中高生世代と政治・社会をつなぐソーシャルプロジェクト「学校総選挙」を開始

~これからの未来を担う若者が政治や社会について考え、対話し、そして行動できる共創の“場”~

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループのCCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)は、これからの未来を担う中高生世代と政治・社会をつなぐソーシャルプロジェクト「学校総選挙」を開始し、今秋の本格展開に先立ち2020年6月16日より、中高生や若者にとって身近な話題を投票・投稿し集約するTwitterと、投票結果や中高生の考えを記事形式で発信していくnoteを活用した展開をスタートいたしましたので、お知らせいたします。


CCCは、「若者に新しい生活スタイルの情報を提供する拠点を提供していく」との創業意図のもと、1983年に蔦屋書店 枚方店を創業、ライフスタイル提案企業として、映画や音楽、本という情報をもとに、自分の生活を思い描き、選択できる「場=TSUTAYA」を日本全国の地域コミュニティに根差しながら広げでまいりました。

このたびサービスを開始する「学校総選挙」は、CCCの創業意図をアイデンティティに、これからの未来を担う若者が、これからの未来を生きていく糧となる新たな発見や考え方を共創していく「場」です。中高生世代が、政治や社会を自分ごと化する機会を創り、問いを設定して議論を深め、競争の激しい国際社会の中でも自分らしさを持ちながら、多様性を受け入れていくソーシャルプロジェクトとして位置付け、今秋、WEBサイトを立ち上げて本格展開を予定しています。

CCCマーケティングは、「学校総選挙」を通じて、若者が社会課題に主体的に関わり、判断し、実行をしていく「グローバル・シチズンシップ」を育み、SDGsの目標4「すべての人々への、包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」の達成につながっていくよう、そして、「人と社会をつなぐ」存在となることを目指し、引き続き、新たな社会価値創造に取り組んでまいります。


【「学校総選挙」サービス概要】
■プロジェクト名:学校総選挙
■プロジェクト開始日:2020年6月16日 ※本格展開は今秋を予定しています
■プロジェクト内容:中高生に向けて、政治や社会課題から進学、学校など幅広い領域から、これからの若者世代に関わる課題をテーマアップし、その問題提起した課題についての中立的な情報と同世代が対話を深める場を提供します。WEBサイトやTwitter上で実際に「投票」することで、中高生世代の一人一人が主体的に関わり、意思表示できる機会を作ります。そして、中高生の「声」をまとめた投票結果のレポート記事や、有識者へのインタビュー記事などをnote上で掲載したり、オピニオンリーダーを迎えての企画や対話の場なども提供をしていく予定です。
■Twitterアカウント:学校総選挙プロジェクト【公式】 @T_gakkou https://twitter.com/T_gakkou
■noteアカウント:学校総選挙プロジェクト【公式】
■今後発信をしていく予定のテーマ:「若年層の投票率」「心配な社会課題」「ネット投票」「9月入学」「大学入試の延期」「選択的夫婦別姓」など
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CCCMKHD >
  3. 中高生世代と政治・社会をつなぐソーシャルプロジェクト「学校総選挙」を開始