史的な円安が続いています。海外から日本の商品が買い求めやすくなるため、円安は越境ECに追い風となっており、「Buyee」の2022年9月期 第2四半期の流通総額は前年同期比26.7%増(※1)で過去最高を継続更新し、特に台湾、アメリカからの流通が増加しました。さらに、今年6月10日に再開されたインバウンド客のリピート買い需要を満たす販路としても、越境ECは注目されています。

 越境EC黎明期である2008年より越境EC事業を展開してきたBEENOSグループは、3,000件以上(※2)の国内企業の越境EC支援実績があります。この円安を海外販売のチャンスと捉え、BEENOSは円安によって変化した2022年上半期の越境ECの購買動向を発表することによって、日本企業が「海外に挑戦」するための一助となることを目指します。

※円安が急速に進んだ2022年3月11日(円相場が一時、1ドル=116円80銭台を付け、およそ5年2か月ぶりの円安水準)を起点としてトピックスを紹介

 
  • Buyee経由の流通指標は3/11以降に上昇。金額は18.8%、UUは10.9%、顧客単価も1,102円増加
 円安が急速に進んだ2022年3月11日以降、Buyee経由の購入金額、購入UU、顧客単価は上昇し、円安がリアルタイムに越境ECにプラスの影響を与えていることがうかがえる結果となりました。

※「Buyee」経由の2022年3月の購入金額、購入UU、顧客単価より算出

 
  • 一時的な増加だけでなく、3月下旬も上昇トレンドが継続
 3月11日直後だけでなく、3月21日~31日の期間も右肩上がりでBuyee経由の購入金額、購入件数ともに増加し、一時的な影響だけでなく、その後も円安による越境ECの需要が継続的に上がっていることを示しています。
 


※「Buyee」経由の2022年3月の購入金額、購入件数の推移

 
  • 特に伸長したエリアは、ブラジル、メキシコ、マカオ。年齢別では、若年層が増加
 2022年3月の円安後に伸長した国/エリアは、1位ブラジル、2位メキシコ、3位マカオでした。特にブラジルの通貨であるレアルは米ドルと比較しても対円上昇率が高く、2022年2月から5月で約20%上昇し、日本発の商品がおよそ2割引で買える状態となっています。円安の影響により、日本から距離が遠いブラジルやメキシコのお客様にも商品代金、国際送料含めて従来よりも安い金額でご利用いただけるため、Buyeeの主要エリアであるアメリカ、台湾、香港以外の国でも流通が伸びたことが大きな特徴となっています。


※国/エリア別伸長ランキングは、「Buyee」経由の、2022年5月の購入金額が高い国/エリア上位30位と2022年2月の同国/エリアの購入金額を比較して算出
※年齢別・伸長率ランキングは、「Buyee」経由の2022年5月と2022年2月の購入金額が高いお客様の年齢を比較して算出

 
  • 特に伸長した商品ジャンルは、美術品、ブランド時計、フィギュア/プラモデル、カメラ関連
 5月の商品ジャンル別ランキングでは、Buyeeで定番的な人気のアニメ関連、カーパーツ、趣味嗜好品がランクインしました。特に伸長したジャンルは、美術品やブランド時計、フィギュア/プラモデル、カメラ関連で、元々ファンの多いロングテール商品が円安をきっかけに買いやすくなり購買を後押しした結果となりました。
 


※5月の商品ジャンル別ランキングは、「Buyee」経由の、2022年5月の商品ジャンル別の購入金額ランキング
※5月の伸長率ランキングは、「Buyee」経由の、2022年5月の購入金額が高い商品ジャンル上位30位と2022年2月の同商品ジャンルの購入金額を比較して算出


 
  • 「EC=グローバル」をスタンダードにし、日本のECの”当たり前”を変える
BEENOSグループは、日本企業のマーケットを国内から世界に広げるため、2008年より連結子会社が提供開始した海外転送サービス「転送コム」を皮切りに、国内企業の課題やニーズに合わせ、越境EC黎明期より国内ECの越境化を支援してまいりました。2022年6月1日にはタグ設置のみで海外販売可能な「Buyee Connect」の無償提供を開始するなど海外進出のハードルをゼロにすることで、日本のサイト事業者様の越境ECへの挑戦を後押し、今後も「EC=グローバル」が当たり前となる世の中を目指しています。


■Buyee、Buyee Connect導入をお考えの方のお問合せ先
BeeCruise株式会社(BEENOSグループ営業窓口)
https://beecruise.co.jp/infra/buyeeconnect/

[越境EC導入に関するオンライン説明会]開催中
https://marketing.beecruise.co.jp/ja-jp/webinar/web02-0

[タグ設置のみで越境EC対応ができる「Buyee Connect」のご紹介資料] ※無料で導入/利用可能
https://marketing.beecruise.co.jp/documents/document06



■「Buyee」サービス内容
「Buyee」は、330万人以上(※3)の会員数を抱えリピーターも多いサービスです。アメリカや中国、台湾エリア等に向けた独自物流構築による安価な国際配送料、一律300円/オーダー毎の明朗かつ割安な手数料で、海外のお客様が少ない負担で日本の商品を購入いただける仕組みを提供しています。また「Buyee」では、越境ECにチャレンジする企業様をサポートするキャンペーンを定期的に開催し、日本の企業の越境ECでの流通拡大に貢献できるように努めています。


■「Buyee Connect」サービス内容
「Buyee Connect」は、タグ設置のみで自社ECサイト上に海外専用カートを簡易に開設し、「Buyee」の購入サポートフローと接続することができる海外向けの購入サポートサービスです。海外のお客様が連携サイトにアクセスした際にサイト上に日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・インドネシア語・タイ語・韓国語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語に対応した海外専用カートが表示されます。お客様は商品選定後、海外専用カートで注文へ進むボタンを押すと、Buyee上で決済手続きができ、海外では主流のPayPal、Alipay、銀聯クレジットカードといった決済方法も利用することができます。さらに、Buyeeが海外発送手続きや多言語でのお客様のお問合せサポートなどを行います。これにより、海外のお客様は日本のECサイト上で商品を選定できるようになるほか、日本のECサイト事業者様の手間を軽減し、より簡易に海外対応を実現します。


■Buyee が提供する海外販売のサポート内容
◆多様な決済手段に対応…Paypal、Alipay、銀聯クレジットカード等各種クレジットカード、台湾向けにAFTEE
◆豊富な配送手段に対応…Buyee独自空運サービス・DHL・EMS・SAL便・FedEx・国際小包・船便など
◆独自の保障サービス…Buyee独自の検品・配送補償を提供
◆不正決済防止…ECサイト事業者様側には不正決済のリスクがない、Buyeeによる購入サポート



(※1)2022年9月期 第2四半期(2022年1月1日~3月31日)のBuyee経由の流通総額の前年同期比
(※2)BEENOSグループが提供する「Buyee(https://buyee.jp/)」および「Buyee Connect(https://beecruise.co.jp/infra/buyeeconnect/)」、越境EC関連サービス「転送コム(https://www.tenso.com/)」、海外マーケットプレイスへの出店および出品サポート、マーケティングおよびプロモーション支援の件数を合わせた数字、BEENOSグループとしての国内企業の越境EC支援実績の累計、2022年4月末現在
(※3)「Buyee(https://buyee.jp/)」と越境EC関連サービス「転送コム(https://www.tenso.com/)」を合わせた数字、2021年9月末現在



【BEENOS 株式会社の概要】
(1)社 名 : BEENOS 株式会社
(2)代 表 者 : 代表取締役社長 兼 グループCEO 直井 聖太 
(3)本 店 所 在 地 : 東京都品川区北品川四丁目7番 35 号
(4)設 立 年 月 : 1999年11月
(5)資 本 金 : 27億75百万円

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
ネットサービスEC・通販
関連リンク
https://beenos.com/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

BEENOS株式会社

48フォロワー

RSS
URL
https://beenos.com/
業種
情報通信
本社所在地
東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー7F
電話番号
-
代表者名
直井聖太
上場
東証プライム
資本金
27億7584万円
設立
1999年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード