PPIHグループ電子マネー『majica(マジカ)』アプリ会員数が400万人突破!

~2020年はご登録者数が急増、8ヵ月間で100万人登録!~

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:吉田直樹、以下PPIH)グループは、オリジナル電子マネー『majica(マジカ)』のアプリ会員数が、400万人を突破(2020年8月末時点)しましたので、お知らせします。
『majica』は2014年3月からサービスを開始した独自の電子マネーで、PPIHグループの
ドン・キホーテ、MEGAドン・キホーテ、アピタ、ピアゴなどでご利用いただけます。会員総数は1,000万人※1を超えており、majicaアプリへお客さま情報の登録が完了されている“アプリ会員”さまにおいてもこの度、400万人を突破しました。2020年はご登録者数が急増し、8ヵ月間(1月~8月)で100万人に会員登録いただいております。

majicaをお持ちのお客さまは、チャージ時などでポイントが付与され、貯まったポイントは、1ポイント1円としてお買い物時に利用できるほか、お買い上げ総額1,001円以上のお会計時に1円単位の端数(1円~最大4円)が値引きされる「円満快計(えんまんかいけい)」※2など、様々なサービスがご利用可能です。そのほか、今年9月から開始されたマイナポイント事業にも参画しており、お申込みいただいたアプリ会員さまに通常のマイナポイント25%相当(上限5,000円分)に加え、独自特典として5%相当(上限1,000円分)がポイント付与されます。今後もお客さまに沢山の便利な機能、サービスをお届けし、更なる会員数の増加を目指していきます。
 


今後もPPIHグループは、お客さまにお買い物の「ワクワク・ドキドキ」を提供する店舗空間と
サービスの創造に努めてまいります。

※1 会員総数は、majicaアプリへお客さま情報の登録が完了されている“アプリ会員”と、majicaカード保有のみの “カード会員”を合わせた数となります。
※2 アピタ・ピアゴ店舗では実施しておりません。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PPIH >
  3. PPIHグループ電子マネー『majica(マジカ)』アプリ会員数が400万人突破!