デルタ航空、「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ feat.アラン・メンケン」のオフィシャル・エアラインに

フェイスブックにてペアチケットを2組にプレゼント

デルタ航空は、2022年7月26日~28日に東京国際フォーラムで開催される「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツfeat.アラン・メンケン」のオフィシャル・エアラインとして、出演者やスタッフの来日をサポートします。

今年三度目の開催となる「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ」には、ディズニー音楽の巨匠と呼ばれるアラン・メンケンをはじめ、「ターザン」のターザン役のジョシュ・ストリックランド(Josh Strickland)、「 ライオンキング」のナラ役のキシー・シモンズ(Kissy Simmons), ニュージーズのキャサリン役のカーラ・リンゼイ(Kara Lindsay )、アラジンのジーニー役のマイケル・ジェームズ・スコット(Michael James Scott)ら、本場のブロードウェイ・スターが来日します。

オフィシャル・エアラインのデルタ航空では、同コンサートのチケットを、2組4名様にプレゼントするキャンペーンを7月5日~10日まで実施します。応募方法等の詳細については、デルタ航空のフェイスブックhttps://www.facebook.com/DeltaJP/をご覧ください。

デルタ航空では、羽田空港と中部国際空港から、米国のハブ空港経由でニューヨーク行きの便を運航しています。特にラガーディア空港は、ブロードウェイにより近いため、ミュージカル鑑賞のためにニューヨークを訪れるお客様にとって最適の空港です。

デルタ航空は、ニューヨークのラガーディア空港のターミナルCとDを統合する改装プロジェクトに40憶ドルを投資しており、その一部が6月4日にオープンしました。完成後のターミナルは、敷地面積120,000平方メートルに及び、4つのコンコースと37のゲートを備えた施設になる予定です。

デルタ航空日本地区社長の大隅ヴィクターは、次のように述べています。「デルタ航空では、コロナ禍が始まる前の2020年1月にも『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』に協賛しましたが、今年2年ぶりに再度ブロードウェイ・スターをお招きすることが出来て嬉しく思います。海外渡航の制限が緩和されつつあるなか、コンサートにいらしたお客様が、次のニューヨーク旅行でデルタ航空を選んでくださることを期待しています。」

デルタ航空はニューヨークで、MLBのニューヨーク・ヤンキースとニューヨーク・メッツのオフィシャルエアラインであり、NBAのニューヨーク・ニックス(バスケットボール)と、NHLのニューヨーク・レンジャース(アイスホッケー)のホームであるマディソン・スクエア・ガーデンと、ブロードウェイにあるビーコン・シアター、マンハッタンにあるラジオシティ・ミュージックホールのオフィシャル・エアラインも務めています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デルタ航空 >
  3. デルタ航空、「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ feat.アラン・メンケン」のオフィシャル・エアラインに