消火用スプリンクラー市場、2021年から2026年まで緩やかな成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「消火散水装置市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会および予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を8月10日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc999676-fire-sprinklers-market-global-industry-trends.html


市場の概要
消火用スプリンクラー市場は、2020年に107億米ドルの規模に達しました。消火用スプリンクラーシステムは、壁や天井に設置された給水・配水配管システムで構成されています。火災発生時にスプリンクラーヘッドが作動温度に達すると作動し、高圧の水を炎に吹き付けて消火します。近年、このシステムは、住宅、交通機関、医療機関などの分野で人気を集めています。また、様々な保険会社がこれらのシステムの導入に奨励金を出しているため、世界的に販売が拡大しています。今後5年間、消火用スプリンクラー市場は緩やかな成長を遂げると予想されています。

市場動向及び成長要因
石油・ガス、鉱業、石油化学などの産業は、可燃性物質を定期的に取り扱うため、火災事故が発生しやすいです。火災事故では人命や財産が失われることが多いため、過去数年間でこれらのスプリンクラーシステムの設置率が上昇しています。さらに、メーカーは絶えず製品を改良し、水の浪費を最小限に抑えた高性能なシステムを導入しています。例えば、HI-FOG技術は、従来のスプリンクラーシステムよりも比較的少ない水量で、炎を効果的に冷却し、局所的に酸素を追い出すことができます。また、メーカーは、熱放射技術を用いて火災を検知する高性能な自動システムを導入しています。さらに、世界各国の政府は、公共施設や民間施設での消火用スプリンクラーの設置に厳しい規制を課しています。例えば、インドのNational Building Codeでは、自動スプリンクラーシステム、消火器、散水装置の設置が義務付けられています。同様に、米国のNFPA「Building Construction and Safety Code」では、1世帯および2世帯住宅での家庭用スプリンクラーの設置が義務付けられています。その他、市場を牽引している主な要因としては、建設・不動産分野の成長、技術の進歩、環境への配慮などが挙げられます。

主要な市場区分
製品タイプ別の市場構成
湿式パイプ式スプリンクラー
乾式スプリンクラー
デルジュシステム
プリアクションシステム
その他

サービス別の市場構成
エンジニアリングサービス
設置工事
設計 メンテナンス
点検
マネージドサービス
その他

コンポーネント別の市場構成
ストップバルブ
アラームバルブ
ファイヤースプリンクラーヘッド
アラームテストバルブ
電動式警報ベル

アプリケーション別の市場構成
商業用アプリケーション
住宅用アプリケーション
産業用アプリケーション

技術別の市場構成
アクティブ・ファイア・プロテクション
パッシブ・ファイア・プロテクション

地域別の市場区分
北アメリカ
アジア太平洋地域
ヨーロッパ
中近東・アフリカ
ラテンアメリカ

市場の競合状況
消火用スプリンクラー市場における主要な企業としては、Honeywell International、Johnson Controls、Minimax GmbH & Co. KG、API Group Inc.、United Technologies Corporation、Robert Bosch GmbH、Hochiki Corporation、VT MAK、Siemens AGなどが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc999676-fire-sprinklers-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. 消火用スプリンクラー市場、2021年から2026年まで緩やかな成長見込み