SBTのクラウド導入実績、国内大手企業を中心に1,000社を突破

~クラウド活用で働き方改革を支援する「clouXion」シリーズなど今後もサービス拡充を推進~

SBT
SBテクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市、以下 SBT)は、2020年1月末時点において、マイクロソフトの提供するクラウドソリューションおよび、それを活用して働き方改革を支援するSBTの独自ブランド「clouXion(クラウジョン)」の導入実績が1,000社を突破したことをお知らせします。


SBTは、2009年よりいち早くマイクロソフト クラウドビジネスを開始し、国内大手企業を中心に Microsoft 365 から Azure 環境での開発まで国内トップクラスの導入実績を有しています。また、これまでに培った知見をもとに、Microsoft 365 の利活用を推進するための認証・セキュリティ、業務効率化など様々なサービスを開発し、独自ブランド「clouXion」として提供しています。2019年4月からの中期経営計画では「サービスプロバイダーへの進化」を重点テーマのひとつに設定し、クラウド&セキュリティのサービス拡充とパートナーセールス強化の推進により、顧客企業のテレワーク実現・定着を支援しています。

また現在、新型コロナウイルス感染拡大時の緊急措置としてテレワークを導入した企業や、これからテレワークを導入して働き方改革を進めたいという企業向けに、社内の情報漏洩を防止するためのアクセス制御やメール誤送信対策などのサービスを6か月無償提供することでテレワークセキュリティを支援するキャンペーンも実施しています。

▶ clouXion テレワーク支援キャンペーンの詳細はこちらをご参照ください
https://www.softbanktech.co.jp/lp/camp_cx_teleworksupport202005

新型コロナウイルスの感染対策が自社のデジタル化を加速させると考えている国内企業は70%を超え、そのうち37%は緊急措置としてテレワークを導入したと言われています*。緊急措置としてテレワークを導入した企業では、テレワーク環境から安心して利用するためのセキュリティ強化や業務効率化などの課題も出てきています。

 SBTは、今後もクラウド&セキュリティのサービスプロバイダーとして「clouXion」のサービス拡充を推進し、クラウド活用の観点からお客様の本業成長に貢献してまいります。

▶ 働き方改革推進を支援するSBTのクラウドソリューションはこちらをご参照ください
https://www.softbanktech.co.jp/service/issue/work-style-reform-with-microsoft365


*新型コロナウイルス感染対策が自社のデジタル化を加速させると考える国内企業は7割超、ITRが「コロナ禍の企業IT動向に関する影響調査」の結果を発表
https://www.itr.co.jp/company/press/200512PR.html
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SBT >
  3. SBTのクラウド導入実績、国内大手企業を中心に1,000社を突破