【ザ・リッツ・カールトン京都】和朝食『あさげの水暉膳』をリニューアル

~清水焼や有田焼の豆小鉢が彩るおばんざいで京の旅の思い出に~

 ザ・リッツ・カールトン京都(所在地:京都市中京区鴨川二条大橋畔、総支配人:シャビ・ゴンザレス)は、このほど館内レストラン、日本料理「水暉」の和朝食『あさげの水暉膳』を京都の旅の思い出に残るよう、京の総菜である、おばんざいの数々を水暉料理長、三浦 雅彦が厳選した清水焼や有田焼の小鉢にて提供を開始しました。

 館内レストラン、日本料理「水暉」は会席・鮨・天麩羅・鉄板焼の4つの料理で構成しており、各料理長のクリエイティブなアイデアから生まれる、アーティスティックなメニューの数々とロックガーデンと滝を見渡すスペシャルな空間で、お客様の五感を刺激する「水暉」の世界をお楽しみいただけます。ザ・リッツ・カールトン京都はピエール・エルメ・パリのクロワッサンなどを提供するコンチネンタルブレックファストのほか、和朝食を提供しており、このたび京の旅をさらに印象づけるべくリニューアルいたしました。

 『あさげの水暉膳』は、ザ・リッツ・カールトン京都オリジナルの扇面折敷の上に水暉の料理長、三浦が厳選した京都の清水焼や有田焼の色彩と形状豊かな豆小鉢に、京都の名物である湯豆腐をはじめ、季節の焼き魚、煮物、昆布締め、あえ物、酢の物、漬物のおばんざいをちりばめています。食材も選りすぐりのものを使用しており、お米は京丹波のコシヒカリを釜焚き、厳選した大豆を数種類ブレンドした絹ごし豆腐、京都宇治のひらがい卵WABISUKE、みそはファンも多い佐賀県の葉隠れみそを使用しています。野菜は京都伝統野菜のほか、全国から取り寄せています。

 厳選食材でつくりあげた見た目にも鮮やかなおばんざいが並ぶ水暉の和朝食が、お客様の京の旅の思い出にいっそう彩りを添えます。

【水暉の和朝食 『あさげの水暉膳』】
時 間: 毎日7時~10時30分(ラストオーダー)
場 所: ザ・リッツ・カールトン京都 地下1階 日本料理「水暉」またはイタリア料理「ラ・ロカンダ」
料 金: 5,500円(税・サービス料別)
※ご宿泊のお客様はもちろん、ご朝食のみのご利用も受け付けております。

お問い合わせ先:
TEL:  075-746-5522 (レストラン予約直通)
受付時間:9:00 - 18:00
 

【ザ・リッツ・カールトン京都について】
京都の北から南へ流れる鴨川のほとり、東山三十六峰を一望できる最高のロケーションに建つ「ザ・リッツ・カールトン京都」は、祇園や河原町、先斗町など繁華街に近く、観光やビジネスにも便利なアーバンリゾートです。日本の伝統と現代的な欧米様式の融合を図りながら、歴史ある周辺環境にも調和する外観デザイン。京都の伝統・文化のエッセンスが散りばめられたラグジュアリーな空間で、ここでしか味わえない上質な時間を提供します。総客室数は134室。客室平均面積は50平米と京都市内最高水準の広さを誇り、レストランやバー、宴会場、スパをご用意しています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マリオット・インターナショナル >
  3. 【ザ・リッツ・カールトン京都】和朝食『あさげの水暉膳』をリニューアル