プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

アデコ株式会社
会社概要

6割以上が勤務先の人事評価制度に不満、約8割が評価制度を見直す必要性を感じている

– 働く人の「人事評価制度」に関する意識調査 –

アデコ

アデコは、20代~60代の働く人を対象に「人事評価制度」に関するアンケート調査を実施しました。
・6割以上が、勤務先の人事評価制度に不満をもち、その理由は「評価基準が不明確」が最多
・約8割が、勤務先の人事評価制度の見直しが必要と考えている
・評価者(上司)の約8割が、自分の評価は適切と自負している
・自身の評価行為に自信がない評価者(上司)の半数が、「数値化しにくい業務」に難しさを感じている
世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、20代~60代の働く人を対象に「人事評価制度」に関するアンケート調査を実施しました。
*1:Staffing Industry Analysts 2017、人財サービス企業売上ランキングより

<調査内容サマリー>
・6割以上が、勤務先の人事評価制度に不満をもち、その理由は「評価基準が不明確」が最多
・約8割が、勤務先の人事評価制度の見直しが必要と考えている
・評価者(上司)の約8割が、自分の評価は適切と自負している
・自身の評価行為に自信がない評価者(上司)の半数が、「数値化しにくい業務」に難しさを感じている

<調査結果詳細>
(1)会社に人事評価制度に62.3%が不満をもち、「満足」はわずか4.4%にとどまる

現在の人事評価制度への満足度を聞いたところ、「満足」と「どちらかというと満足」の合計が37.7%、「どちらかというと不満」と「不満」の合計が62.3%。勤務先の評価制度に不満を持つ人が、6割以上にのぼった。また、評価者と被評価者に区分して集計したところ、評価者では「満足」と「どちらかというと満足」の合計が41.0%、被評価者のそれらの合計が35.7%となり、
大きな差はみられなかった。

Q. あなたはお勤め先の人事評価制度に満足していますか。(単一選択)Q. あなたはお勤め先の人事評価制度に満足していますか。(単一選択)

(2)不満の理由は、「評価基準が不明確」が最多、「評価者の価値観や経験による不公平感がある」など

人事評価制度への不満の理由は、「評価基準が不明確」がもっとも多く(62.8%)、それ以外の項目を大きく上回っている。次いで「評価者の価値観や業務経験によって評価にばらつきが出て、不公平だと感じる」(45.2%)、「評価結果のフィードバック、説明が不十分、もしくはそれらの仕組みがない」(28.1%)となった。

Q. 人事評価制度に不満を感じる理由を教えてください。(複数選択)Q. 人事評価制度に不満を感じる理由を教えてください。(複数選択)


(3)約8割が、勤務先の人事評価制度を見直す必要があると考えている

人事評価制度の見直しが必要であるかという質問に対しては、「見直す必要がある」が77.6%となり、「必要がない」22.4%を大きく上回る結果となった。人事評価制度に取り入れて欲しいことは「部下が上司を査定する制度」、「個人名を非公開にした、人事評価の開示により、自分の評価が全社のなかでどのレベルであるか認識できる仕組み」などといった内容が自由回答で得られた。
 

Q. 勤務先の人事評価制度を見直す必要があると思いますか。(単一選択)Q. 勤務先の人事評価制度を見直す必要があると思いますか。(単一選択)

(4)評価者(上司)の約8割が、自分の部下への評価は適切と自負している

部下やメンバーを評価する立場にある評価者を対象に、自分が適切に人事評価を行えているかを質問したところ、「そう思う」と「どちらかというとそう思う」の合計が77.8%と8割近い人が自分の評価が適切であると回答した。しかし、「そう思う」のみでは、16.8%と2割未満にとどまり、自信をもって「適切」といいきれる評価者は限られていることがわかった。

Q. 自分が適切に評価を行えていると思いますか。(単一選択)Q. 自分が適切に評価を行えていると思いますか。(単一選択)


(5)評価に自信がない評価者(上司)の半数が、「数値化しにくい業務への評価がしにくい」と回答

前問で「どちらかというとそう思わない」または「そう思わない」と回答した評価者を対象に、その理由を聞いたところ「数値評価しにくい業務への評価がしにくい」、「評価基準があいまいなため、適切に評価できない」、「相対評価になってしまう」の3つの項目が他の項目を大きく上回った。

Q. 評価が適切にできていないとお答えになった理由を教えてください。(複数選択)Q. 評価が適切にできていないとお答えになった理由を教えてください。(複数選択)

【調査概要】
調査期間:2018年2月7日(水)~2018年2月12日(月)
有効回答:1532人(全体) *各項目に回答者数を記載
調査方法:インターネット調査(日経BPコンサルティング調べ)
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
http://www.adecco.co.jp
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

アデコ株式会社

57フォロワー

RSS
URL
https://www.adeccogroup.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都千代田区霞が関3-7-1 霞が関東急ビル
電話番号
050-2000-7024
代表者名
川崎健一郎
上場
海外市場
資本金
55億6000万円
設立
1985年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード