プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

レバレジーズ株式会社
会社概要

新入社員の6割が入社後、「仕事内容」にギャップを感じている

社会人1年目300名を対象に「入社後状況に関する調査」を実施

レバレジーズ株式会社

レバレジーズ株式会社が運営する新卒向け就職エージェント「career ticket (キャリアチケット)」は、入社1年目の社員300名を対象に「入社後状況に関する調査」を実施しました。


調査サマリー
  1. 新入社員の4割が新卒で入社した企業に対してイメージと異なる
  2. 新入社員の6割が入社後、「仕事内容」にギャップを感じている
  3. 入社前にもっと知りたかったこと第1位は「実際の仕事内容に関する情報」


1.新入社員の4割が新卒で入社した企業に対してイメージと異な

 2021年卒の新入社員300人に「新卒で入社した企業に対して、入社前の期待に比べ入社後はどのように感じるか」聞いたところ、「期待を下回る」と回答した人は4割となりました。3人に1人がマイナスなギャップを感じていることがわかります。


 期待を下回ったポイントでは、「希望の配属先、仕事内容ではなかった(14.8%)」「ワークライフバランスを実現できなかった(13.9%)」が上位に挙がっています。
 


一方、期待を上回るポイントでは、「社内の人とコミュニケーションを取りやすかった(22.4%)」が1位となりました。コロナ禍でリモートワークを導入した企業も多いなか、企業が新入社員とオンライン上でも十分にコミュニケーションをとりやすい環境をつくれていたことが、結果から読み取れます。

 期待を下回った項目と上回った項目の上位に変化が見られないことから、学生は「働き方」や「一緒に働く人」「仕事内容」を重要視していることがわかります。企業は説明会や採用面接の段階から配属先や仕事内容、条件面について説明しているはずですが、学生が重要視しているだけにギャップが生じやすいことが考えられます。
 



2.新入社員の6割が「仕事内容」に入社後ギャップを感じている
 
 入社前後のギャップについて聞いたところ、入社前のイメージとギャップの差が一番大きかったものは「仕事内容」となりました。「ギャップがあった」と回答した人は6割を占め、他の項目と比較してもギャップを感じる割合は上回っています。

 

 

 

 



3.入社前にもっと知りたかったこと第1位は「実際の仕事内容に関する情報」

 期待を下回ってしまった要因では、「入社時に妥協せざるを得なかったため(28.7%)」、「入社前の情報収集が不足していたため(23.0%)」と続きました。
 


 入社前にもっと知りたかったことでは、「実際の仕事内容に関する情報(33.7%)」が1位となりました。期待を下回ったポイントや入社前後のギャップでも、「仕事内容」に関する項目は上位に入っており、入社前に入念に情報収集をしておけば良かったと感じている新入社員が多いことがわかります。
 


 今回の調査で、新入社員は特に「仕事内容」や「実際の働き方」に関してギャップを感じていることがわかりました。ギャップが大きいほど、早期離職の可能性は高まります。企業側はこうしたギャップを新入社員に感じさせないよう、選考時から仕事の表面的な部分やポジティブな部分だけを伝えるのではなく、仕事のネガティブな要素も含め、より解像度の高い具体的な情報を提供する必要があります。

就業経験のない新卒社員は、中途入社する社員よりも仕事や職場へのギャップがどうしても発生してしまいます。そのため、入社後に期待感を醸成するような施策や、モチベーションを高めるようなフォロー施策を行うことが、早期離職を防ぐポイントとなるでしょう。


<調査概要>
調査対象:4年制大学卒業かつ2021年卒入社の社員(現社会人1年目)
調査時期:2022年2月1日~2月4日
調査方法:インターネット調査
調査会社:楽天インサイト株式会社
回答者数:300人
引用・転載時のクレジット表記:「キャリアチケット調査」


「career ticket」( https://careerticket.jp/
 2017年より開始した新卒向けキャリア支援サービス。サービス開始から二年間で就活中の学生4人に1人が登録する急拡大中のサービスです。フリーター・既卒の就活サポートのノウハウを活かし、学生にあった企業紹介からカウンセリングでの就活相談、ES添削、面接対策などのサポートを個別で徹底的にサポートします。就活対策セミナーや企業を集めた集団面接会も随時開催予定。これからの新卒就活へ新しい形を提案します。


Leverages Group
 社会の課題を解決し関係者全員の幸福を追求し続けることをミッションに、インターネットメディア人材・システムエンジニアリング・M&A・不動産の領域で国や業界をまたいだ問題解決を行なっています。2005年に創業以来、黒字経営を継続し2020年度は年商507億を突破しました。各分野のスペシャリストが集うオールインハウスの組織構成と、業界を絞らないポートフォリオ経営で、時代を代表するグローバル企業を目指します。

本社所在地: 〒150-6190 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号渋谷スクランブルスクエア24/25階
代表取締役: 岩槻知秀
資本金  : 5,000万円
設立   : 2005年4月
事業内容 :自社メディア事業、人材関連事業、システムエンジニアリング事業
      M&Aコンサルティング事業、ASP/SaaS/クラウド関連事業
URL : https://leverages.jp/


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

レバレジーズ株式会社

141フォロワー

RSS
URL
http://leverages.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号  渋谷スクランブルスクエア24F/25F
電話番号
03-5774-1632
代表者名
岩槻 知秀
上場
未上場
資本金
5000万円
設立
2005年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード