ライブ配信サービス対応の“PowerShot G7 X Mark III”を発売

4K動画や縦位置動画への対応など充実した動画性能

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラGシリーズの新製品として、ライブ配信サービスに対応した“PowerShot G7 X Mark III”を2019年8月上旬より発売します。

PowerShot G7 X Mark III(ブラック)PowerShot G7 X Mark III(ブラック)

 

PowerShot G7 X Mark III(シルバー)PowerShot G7 X Mark III(シルバー)

“PowerShot G7 X Mark III”は、従来機種「PowerShot G7 X Mark II」(2016年2月発売)をリニューアルし、新たに4K動画撮影機能を搭載するなど、手軽に動画を楽しみたいユーザーに対応します。

■ 積層型CMOSセンサーとDIGIC 8の組み合わせにより動画と高速連写の性能が向上
1.0型・有効画素数約2010万画素(※1)の積層型CMOSセンサーをキヤノンとして初めて採用し、映像エンジンDIGIC 8との組み合わせにより、動画と高速連写の性能が向上しました。キヤノンのコンパクトデジタルカメラで初めてクロップのない4K動画撮影(※2)を実現しており(※3)、レンズの画角を生かして風景など広角で撮影したいシーンで活用できます。また、最大約30.0コマ/秒(※4)の高速連写ができるため、撮影者の狙った大切な瞬間を撮影できます。さらに、「縦位置情報の付加」機能により、カメラを縦位置で撮影した動画でも、スマートフォンやPCで、自動的に縦位置で再生できます(※5)。また、自分撮り動画も液晶モニター上の動画ボタンをタッチするだけで撮影できます。 

■ ライブ配信サービスによりカメラ本体のみで簡単にYouTubeでのライブ配信が可能
動画をインターネット上に送信するための配信ユニットを用意しなくても、Wi-Fiに接続することにより、カメラ本体のみでYouTubeでのライブ配信ができます(※6,7)。ポケットWi-Fiやテザリングなどを用いることで、外出先でもリアルタイムに配信することができます。

■ 大口径レンズによる明るく豊かな表現力
大口径で明るい光学4.2倍ズームレンズ(24-100mm相当(※8)/F1.8-F2.8)により、暗いシーンでもブレやノイズを抑えて、高画質に描写することが可能です。9枚羽根の虹彩絞りにより、美しいボケ味や夜景のきれいな光芒(こうぼう)を表現できます。
 

製品名 参考価格 発売日
PowerShot G7 X Mark III オープン価格 2019年8月上旬

 

※1 総画素数は約2090万画素。
※2 4K(30p/25p)、自動水平補正OFF、手ブレ補正設定OFF時。ハイフレームレート動画の場合、フルHD(120p/100p)。
※3 同時発表となるPowerShot G5 X Mark IIでも同様に実現。
※4 RAWバーストモード時、AF固定で最大約70コマ(プリ撮影を含む)撮影可能。
※5 デバイス側のアプリケーションの仕様によって制限が起きる場合があります。カメラ上での縦位置再生はできません。
※6 事前にCANON iMAGE GATEWAYへの登録が必要。必要に応じて、公開先やイベントをスマートフォンや PCから事前設定しておく必要があります。
※7  YouTubeライブ配信にはYouTubeが定める「ライブ配信に関する制限」が設けてあり、モバイルデバイスでYouTubeライブを使用する場合には、1,000人以上のチャンネル登録者数が資格要件となっております。PowerShot G7 X Mark IIIを使ってのYouTubeライブ配信に関しましても、上記の要件が適用されます。最新の要件については下記URLをご参照ください。https://support.google.com/youtube/answer/2853834?hl=jp (2019/8/9追記) YouTubeでのライブ配信は、予告なく変更・停止・終了することがあります。YouTubeでのライブ配信を含め、第三者が提供するサービスについて、キヤノンはいかなる責任も負いかねます。あらかじめご了承ください。
※8  35mmフィルム換算。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノン株式会社 >
  3. ライブ配信サービス対応の“PowerShot G7 X Mark III”を発売