2019年2月1日「Shake Shack茶屋町店」がOPEN!

店舗限定コンクリート「チャヤマチモカ」が登場。

株式会社サザビーリーグ(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷/代表取締役社長 角田良太)は、ニューヨーク発のハンバーガー
レストラン「Shake Shack®」(以下、シェイクシャック)は、関西エリア2店舗目となる「シェイクシャック 茶屋町店」を2019年2月1日(金)にオープンいたします。

 
シェイクシャックは上質な素材、高いホスピタリティ、スタイリッシュな店装にこだわりながら手ごろな価格で提供する「ファインカジュアル」のレストランとして世界中で知られています。素材の質と安全にこだわったメニューは、ホルモン剤を使用せず育てられた100%ナチュラルのアンガスビーフを使ったハンバーガーやホットドッグ、毎朝店舗で作っているフローズンカスタード(アイス)、バーガーに合うこだわりのオリジナルビールやワインなどを提供しています。また、店舗の一つ一つが「コミュニティーギャザリングプレイス」(地域の人々が気軽に集う場所)となるよう、地域の特性に合わせた店舗づくりに取り組んでいます。
 


  「シェイクシャック 茶屋町店」は2フロアで構成されており、入店してすぐに大きな階段があるのが特徴です。そのため、店舗デザインは"LOOK UP"というコンセプトといたしました。"LOOK UP"には「見上げる」という意味だけではなく、「よくなる、上向く」という、明るくポジティブな要素が込められています。階段エリアにある高さと幅が共に6メートルほどある広い壁面には、シェイクシャックのイメージやインタラクティブなビジュアルを投影してブランドの世界観を表現すると共に、1階と2階を結んだダイナミックな空間設計をしています。現代的なデザインとヒノキや杉といった日本古来の素材が組み合わさり調和することで、居心地の良さやリラックスした雰囲気でご利用していただけます。
 

 

チャヤマチモカ、ストロベリーバナナクランチ、セサミオシャカ。チャヤマチモカ、ストロベリーバナナクランチ、セサミオシャカ。

 今回のオープンに伴い、コンクリート(フレッシュなフローズンカスタードとトッピングを高速スピンで混ぜ合わせたオリジナルアイス)に茶屋町店限定の「チャヤマチモカ」が登場。濃厚なチョコレート味のフローズンカスタードにコーヒーキャラメルソースとトッピングを合わせ、ビター&スイートなモカの味わいが楽しめるアイスに仕上がっています。街の雰囲気に合わせたスタイリッシュで落ち着いた雰囲気のある茶屋町店で、お食事やティータイムをお楽しみください。また、梅田芸術劇場が近いので観劇の際にはお持ち帰りもお勧めです。

 
  • 店舗情報

 

●シェイクシャック 茶屋町店
所在地: 大阪府大阪市北区茶屋町15-22
           アーバンテラス茶屋町(Gビル梅田01)
営業時間: 11:00 ~ 10:00 (21:30 LO)
席数: 1階 52席 / 2階 85席
電話番号: 06-6467-8768


 

 

●Chayamachi Mocha (チャヤマチモカ)【茶屋町店限定コンクリート&寄付対象】

茶屋町店限定コンクリート、チャヤマチモカの売上の5%はチャリティーパートナーに寄付されます。茶屋町店限定コンクリート、チャヤマチモカの売上の5%はチャリティーパートナーに寄付されます。

茶屋町はオシャレなファッションビルやカフェが数多く並ぶ若者に人気のエリアです。この街に集う都会的でスタイリッシュな人々をイメージし、濃厚なチョコレート味のフローズンカスタードにコーヒーキャメルソースを合わせ、更にチョコレートチャンクとスプリンクルをトッピング。スイート&ビターなモカの味わいが楽しめる茶屋町店限定コンクリートを開発いたしました。また、コーヒーキャメルソースを使うコンクリートは日本初となります。

 


「チャヤマチモカ」
Small 490円(税別)、Regular 660円(税別)



 
  • チャリティパートナーについて
シェイクシャック 茶屋町店は、*Stand For Something Good™ というブランドミッションのもと、「チャヤマチモカ」の売上の5%を、誰もが「暮らしやすい地域」「働きやすい職場」「活躍できる社会」をめざして活動を行っている*一般財団法人ダイバーシティ研究所に寄付いたします。

●Stand For Something Good ™ とは
シェイクシャックが組織と運営のあらゆる場面において最も大切にしているブランドミッションです。「シェイクシャックに関わるあらゆる方々や企業、地域のために我々ができることを」という理念のもと、安心・安全な食材の調達、地球環境に優しい店舗デザインを採用。さらに、店舗内はもちろん、店舗の壁を越えた周りのコミュニティーまでホスピタリティを広げたいという思いから、地域で文化的・教育的な取り組みを行う方々やNPO団体と連携し、売上げの一部をNPO団体に寄付してコミュニティーを支えるなど、さまざまな活動を行っています。

●一般財団法人ダイバーシティ研究所とは
ダイバーシティを「構成員のひとりひとりが『よりよい明日』をめざして活躍できる地域と組織のありよう」と定義し、「人の多様性に配慮した組織や地域社会づくり」を支援する非営利民間団体です。(http://diversityjapan.jp/

 
  • ​シェイクシャックについて
ニューヨーク発、新しいスタイルのハンバーガーレストランとして知られるシェイクシャックは、ホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のハンバーガー、ホットドッグ、フローズンカスタード、フレンチフライや、オリジナルのビール、ワインなどを提供しています。

 シェイクシャックは、レストラン業界の巨人と称されるユニオン・スクエア・ホスピタリティ・グループの創業者ダニー・マイヤーが、2001年にマディソンスクエアパークの再生を目的としたアートイベントに慈善活動として小さなホットドッグカートを出店したことから始まりました。3年間夏季限定で出店したカートには連日行列ができ、人々が再び公園に集まるきっかけを作った功績はニューヨーク市に認められ、2004年に1号店となる常設店を公園内にオープンするにいたりました。その後アメリカ15以上の州とコロンビア特別区、ロンドン、イスタンブール、ドバイ、モスクワ、カンナムを含む海外のさまざまなロケーションに店舗をオープンしています。

 「モダンなバーガースタンド」をコンセプトに、ルーツである高級レストラングループのホスピタリティとハイクオリティな食事へのこだわりを継承しながら、新鮮でシンプルかつ手ごろな価格のメニューをご用意。楽しくてワクワクする、地域の人々が気軽に集う“コミュニティーギャザリングプレイス”として幅広い人々に愛されています。 また、レストラン業界において

「ファインカジュアル」という新しいカテゴリを築いたパイオニアとしても知られています。さらに、Stand For Something Good™ というブランドミッションのもと、高品質で安心・安全な食材の調達や地球環境に優しいデザインを採用。そして店舗内はもちろん、店舗の壁を越えた周りのエリアまでホスピタリティを広げたいという思いから地域コミュニティーのサポートを行うなど、レストランの枠組みに捉われないさまざまな活動を行っています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サザビーリーグ アイビーカンパニー >
  3. 2019年2月1日「Shake Shack茶屋町店」がOPEN!