元宝塚歌劇団・星組トップの柚希礼音が「名古屋行き最終列車2019」に初主演!舞台で鍛えたアクションをフル活用してオール名古屋ロケで大奮闘

メ~テレ(名古屋テレビ)では、地元を舞台にした自社制作の人気ドラマ「名古屋行き最終列車」の第7弾を、
2019年1月14日(月・祝)の深夜0時25分から放送します。
2012年に始まり、今回の新作で第7弾となる「名古屋行き最終列車」。
名古屋鉄道の最終列車を舞台に、様々な人々の人生の悲喜こもごもをコメディタッチで描くこのドラマ。
地元ロケにこだわった撮影で、名古屋を中心とした多くの身近なロケ地が毎回話題です。
地上波ではメ~テレで放送。ひかりTVでは高精細の4K配信も実施します。
毎回豪華な出演者が話題の名古屋の冬の名物番組です。前回に引き続き、主人公が各回変わるオムニバス形式の全10回の連続ドラマとしてお届けします。
そのオムニバスの物語の1つが柚希礼音さん主演の回。
日頃は主に舞台で大活躍している柚希さん、今回ドラマ出演に至った理由と感想は?

青果市場での柚希礼音さん青果市場での柚希礼音さん

 

 

≪柚希礼音コメント≫
「名古屋は宝塚時代に年に1度、1か月間舞台で訪れておりまして、とても縁ある場所だったのですが、退団後はあまり機会が無く、寂しく思っていました。そんな時、メ~テレさんから声をかけていただき、嬉しくて参加させてもらいました。物語の内容も一から一緒に考えましょうと提案いただき、やり取りしながら作っていきました。舞台でやっていたアクションシーンを入れたいという私の要望も取り込んでくれまして、アクションシーンの練習も行いました。アクション監督さんには「いままで教えたすべての女優さんの中でナンバー1」と言われ自信になりました。ずっとやっていたいと思うくらいアクションの練習は面白かったです。あと、監督が私の大声が好きということで大声のシーンが多かったのですが、「ホントに大声を出すと近所迷惑になるので大声過ぎても困ります」と言われて、小さめに大声を出すというのも面白かったです。
短い撮影期間でしたが、可愛くて、優しくて、それでいて泣けて、スカッとするドラマが出来上がったと思っています。ぜひご覧いただきたくお願いします」

<番組概要>
■タイトル:メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2019」
■出演:柚希礼音、野澤しおり、飯田基祐ほか
■脚本:菊原 共基
■放送日時:2019年1月14日(月・祝)深夜0時25分スタート
 毎週月曜深夜0:25~0:55  (柚希礼音さん出演回は放送1週間前に告知)
■放送回数:全10話
■放送エリア:・ 東海3県(愛知・岐阜・三重)
  ・ ひかりTVにて4K配信       ※詳しくは番組ホームページへ
■番組公式ホームページ:https://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2019/
■番組公式ツイッター:https://twitter.com/nagoyatv_dram




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メ~テレ >
  3. 元宝塚歌劇団・星組トップの柚希礼音が「名古屋行き最終列車2019」に初主演!舞台で鍛えたアクションをフル活用してオール名古屋ロケで大奮闘