~夏休みの帰省時に見つかるかも?~ お酒買取JOYLABが「売れるお酒」とポイントを巣ごもり需要データから発表

1位 ウィスキー、2位 ワイン、3位 ブランデー

BEENOS株式会社(東証プライム 3328)の連結子会社で、酒類の買取・EC 販売を行う JOYLAB 株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:太田圭亮、以下:JOYLAB)は、コロナ禍以降の2020年2月から2022年7月までのデータをもとに、ご自宅に眠っている可能性が高く、意外な高値買取が期待できるお酒のランキングを発表いたします。(※1)
本ランキングを発表することで長期休み・お盆の帰省に伴うご自宅やご実家のお片付けの際に、貴重な資源を無駄にせず次に必要な方につなげるお得な情報としてご活用いただくことを目指します。


●JOYLAB リアルタイム買取価格表: https://joylab.jp/assessment-table/
 
  • コロナ禍以降のお酒買取ランキング
 コロナ禍による外出自粛の本格化した2020年2月以降、巣ごもり需要によりお酒の買取が増加しました。現在は巣ごもりに伴う断捨離需要は一時期よりも落ち着いてきましたが、コロナ禍以降の価値観の変化が浸透し、ご自宅のお片付けやコレクションの見直しなどによるお酒買取需要は継続しています。
8月は長期休みやお盆休みでご実家やご自宅のお片付けに取り掛かる方も多いシーズンです。そこで、2020年2月~2022年7月までの期間でJOYLABを初めてご利用された個人のお客様の買取データを基に、お買取の多かったお酒の種類のランキングと、高値買取が期待できる銘柄について発表します。

【お酒買取本数ランキング】1位 ウィスキー、2位 ワイン、3位 ブランデー


 
◆お買取の多い銘柄と買取相場
1位 ウィスキー
 ウィスキーのような洋酒は、昔は「高級品」の位置づけでした。そのため、海外旅行のお土産やお中元・お歳暮等の贈答品が未開封で保管したままになっている場合があります。ウィスキーはアルコール度数も高いため、数十年前のお酒でも保存状態が良く、ある程度の金額でのお買取が期待できます。
また、ジャパニーズウィスキーの人気高騰の影響から、数年前は量販店で購入できた銘柄だったとしても、購入金額を超える買取額が付く可能性もあります。
【買取本数の多い銘柄】


ジャパニーズウィスキーブームで代表的な銘柄のお買取が多くなっています。年代・保存状態等にも左右されますが、高い人気を誇る山崎・響・白州はノンヴィンテージでも10,000円前後の買取価格が期待できます。
【ウィスキーの最新買取価格はこちら】https://joylab.jp/assessment-table/#tbl_2

2位 ワイン
 コレクション性があり、人気の高いワイン。1位のウィスキーに比べアルコール度数が低く保管が難しいですが、過去のコレクション整理のため買取を利用される方が増えています。
またワインは古い=高級なイメージがありますが、生産地の猛暑による不作などが原因で、新しい年代のワインであっても買取価格が上昇している場合があります。
【買取本数の多い銘柄】


 
 高級ワインの代名詞であるロマネコンティや、ロマネコンティと同じ醸造所によるラターシュは人気・評価ともに高く、年代と状態によっては数10万円以上の高価買取が期待できます。カリフォルニアワイン代名詞オーパスワンは36,000円の買取価格(2022年8月2日現在)です。ワインは大勢で集まった時に飲むことの多いお酒ですが、なかなか会食などの難しい現在、しばらく飲む機会のない方はお買取を検討するには十分な価格ではないでしょうか。
【ワインの最新買取価格はこちら】https://joylab.jp/assessment-table/#tbl_1

3位 ブランデー
 高級酒の代名詞といえるブランデー。1位のウィスキーと同様に、以前は海外旅行のお土産、贈答品の定番でした。そのため、いただいたブランデーを「いつか大事な時に飲もう」と長い間未開封で保管したままになっている場合があります。アルコール度数が高く、長期保存でも品質が劣化しにくいので、思わぬ高値が付く場合もあります。
【買取本数の多い銘柄】


 年代、状態にも左右されますが、高級ブランデーの定番、ヘネシーXOは10,000円の買取価格がつくことも。瓶の形が特徴的なレミーマルタンも「昔もらったお酒」の代表格です。とびぬけて買取価格が上がるにはルイ13世です。それ以外のシリーズでは1,000円台~数万円と買取価格の幅が広いですが、何年も飲まずに保管していたお酒がある程度の金額で売れるのであれば、買取を検討してもお得だといえます。
【ブランデーの最新買取価格はこちら】https://joylab.jp/assessment-table/#tbl_2

 
  • 巣ごもり需要中の買取事例
60代男性
家の中での時間が非常に増えた為、趣味の旅行に行けないこともあり積極的に家電や家具の買い替えをしていた。古い家具など粗大ゴミ等まとめて処分を試み、実家の倉庫を数十年ぶりに開け整理した際、食器、着物、結婚式の引き出物などを処分進めている中、記念硬貨などと一緒にお酒を発見し買取に出した。
もらいもののお酒が、1本60万円で売却できた。

60代男性
ワインが好きで集めていたが、コロナ禍で家にいることが多くなり、断捨離も兼ねてセラーの整理のため売却を決意。数万円で購入したワインが40万円の値段が付いた。

40代男性
若いころに購入して飲むタイミングが無くずっと保管していたお酒を売却。
20代前半くらいで購入したため購入時の金額は不明だったが、買取金額は倍以上になった

 
  • 【JOYLABの買取方法】
まずはいくらになるのか知りたい・・・
LINE査定&LINE宅配買取(https://joylab.jp/assessment/line/
  
まとめて買取してほしい・・・
出張買取(https://joylab.jp/purchase/business-trip/)
お電話、LINE査定、オンライン査定で事前査定後、ご自宅に訪問し本査定、お買取を行います。
※お品物の内容や本数、場所によって対応できない場合もございます。

対面で納得して手放したい・・・
店舗買取(https://joylab.jp/shop/)
北海道、東京、神奈川、大阪、京都、愛知、福岡の全国7都道府県16か所にある店舗でお買取を行います。



(※1)ランキング概要
集計期間:2020年2月~2022年7月
対象:期間内にJOYLABを初めて利用された個人のお客様からお買取したお酒の本数

■JOYLAB の特徴
・買取したお酒の販路の一つであるヤフオク!では、7 年連続ベストストア賞を受賞しています。
・有名なお酒だけでなく、すべてのお酒を査定のプロにより 1 本から大量在庫までしっかりと査定します。
・お酒買取専門店で豊富な知識を持ち合わせているので、総合買取店よりもスピーディかつ適正価格で査定・買取を行います。

■JOYLAB 株式会社の概要
(1)社 名 :JOYLAB 株式会社
(2)代 表 者 : 代表取締役社長 太田圭亮
(3)本 店 所 在 地 : 大阪府大阪市中央区松屋町 7-16
(4)設 立 年 月 : 1985 年 12 月 25 日
(5)資 本 金 : 10 百万円
※BEENOS 株式会社(東証プライム:3328)の連結子会社です。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BEENOS株式会社 >
  3. ~夏休みの帰省時に見つかるかも?~ お酒買取JOYLABが「売れるお酒」とポイントを巣ごもり需要データから発表