動画編集ソフトWondershare Filmora X Windows版がバージョン10.4にアップデート

2つの新機能を搭載し、さらに使いやすく

世界150か国以上で利用されるソフトウェアを手掛ける、株式会社ワンダーシェアーソフトウェア(東京都千代田区、代表:呉太兵)の、手軽にクオリティの高い動画が作れる動画編集ソフトWondershare Filmora X Windows版が、2021年6月2日(水)より、バージョン10.4にアップデートいたしました。今回のアップデートでは、動画素材から最高の瞬間を自動で検出し、お好みの長さにキャプチャできる新機能「ハイライト自動検出」と、複数の動画クリップのボリュームをワンクリックで統一できる新機能「オートノーマライズ」を搭載。編集に要する時間を大幅に節約し、動画編集作業を効率化することが可能になります。

 
  • 【機能詳細ページ】
https://filmora.wondershare.jp/guide/auto-highlight.html
 
  • 【追加された新機能】
・ハイライト自動検出
選択した動画クリップからハイライトシーンを自動的に検出し、お好みの長さで抽出します。

・オートノーマライズ
選択した複数の動画クリップのボリュームを解析し、ボリュームをヨーロッパのオーディオプログラムのラウドネス基準である23.0LUFS(偏差範囲:±1LU)に自動的に統一します。
 
  • 【Wondershare Filmoraについて】
欧米を中心に500万人以上のユーザー様から愛用されているWondershare Filmora(ワンダーシェアーフィモーラ)は、初心者から中級者向けの動画編集ソフトウェアです。直感的に操作できる操作画面、1,000を超える独自デザインのモーションエレメントやモーションテキスト、簡単に埋め込み可能なVFX、世界中で活躍しているミュージシャンの精選された音楽を取り揃えており、様々なシーンで動画編集をお楽しみいただけます。
URL: https://filmora.wondershare.jp/video-editor/
 
  • 【株式会社ワンダーシェアーソフトウェアについて】
2003年の会社設立以来Wondershare(ワンダーシェアー)は、様々なシーンで活躍する革新的かつ、実用性が高いマルチメディアソフトの開発に取り組んでいます。Wondershareの社名の由来である「wonderful」(素晴らしい)を「share」(共有)するという企業理念に基づき、「ソフトウェア=知恵」を世界と共有し、人々の毎日をより楽しく便利で簡単にすることを目指し活動しています。経験のないお客様でも簡単に使えるシンプルな操作画面でありながら、デジタル写真や、動画、オーディオなどを最先端技術を駆使して、お客様の創造性の可能性を広げるWondershareの製品は、現在に至るまで個人のユーザー様のみならず、世界中の法人、政府機関、学術機関などの幅広い分野でご利用いただいております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワンダーシェアーソフトウェア >
  3. 動画編集ソフトWondershare Filmora X Windows版がバージョン10.4にアップデート