【納豆が若い世代でも人気急上昇⁉】 生活者向けコラム「レシーカが調査!毎月のショッピング利用状況」の連載がスタート

家計簿アプリ「レシーカ」による全国5万人の消費行動分析

​CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)は、このたび、家計簿アプリ「レシーカ」を利用する全国5万人のデータをもとにした、生活者向けコラム「レシーカが調査!毎月のショッピング利用状況」の連載をスタートいたしました。コラムはTサイト特設ページ(https://00m.in/YckUE)、または「レシーカ」アプリからご覧いただけます。
レシーカが調査!毎月のショッピング利用状況:URL
https://00m.in/YckUE


「レシーカ」は、普段のお買物レシートを撮影・登録するだけで、Tポイントが貯まる家計簿アプリです。本コラムでは、全国5万人のサービス利用者が「レシーカ」にてご登録いただいた購買情報をもとに、業種を横断した幅広い商材について、購買者の性年代別や地域別での分析、各種小売店の時間帯別の混雑状況などをコラムとして月次で配信してまいります。

今月は‟コロナ禍で注目を集めた食材“として、購買が増加した食材にフォーカスをあて、コロナ禍における購買状況の推移や、購買層の傾向などを分析いたしました。

納豆、ヨーグルト、バナナが若い世代でも人気急上昇!
~専門家に聞いた!コロナ禍で注目されたのは腸内環境を整える「発酵食品」~


▽サマリー
・コロナ禍で注目を集めたのは「小松菜」「チンゲン菜」「バナナ」「味噌」「納豆」「ヨーグルト」など。
・「納豆」、「ヨーグルト」、「バナナ」は、2020年より消費が増加。
・調理いらずの「納豆」、「ヨーグルト」、「バナナ」年代別では、若年層の購入が増加。


■メディアでも話題の食材は、実際の消費も増加していた!

2020年5月の昨年対比で一人当たりの購入点数が増加している食材について調査したところ、「ヨーグルト」、「納豆」、「バナナ」「小松菜」「味噌」「チンゲン菜」などに増加の傾向がみられました。

新型コロナウイルス禍において、これらの食材の一部は複数のメディアやSNSで注目を集めており、実際のお買い物にもその影響が軒並み反映されているようです。

■「納豆」、「ヨーグルト」、「バナナ」消費が高まったには今年の2月から! 


次に、その中でも、購入者数の多い「ヨーグルト」、「納豆」、「バナナ」の一人当たり購入点数について1年間(2019年5月~2020年5月)の変化を調査してみました。

その結果、2020年2月を境に増加に転じ、3月時点ではそれぞれの商品の一人当たり購入点数が昨年5月と比較して100%を超え、5月時点では、「納豆」106%、「ヨーグルト」105%、「バナナ」107%まで増加していることがわかりました。

新型コロナウイルス禍による健康への意識の高まりが、これらの食材に対するリピート購入を促進しているようです。

■調理いらずの「納豆」「ヨーグルト」「バナナ」は若い世代にも人気⁉

 

 

 

次に、「納豆」、「ヨーグルト」、「バナナ」をよく購入している購買層について調査いたしました。

2020年5月の一人当たりの購入点数を、性年代別でランキング化したところシニア層が上位を占める結果となりました。シニア層の方はお買い物の頻度も高く、かつ男性は“指定買い”をされることが多いのかもしれません。その一方で、2020年1月から5月にかけての一人当たり購入点数を調査したところ、いずれの商品も20代男女が最も伸びていることがわかりました。

「ヨーグルト」、「納豆」、「バナナ」はそのまま食べられる手軽さもあってか、普段は手に取っていなかった若い世代にも強い関心が集まっているようです。

Q. これらの食材はなぜ人気なのか…?
「野菜ビジネスで日本の健康寿命を延ばす」ことを旗頭に、野菜の機能性研究を取り組んでいるデザイナーフーズ株式会社 代表取締役社長 管理栄養士の市野真理子先生にお話を伺いました。

今回は「腸内環境を整える」ということにポイントがあると思います。身体の臓器のなかで、免疫機能として重要な働きをしているのが腸といわれています。コロナウイルス禍の中で「腸内環境を整える」ことが「健康」に過ごすために重要だと思われたからでしょう。腸内環境を整えるための代表食品が「発酵食品」。数ある発酵食品の中でも手軽にそのまま食べられる納豆やヨーグルトのリピート率が高かったと思われます。そして腸内環境を整えるための栄養素が「食物繊維」。食物繊維はイモや野菜、果物に多く含まれるというイメージがありますが、調理の必要性が出てきます。その点バナナはそのまま手で皮を剥いて食べられる食物繊維の多い果物としてリピート率があがったと思われます。

コラムの寄稿者プロフィール
市野真理子氏
デザイナーフーズ株式会社 代表取締役社長 管理栄養士。


CCCマーケティングは、今後も楽しく安心できるお買い物体験につながるサービスを拡大することで、生活者のみなさまへの体験価値向上を図りながら、ライフスタイル提案を行ってまいります。

家計簿アプリ「レシーカ」について
普段のお買い物レシートを撮影・登録するだけで、登録したレシート枚数に応じてTポイントが貯まる家計簿アプリです。登録したお買い物情報は、アプリ内のカレンダーなどで確認したり、毎月の出費を食費や外食等のカテゴリー別にグラフでチェックできるなど、Tポイントを貯めながらお金の管理をすることが可能です。
◇サービス名:レシーカ
◇対応端末:iPhone/Android
◇利用料:無料
◇App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id1201112936?mt=8
◇Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cccmk.receika&hl=ja

※本ニュースリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CCCMKHD >
  3. 【納豆が若い世代でも人気急上昇⁉】 生活者向けコラム「レシーカが調査!毎月のショッピング利用状況」の連載がスタート