オセロ!チームJAPAN表彰台独占!髙橋さん(14歳)初優勝!団体部門では日本15連覇

「第43回世界オセロ選手権」2019年10月8日~11日 東京

 ボードゲーム・オセロの世界一を決める「第43回世界オセロ選手権(43rd World Othello
 Championship)」が2019年10月8日(火)~10月11日(金)に東京にて開催されました。世界オセロ選手権は、1977年から毎年1回、世界各地で開催されているオセロの世界大会です。43回目となる今大会には、23の地域から74名が参加し、個人(無差別部門・女子部門・ユース部門)団体部門で競われました。 最高峰である無差別部門の決勝は日本人対決となり、前々回準優勝の髙橋 晃大さんが初優勝。第2位は高梨悠介さん、第3位は佐谷 哲さんで日本選手が上位を占め、団体部門でも日本が第29回大会以降続いている15連覇記録更新を成し遂げました。

無差別部門決勝戦の様子(公式オセロチャンネルより)無差別部門決勝戦の様子(公式オセロチャンネルより)

決勝戦後に互いに振り返っている様子決勝戦後に互いに振り返っている様子

 









 

髙橋 晃大さん髙橋 晃大さん

無差別部門 ユース部門
優勝 髙橋 晃大さん(TAKAHASHI AKIHIRO)14歳 中学2年生
・世界オセロ選手権2回目の出場
・第41回大会無差別部門準優勝とユース部門優勝

・第40期オセロ名人、第14期オセロ王座
(オセロ国内三大大会中の2冠)
<今大会成績>
予選ラウンド:10勝2分1敗、2位決勝ラウンド進出
準決勝:Yan Songさんと対戦 35対29 35対29  2勝
決勝戦:高梨 悠介さん(予選ラウンド1位)と対戦
                30対34 32対32 47対17 1勝1分1負(トータル石数で優勝)
「優勝できてとても嬉しいです。今大会は優勝するつもりで挑みました。
予選の1日目につまづいた時もありましたが、予選2日目に持ちこたえて決勝トーナメントに進むことができました。決勝戦は2局目に引き分けになりそうだったので、その時点から3局目のことばかりを考えていました。3局目は序盤に自ら仕掛けていき、相手がミスしたところを境に有利になり、終盤40手目ぐらいで勝てるかなと思いました。世界オセロ選手権は、オセロを通して世界中の人とつながれて楽しかったです。次の目標は、一度も優勝したことが無い全日本選手権大会で優勝することです。」

第43回世界オセロ選手権
チームJAPANは、国内メジャー大会の成績によって選出された5名が
無差別・女子・ユース・団体の4部門に出場しました。
予選ラウンド2日間の13試合は部門関係なく混合で実施、
最終的に各部門の上位による決勝トーナメントが3日目に行われ、最終的な順位となり、
団体は予選ラウンドの個人成績のトータルにより順位が決まりました。
■■結果■■

◆無差別部門

優勝:髙橋 晃大さん 2位:高梨 悠介さん 3位:佐谷 哲さん
◆女子部門
優勝:Joanna Williamさん 2位:Zhen Dongさん
◆ユース部門

優勝:髙橋 晃大さん 2位 :薬師寺 健太さん

◆団体部門
優勝:日本 2位:中国本土 3位:台湾

無差別部門入賞者無差別部門入賞者

チームJAPAN    チームJAPAN    











※チームJAPAN写真左から
 高梨悠介さん、乗光歩さん、薬師寺 健太さん、 髙橋 晃大さん、佐谷 哲さん
全選手の結果
https://woc2019.worldothello.org/live/
予選ラウンドの様子






 

予選8試合目の様子 左:薬師寺さん 右:髙橋さん予選8試合目の様子 左:薬師寺さん 右:髙橋さん

 

チームJAPAN選手最年少薬師寺 健太さん(小学4年生)大活躍! 
憧れの選手と対戦!

ユース部門 2位
無差別部門 11位タイ
今大会優勝の髙橋さんが出演しているテレビを見て憧れて
2018年6月頃から本格的にオセロを開始。
オセロ小学生グランプリ2019で優勝し、ユース部門代表枠を獲得、世界オセロ選手権初出場。
「髙橋くんと同じ大会に出場できて嬉しかったです。頑張って髙橋くんに近づいていきたいです。次の目標は、もう一度世界オセロ選手権に出場して決勝トーナメントに残ることです。オセロは、戦法についてみんなで話をしながら考えている時が楽しいです。」

■■大会概要■■
■大会名 :第43回世界オセロ選手権 43rd World Othello Championship
■日程  :2019年10月8日(火)~10月11日(金)
    8日(火):開会式(1回戦組み合わせ抽選)等
    9日(水):予選ラウンド1日目
  10日(木):予選ラウンド2日目
  11日(金):決勝トーナメント、閉会式(表彰式)等
■会場  : TKP市ヶ谷カンファレンスセンター 4FホールA
      東京都新宿区市谷八幡町8番地TKP市ヶ谷ビル
■競技内容:オセロ対局(無差別部門・女子部門・ユース部門・団体部門)
      予選13戦、予選の上位者による決勝トーナメント
■参加者 :23の地域から74名 日本選手は国内大会を勝ち上がった計5名が参加
■主催  :World Othello Federation・Japan Othello Association(一般社団法人日本オセロ連盟)
■メインスポンサー:株式会社メガハウス
■大会HP  :https://woc2019.worldothello.org/
【公式】オセロチャンネル(11日のみ 日本語解説)
決勝トーナメントの一部が日本語解説でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/channel/UCaFaKcsN_hi2oPF3n7ObaVg

【オセロ】

TM&© Othello,Co.and MegaHouse TM&© Othello,Co.and MegaHouse

 今では誰もが知っている家庭用ボードゲーム「オセロ」は1973年に茨城県出身の故長谷川五郎氏(一般社団法人日本オセロ連盟会長:2016年6月20日死去83歳)の発明で誕生し、株式会社ツクダ(現在、株式会社メガハウスで販売)から発売しました。長谷川氏が中学時代に、仲間たちと「休み時間10分以内に決着のつくゲームを」という発想から考え付いたゲームで、原型は牛乳瓶のふたを使っていたそうです。
 「覚えるのは1分、極めるには一生」と呼ばれるほど、ルールは簡単でありながら奥の深いオセロ。発売から現在に至るまで、多くの家庭で親しまれ、初年度は30万個を売り上げ、累積出荷個数は 現在2,518万個(1973年4月~2019年3月)を更新、競技人口も年々増え続けています。今後もその魅力を日本から発信して参ります。

 【歴史】
1972年10月   長谷川氏が ㈱ツクダ(現在、㈱メガハウスで販売)へ商品企画持込
         →商品化決定
1973年      日本オセロ連盟設立
1973年4月7日  「第1回全日本オセロ選手権 (商品発表会)」開催 (以後毎年開催)
1973年4月29日  オセロ発売(当時:2,200円)
1977年     「第1回世界オセロ選手権」開催 日本人優勝(以後毎年開催)
【ホームページ】   https://www.megahouse.co.jp/othello/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メガハウス >
  3. オセロ!チームJAPAN表彰台独占!髙橋さん(14歳)初優勝!団体部門では日本15連覇