アデコ、「第10回ワークライフバランス大賞」優秀賞を受賞

アデコは、日本生産性本部とワークライフバランス推進会議が主催する「第10回ワークライフバランス大賞」において優秀賞を受賞いたしました。
世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎、以下「アデコ」)は、公益財団法人日本生産性本部とワークライフバランス推進会議が主催する「第10回ワークライフバランス大賞」において優秀賞を受賞いたしました。

「ワークライフバランス大賞」は、個人のワークライフバランス実現を支援している企業・組織で優れた成果をあげている事例や、地域・社会に大きな貢献を果たしている事例を表彰するもので、アデコのフルフレックスタイム制度やリモートワークの導入により柔軟な働き方を推進させている点やパラレルキャリア制度により社員の社外でのビジネス活動を認め、キャリア開発を支援している点など、新しい働き方への積極的な取り組みが評価され今回の受賞に至りました。

受賞にあたり、代表取締役社長の川崎健一郎は次のように話しています。「ビジネスのグローバル化や働く人の価値観が多様化している昨今において、変化に柔軟に対応できる働き方や能力が求められています。我々は、働く人のキャリア開発を支援し、企業の生産性向上に貢献する人財サービス企業として、新しい働き方を実践することで「Future of Work(仕事の未来)」の創造に努めてまいります」。

アデコは人財サービスのグローバルリーダーとして、今後も雇用・労働に関わるさまざまな施策を実施することで、働く人々のキャリア開発と雇用の安定化を支援するだけでなく、企業の生産性および業績の向上にも寄与してまいります。 

*1:Staffing Industry Analysts 2017、人財サービス企業売上ランキングより。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アデコ >
  3. アデコ、「第10回ワークライフバランス大賞」優秀賞を受賞