車載用プラズマクラスターイオン発生機<IG-MX15>を発売

イオン発生機で初めて(※1)「プラズマクラスターNEXT」を搭載、「車内の6大付着臭」を消臭(※2)

シャープは、高濃度のイオンを放出する「プラズマクラスターNEXT」搭載により、消臭効果の徹底強化に加え、運転者の集中力を維持しやすく、ストレスがたまりにくい運転環境をつくることも実証(※5)した車載用プラズマクラスターイオン発生機<IG-MX15>を発売します。

近年、自動車の運転に起因するさまざまな交通トラブルが増加する一方、自動運転技術の進化やIoTによるスマート化の進展により、自動車に対する生活者の意識は大きく変化しつつあり、自動車は今後単なる「移動手段」から、くつろいだりリラックスしたりできる「移動空間」へと移行していくことが予想されます。

本機は、「プラズマクラスターNEXT」により付着カビ臭の消臭スピードを約2倍以上(※6)に高めることで、毎日の買物や家族の送迎など短時間の乗車でも消臭効果を発揮します。また、長時間の乗車では汗臭や体臭(30~40代特有)など「車内の6大付着臭」の消臭に効果を発揮。「移動空間」をより快適にするとともに、運転者の集中力を維持しやすく、ストレスがたまりにくい、落ち着ける運転環境づくりをサポートします。

品名:車載用プラズマクラスターイオン発生機(カップホルダータイプ)
形名:IG-MX15(ホワイト系/ブラック系)
希望小売価格:オープン
発売日:2020年3月12日
月産台数:3,000台

■主な特長
1.カビ臭/汗臭/体臭(30~40代特有)など、「車内の6大付着臭」を消臭
2.「プラズマクラスターNEXT」搭載により、運転者の集中力を維持しやすく、ストレスがたまりにくい、落ち着ける運転環境づくりをサポート
3.車内以外の電源が無い場所でも使用可能なUSB接続に対応

※1 プラズマクラスター搭載商品において。2020年2月26日現在。
※2 約3.6立方メートルの車内相当の試験空間で、約20分~約6時間後の効果です。「ターボプラス」運転で実施。実使用空間での実証結果ではありません。詳細はリリース本文をご確認ください。
※3 プラズマクラスターロゴおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。
※4 当技術マークのイオン個数の目安は、商品を運転席横のカップホルダーに置いて、「ターボプラス」運転時にプラズマクラスター適用容積の空間中央(床上0.5m)で1立方センチメートル当たり50,000個/立方センチメートル以上です。
※5 約3.6立方メートルの車内空間でイオン発生機を運転手に向けて設置して、「ターボプラス」運転時(プラズマクラスターイオンあり、もしくは送風のみ)の運転手に対する約90分間の試験にて確認した効果です。詳細はリリース本文をご確認ください。
※6 「プラズマクラスターNEXT」と「プラズマクラスター25000」との比較。詳細はリリース本文をご確認ください。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
   ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/200226-a.html

【画像ダウンロードサービス】
https://corporate.jp.sharp/press/p200226-a.html
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. 車載用プラズマクラスターイオン発生機<IG-MX15>を発売