オプトホールディング、2018年4月1日よりAI研究開発部門を(株)オプトワークスに事業統合し、海外で定着しつつあるコンペティションによるAI開発を軸に、新たに(株)SIGNATEとして事業を拡大

■SIGNATE設立の背景
企業や国によるAI・ビッグデータ活用への取り組みが加熱する一方、AI分野における人的資源は圧倒的に不足しています。専門の開発ベンダーに依頼してもコストや時間が膨大にかかると同時にアルゴリズムの精度評価が困難であり、多くの企業の課題となっているのが現状です。

このような問題に対し海外では、2017年3月にGoogleに買収された米kaggle等、世界中のデータサイエンティストの能力を利用してAI開発を行う「AI開発コンペティション」が定着しつつあり、労働力の減少という社会課題に直面する日本は、高精度でコストも安く効率的にアルゴリズム開発ができるこの仕組みが必要とされています。SIGNATEは、国内のAI・ビッグデータ活用の拡大に貢献することを目的としています。

■提供サービス
SIGNATEは、現在データサイエンスラボが運営する「DeepAnalytics」 を 2018年4月1日より、サイト名称を「SIGNATE」としてリニューアルオープンします。「DeepAnalytics」は、すでに約8,000名のデータサイエンティスト・AI開発人材が登録する会員基盤を有しており、これまでにJR西日本、ファーストリテイリング、経済産業省、文部科学省などがコンペティションを開催した他、滋賀大学データサイエンス学部やデータ関連人材育成関西地区コンソーシアムなどが教育プログラムとして採用する、国内唯一・最大のAI開発コンペティションサイトです。

SIGNATEは、AI開発コンペティションで得られたノウハウを軸に、下記AI関連サービス・プロダクトを提供します。
・AI開発        :コンペティションによるAIアルゴリズム開発
・データ分析:トップランカーに依頼するデータ分析サービス 
・教育研修    :コンペティションのノウハウに基づく実践的データサイエンス教育研修
・人材紹介    :登録会員を中心としたデータサイエンティストの人材紹介
・AIソフトウェア:SaaS型AI関連ソフトウェアサービス

なお、SIGNATEでは、4月1日よりオプトホールディングCAO(最高解析責任者)兼データサイエンスラボ所長を務める齊藤秀が代表取締役社長に就任し、オプトワークス代表取締役を務める夏井丈俊が取締役副社長に就任します。

<SIGNATEの仕組み>


■SIGNATEの概要

社 名 :株式会社SIGNATE(SIGNATE Inc.)
本 社 :東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
資本金  : 1億80百万円(2018年4月1日時点)
代表者 :代表取締役社長CEO/CDO 齊藤秀
取締役副社長COO 夏井丈俊
URL     :https://signate.co.jp(2018年4月1日公開予定)


■オプトホールディング概要
社 名 :株式会社オプトホールディング
資本金 :76億84百万円(2016年12月末現在)
代表者 :代表取締役社長グループCEO 鉢嶺 登
上場区分:東証一部(証券コード2389)
URL  : http://www.opt.ne.jp/holding/

【ご参考】
・株式会社オプトワークス URL:https://www.opt-works.com/
・AI開発コンペティション「DeepAnalytics」 URL:https://deepanalytics.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デジタルホールディングス >
  3. オプトホールディング、2018年4月1日よりAI研究開発部門を(株)オプトワークスに事業統合し、海外で定着しつつあるコンペティションによるAI開発を軸に、新たに(株)SIGNATEとして事業を拡大