100台のヴィンテージ ラジカセが池袋パルコにやってくる!「ラジカセ」をモノとカルチャーの両面から紹介する展覧会「大ラジカセ展」がパルコミュージアムで開催

日本発 アナログ合体家電「大ラジカセ展」2016年12月9日 - 12月 27日@パルコミュージアム

このたび株式会社パルコは、2016年12月9日(金)~12月27日(火)の期間、池袋・パルコミュージアムにて、世界中が注目する「ラジカセ」をモノとカルチャーの両面から紹介する展覧会「大ラジカセ展」を開催します。

 

Photo by harumi obamaPhoto by harumi obama


ノスタルジーだけじゃない新しさ。ラジカセとそのカルチャーを楽しむ展覧会。

「ラジカセ」。
その重くて大きな箱にはアナログの魅力がぎっしり詰まっています。
日本生まれの「ラジカセ」が日本だけでなく海外で普及した背景には、ファッションのトレンドも大きく影響しています。80'Sファッションにあわせたポップで女性向けのコンパクトなデザインのラジカセが日本では登場し、ニューヨークではビッグスケールの「ラジカセ」は、ファッションの一部としてヒップホップの象徴となりました。ポータブルでより個に近い家電の「ラジカセ」だからこそライフスタイルやファッションを反映し、そのデザインも多様になったと言われています。

カセットテープ、レコード盤とともにアナログ回帰の盛り上がりをみせている今、ノスタルジーだけではなく新たなアクセスツールとして注目されているラジカセ。また、日本ではじめてカセットテープが発売されて50年を迎え、ラジカセとあわせてカセットテープの人気も再燃しています。
若い世代には新鮮で、バブル世代には共感と体験の共有となるラジカセ。
本展では、場所も世代もボーダーレスな家電「ラジカセ」の持つ魅力を、日本随一のラジカセ・家電蒐集家 松崎順一氏がナビゲート。「ラジカセ」のデザインを紹介するだけでなく、カセットテープ、ラジオの魅力そしてその背景にあるカルチャーもあわせて紹介します。
 
  • 企画概要
■タイトル:日本発 アナログ合体家電「大ラジカセ展」

■会期:2016年12月9日(金)〜12月27日(火)
    10:00~21:00 (最終日は18:00閉場 / 入場受付は閉場の30分前まで)

■会場:パルコミュージアム (池袋パルコ 本館7F)
    東京都豊島区南池袋1-28-2 http://www.parco-art.com

■お問い合わせ:03-5391-8686(パルコミュージアム)

■入場料 : 一般500 円 学生400 円(税込)小学生以下無料

■主催:パルコ
■協力:TBSラジオ / ニッポン放送 / 文化放送 / J-WAVE / TOKYO FM
■監修:松崎順一(デザインアンダーグラウンド主宰)
■グラフィック監修:COCHAE
■企画制作:ハクション
 
  • 展示概要

 

Photo by harumi obamaPhoto by harumi obama

ラジカセ100台から究極のデザインと機能の暴走を楽しむ

メイドインジャパンのプライドが詰まった究極の合体家電「ラジカセ」はデザインと性能により世界中に広まりました。本展では日本随一の家電蒐集家、松崎順一さんの5000点にもおよぶラジカセコレクションから100台超をセレクトし展示紹介します。美しいデザインのラジカセをはじめ、テレビやキーボードなどプラス発想の暴走のような多機能ラジカセ、hiphopの象徴となった巨大なラジカセなどシンパシーを感じずにはいられないラジカセが100台以上登場します。
 
「大ラジカセ展」でモノを愛で大切にすることを再発見

音楽や書籍がデジタルコンテンツに移行していく中、アナログ回帰を楽しむ世代が増え始めています。モノとしての「カセット」のはかなさを所有することや、「ラジカセ」のごつカワイさを楽しんでもらえればと思います。本展はかつて誰かが愛用していたラジカセを展示しています。使った人の思いが伝わる100台のラジカセと約500本のカセットテープは時代の空気も記録しています。会場では実際にカセットの音とラジカセを触れることができる展示もあります。


ラジカセから派生するカルチャーを知る

「TRA SPECIAL 4」(安齋肇氏 責任編集の特別版の「TRA」) ©TRA PROJECT「TRA SPECIAL 4」(安齋肇氏 責任編集の特別版の「TRA」) ©TRA PROJECT


【カセットマガジン】
カセットテープがついた雑誌。新しい音楽や表現をカセットテープで発信していました。
本展では、フジカセットテープのノベルティとして話題になったYMOのカセットマガジン「テクノポリス」他も展示。また、1980年代のアート&ミュージックマガジンとして伝説のカセットマガジ「TRA」の全てを特別公開します!

 

映画「Wild Style」©New York Beat Films LLC映画「Wild Style」©New York Beat Films LLC

【HIPHOPとビッグスケールラジカセ】
チャーリー・エーハン監督による映画「Wild Style」は1983年に公開された史上初のヒップ・ホップムービー。この作品によりヒップホップというカルチャーを世にしらしめた金字塔的な映画です。写真にあるように映画に登場しているのは日本製のラジカセ。その後発売されたヒップホップMCたちのアルバムには日本製のラジカセが多く登場しmade in JapanのBoombox=ラジカセがヒップホップの象徴になりました。
本展では、ビッグスケールラジカセとともにレコードジャケット等も展示。映画「Wild style」のトレーラーも公開します!




 

 

 

 

カセットアート「カセットは語る」
本展ではクリエイターによるカセットコレクションおよびカセットアートを紹介します。中学生の頃から撮り溜めたカセット愛を語るみうらじゅん氏の映像、高校時代に師匠ビートたけしさんのANNを録音した大切なカセットコレクションを展示する水道橋博士氏ほか、それぞれのアプローチでカセットテープの魅力を紹介。松崎工場長セレクトのカセットラベルのデザインも登場します。
 

 

伊藤桂司×小町渉「コラボレーションカセット」©KEIJI ITO & WATARU KOMACHI伊藤桂司×小町渉「コラボレーションカセット」©KEIJI ITO & WATARU KOMACHI

[ 参加クリエイター ]
安齋肇、伊藤桂司、小町渉、水道橋博士、スージー甘金、ステレオテニス、テリー・ジョンスン、常盤響、永井博、西寺郷太(NONA REEVES)、みうらじゅん、ミック・イタヤ、三戸なつめ、峯田和伸(銀杏BOYZ)、本秀康、リッキー、和田ラヂヲ (敬称略・五十音順)
 

ラジオ+カセット=「ラジカセ」体験
カセットテープで新譜をリリースするアーティストが増えています。本展では、デジタル音源とは違うカセットの音、ラジカセ独特の操作感を体験いただけます。
また、ラジオ各局の伝説の番組の一部が聴けるコーナーが登場!タイムテーブルなどの貴重なアイテムも展示します。なりきりDJフォトスポットコーナーも!
 
  • 大ラジカセ展ショップ

カセット専門店「waltz」の店内カセット専門店「waltz」の店内

ヴィンテージラジカセや、ミュージックテープ、TOKYO CULTUART by BEAMS、diskunionの雑貨などが揃う期間限定のショップがオープン。カセット愛のつまったこだわりのお店「waltz」のミュージックテープとオリジナルトートバッグも登場します。
また、本展監修・松崎順一氏プロデュースの新作ラジカセも予約販売予定!
ナタリーストアによる展覧会を記念したスペシャルなアイテムも発売予定です。
 

展覧会オリジナル カセットメモ 540円
 

 










展覧会オリジナル クリアファイル 各324円
 

「ラジカセのデザイン!増補改訂版」(立東舎)1,944円


※価格表示は全て税込です。商品、展示内容は都合により変更になる場合がございます。
 
  • 監修者プロフィール

松崎順一 Junichi Matsuzaki
デザインアンダーグラウンド主宰・家電蒐集家・Retrofitter

幼少期より「秋葉少年」としてラジオの製作・電子工作・アマチュア無線などを趣味に家電と親しむ。
2003年に「デザインアンダーグラウンド」設立。現代のプロダクツが失った物が過去にあるとの認識で、レトロフィッターとして日々廃棄された家電を発掘し、日本のみならず世界へ古い家電を蒐集し廻り現代に蘇らせている。現在、主としてラジカセをベースとしてアナログ作品を通して未来の家電のあり方を提案している。

パスザバトン表参道店で現代をアナログ録音して未来に残す「松崎順一展TOKYO SAMPLING」の開催、「エルメス」、「コンランショップ」他におけるディスプレイ協力、NHKドラマ『メイド イン ジャパン』、朝の連続ドラマ『とと姉ちゃん』ほか多数の番組の家電に関する監修に携わる。
現在、自身がプロデュースするラジカセブランド『MY WAY』(2017年1月発売予定)を皮切りに、新しい家電を発信している。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パルコ >
  3. 100台のヴィンテージ ラジカセが池袋パルコにやってくる!「ラジカセ」をモノとカルチャーの両面から紹介する展覧会「大ラジカセ展」がパルコミュージアムで開催