​さまざまな除草剤に抵抗力を持つ遺伝子組み換え作物の承認に抗議します 生活クラブ連合会がパブリックコメントを提出

遺伝子組換えダイズ及びワタの第一種使用等に関する審査結果について意見を提出しました。

農林水産省から遺伝子組換えダイズとワタの第一種使用等に関する審査結果について、意見提出が7月21日まで募集されています。生活クラブ生協連合会(本部:東京都新宿区、会員生協:33生協・1連合会、組合員数合計:約40万人)は7月14日の理事会で、農薬使用の増加につながる遺伝子組み換え作物の承認に抗議する意見を決定し、農林水産省に提出しました。提出した意見は次の通り。
「チョウ目害虫抵抗性並びに除草剤アリルオキシアルカノエート系、グリホサート及びグルホシネート耐性ダイズ」、「除草剤グリホサート及び4-ヒドロキシフェニルピルビン酸ジオキシゲナーゼ阻害型除草剤耐性ワタGHB811系統」についての意見

今回の審査の対象となっているダイズは、2,4-D(除草剤アリルオキシアルカノエート系)、グリホサート、グルホシネートに、ワタは、グリホサート、4-ヒドロキシフェニルピルビン酸ジオキシゲナーゼ阻害型除草剤といった複数の除草剤に抵抗力を持つものです。除草剤耐雑草の広がりを受けて、こういった作物が次々と承認されることに抗議します。複数の除草剤に抵抗力を持つ作物については、複数の除草剤を使用することによる生物多様性への影響を含め、より幅広い環境影響の評価を求めます。

また、ラウンドアップについてはWHOが発がん性を認めたことから、諸外国ではラウンドアップの使用を禁止する動きも出ています。また、バイエル社は6月24日、ラウンドアップの発がん性をめぐって米国で起こされた訴訟の大半について、計100億ドル(約1兆円)超の和解金を支払って決着させることで合意したと報じられています。このような有害な農薬使用による人間の健康への影響を含めた生物多様性評価を求めます。

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 生活クラブ生協連合会 >
  3. ​さまざまな除草剤に抵抗力を持つ遺伝子組み換え作物の承認に抗議します 生活クラブ連合会がパブリックコメントを提出