「BCN AWARD 2022」ソフトウェア24部門中 3部門で、最優秀賞を受賞

 ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階 代表取締役社長:小嶋 智彰)は、
株式会社BCNが主催する「BCN AWARD 2022」において、ソフトウェア24部門中、「トレーニングソフト」、「文書管理ソフト」、「葉書・毛筆ソフト」の3部門で最優秀賞を受賞いたしました。同アワードは、BCN社が集計する全国の主要家電量販店、パソコン専門店、ネットショップの実売データもとに、年間販売数累計第1位のメーカーを表彰する制度です。

【 各受賞部門の弊社の代表的な製品 】
< トレーニングソフト部門 > 21年連続22回目の受賞
・「特打」シリーズ:タッチタイピングを楽しみながら身につけられます。
https://www.sourcenext.com/product/toku-uchi/

< 文書管理ソフト部門 > 19年連続19回目の受賞
・「いきなりPDF」シリーズ:PDFの作成・組み替え・変換・編集・抽出が簡単、スピーディに行なえます。
https://www.sourcenext.com/product/pdf/

・「読取革命」:紙の書類を編集できる電子データに変換できます。
https://www.sourcenext.com/product/pc/use/pc_use_003021/

< 葉書・毛筆ソフト部門 > 23年連続23回目の受賞
・「筆まめ」:年賀状ソフト最多のデザイン・イラストを45万点収録し、はがきや住所録を簡単に作成できます。
https://www.sourcenext.com/product/fudemame/

・「筆王」:素材や編集機能が充実し、写真のレイアウトや切り抜き、合成などが簡単に行なえます。
https://www.sourcenext.com/product/fudeoh

・「宛名職人」:Mac用の年賀状作成ソフトとして、まるでMacの一部であるかのように操作できます。https://www.sourcenext.com/product/atenasyokunin/

 弊社は今後も、「次の、うれしい♪」を合い言葉に、お客様に喜ばれる製品を次々とお届けしてまいります。

【 「BCN AWARD」について 】
 「BCN AWARD」は、「BCN AWARD」は、全国の量販店のPOSデータを日次で収集・集計した「BCNランキング」に基づき、パソコン関連・デジタル家電関連製品の年間(1月~12月)販売台数第1位のベンダーの功績を讃える賞です。「BCN AWARD 2022」の集計対象は、24社/2,643店舗。受賞社の決定にあたっては、5名の有識者からなる認証委員会を設置し、委員会の認証を経る公正な評価システムを導入しています。(集計対象社は、当社と販売店との間でデータ提供契約を締結している法人数をカウントしています。また、店舗数は新規出店/統廃合などにより若干変動いたします。)

< 実売データ提供販売店 > (50音順)
アマゾン ジャパン(Amazon.co.jp)、エクスプライス(XPRICE)、エディオン(エディオン)、NTTレゾナント(NTT-X Store)、ケーズホールディングス(ケーズデンキ)、コジマ(コジマ)、サードウェーブ(ドスパラ)、サンキュー(100満ボルト)、上新電機(上新電機)、スタート(onHOME)、ストリーム(ECカレント)、ソフマップ(ソフマップ)、ZOA(ZOA)、ナニワ商会(カメラのナニワ)、ビックカメラ(ビックカメラ)、ピーシーデポコーポレーション(PC DEPOT)、Project White(TSUKUMO)、ベスト電器(ベスト電器)、三星カメラ(三星カメラ)、ムラウチドットコム(ムラウチドットコム)、ユニットコム(パソコン工房、Faith、TWO TOP、FreeT、グッドウィル)、ラオックス(ラオックス)、楽天(楽天ブックス)、綿半ドットコム(PCボンバー)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソースネクスト株式会社 >
  3. 「BCN AWARD 2022」ソフトウェア24部門中 3部門で、最優秀賞を受賞