ウェブ経由による情報漏えい対策サービス“Security Gate for Proxy”および“GUARDIANWALL WebFilter Ver 1.4”を提供開始

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、「GUARDIANWALL(ガーディアンウォール)」シリーズのウェブ経由による情報漏えい対策サービスとして、新たに展開するクラウドサービス“Security Gate for Proxy”と、オンプレミス向けソリューションの新バージョン“GUARDIANWALL WebFilter Ver 1.4”を2019年5月8日より提供開始します。


 国内では、2018年より本格化した常時SSL化の広まりにより、ウェブ通信の暗号化が一般的になり、盗聴や改ざんの防止といった安全性が享受できるようになりました。一方、情報漏えい抑止や安全なウェブサイトの閲覧といったセキュリティの確保のために実施するURLフィルタリングや外部送信データの検査は、暗号化された通信においては通信速度が低下してしまう課題がありました。

 「GUARDIANWALL」シリーズは、標的型サイバー攻撃などの脅威や、ウェブなどを通じて外部へ送信される情報の検査により、情報漏えいを防ぐセキュリティソリューションです。
新サービスは、新たに展開するクラウドサービス“Security Gate for Proxy”と、オンプレミス向けソリューションの新バージョン“GUARDIANWALL WebFilter Ver 1.4”として提供します。

 キヤノンMJ独自の言語解析技術を生かしたフィルタリング機能を拡張し、新たに改正個人情報保護法、新元号に対応した検査機能を備え、運転免許書番号や住民票コードなど、個人情報のキーワードを含む通信を制限します。さらに、検査機能のパフォーマンスを向上しており、従来に比べて(※1)SSLデコード処理は約2倍、検査(テキスト抽出処理)機能は約10倍の高速化を実現しています。強度な情報漏えい対策を施しながらウェブ利用の利便性を向上しています。
 
製品名 価格(税別) 提供開始日
Security Gate for Proxy 30万円/月(500モデル※2)~※3 2019年5月8日
GUARDIANWALL WebFilter Ver1.4 15万円/年(25ユーザー)〜 2019年5月8日

※1 「GUARDIANWALL WebFilter Ver1.3」と比較。一定の負荷をかけたときの処理数の比較で、最大パフォーマンスの比較ではありません。
※2 251~750ユーザー程度。
※3 初期費用(20万円(税別))が別途必要となります。

<“Security Gate for Proxy”概要図>


<“Security Gate for Proxy”の主な特長>
・「GUARDIANWALL WebFilter」利用したクラウドサービス
・情報漏えい対策に必要なフィルタリング(ポリシー含む)が設定済みですぐに利用可能
・ユーザー規模やログ保存期間によるサービス利用料課金となり、利用モデルのユーザー数レンジであればユーザー数の増減による追加料金は不要

<主な共通特長>
・SSLデコード処理は従来比(※3)約2倍高速化
・検査(テキスト抽出処理)機能は従来比(※3)約10倍高速化
・改正個人情報保護法、新元号に対応した個人情報検査機能の拡張(特許取得済み)
 パスポート番号、運転免許書番号、住民票コード、基礎年金番号、傷病名などに対応
・ウェブサイト網羅率99.9%を達成しており(※4)、カテゴリーのURL情報をリアルタイムに更新し、運用者の負担の軽減を実現
・キヤノンMJ独自の言語解析技術(個人情報検査、特許取得済み)を活かしたコンテンツフィルタリング機能により指定したキーワード含む通信を制限
・ウェブサービスの種別だけでなくインターネットを利用した情報の出入り(キーワード)を制御し、企業内のセキュリティ―ポリシーに沿った柔軟なルール設定により、業務外のウェブ利用を制御可能

※3 「GUARDIANWALL WebFilter Ver1.3」と比較。一定の負荷をかけたときの処理数の比較で、最大パフォーマンスの比較ではありません。
※4 2019年2月、当社調べ

*ニュースリリース
 https://canon.jp/newsrelease/2019-04/pr-guardianwall.html
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンMJ >
  3. ウェブ経由による情報漏えい対策サービス“Security Gate for Proxy”および“GUARDIANWALL WebFilter Ver 1.4”を提供開始