全世界の学生を対象とした国際マンガコンテストを開催 ― 集英社、KADOKAWAほか協賛各社のメディアで作品発表のチャンスも ―

​セルシスは、全世界の学生を対象としたマンガコンテスト「国際コミック・マンガスクールコンテスト2020」を開催し、「約束」をテーマとしたマンガ・イラスト作品を募集いたします。2020年1月9日(木)より応募受付を開始します。
集英社、KADOKAWA、Wacomの3社に特別協賛社として、その他、国内外の6社に協賛社として参画いただき、受賞作品は各社のメディアで作品発表のチャンスもあります。また、課題のネームを元に作画を行う作画部門をはじめ、Webtoon部門、モノクロマンガ部門、バンド・デシネ部門などマンガ関連の募集部門を増設し、前回より規模を拡大して開催いたします。

国際コミック・マンガスクールコンテスト2020
https://www.clipstudio.net/promotion/comiccontest/ja/

国際コミック・マンガスクールコンテストは、2018年にヨーロッパ地域を対象としたコンテストとして始まり、次回が3回目の開催となります。本年は、67の国・地域の639校からの参加校登録と合計1,400点を超える力のこもった作品の応募がありました。本コンテストは、マンガのセリフの言語を問わず応募できるため、幅広い国・地域から多様な作品の応募が期待できます。

審査員としてマンガ編集者として集英社で幅広い作品を担当し16年の経験をもつ平塚 修一氏、「BATGIRL」「FIGHT CLUB 2」の作画を担当したCameron Stewart氏、他2名の審査員にご参画いただき、国や地域を越えた魅力のある作品を入賞作品として選考していただきます。プロクリエイター、協賛各社より受賞作品に対して詳しい講評をいただき、受賞者はもちろん作品と講評を読んだ方のスキルアップにもつながるコンテストです。

マンガ関連の部門賞受賞作品はより多くの方に楽しんでいただけるよう、セリフを日本語、英語、中国語(繁体字)、韓国語、フランス語、スペイン語およびドイツ語の各言語に翻訳して発表予定です。

セルシスでは、今後も作品発表の場やツール、サービスの提供を通して、グラフィック分野のクリエイターを支援する活動を行ってまいります。

【国際コミック・マンガスクールコンテスト2020開催概要】
▼募集作品

以下の6部門の作品を募集します。
●オリジナルコミック部門(カラー)
ページ数 8~16ページ(表紙を含む)の全年齢対象のオリジナルカラーコミック。アメリカンスタイルのコミックなどはこちらのカテゴリです。

●オリジナルマンガ部門(モノクロ)
ページ数 8~16ページ(表紙を含む)の全年齢対象のオリジナルモノクロマンガ。日本スタイルのマンガなどはこちらのカテゴリです。

●オリジナルバンド・デシネ部門(カラー)
ページ数 8~16ページ(表紙を含む)の全年齢対象のオリジナルバンド・デシネ。

●オリジナルWebtoon部門(カラー)
幅 690 x 高さ 16,000 pixelの全年齢対象のオリジナルWebtoon。

●作画部門
課題のネームにそって作画した8ページのモノクロマンガ、または幅 690 x 高さ16,000pixelのWebtoon(カラー)。課題のネームのアレンジも可。
*課題ネームは後日、公開予定です。

●イラスト部門
全年齢対象のオリジナルカラーイラスト、サイズの指定はありません。

▼作品テーマ
「約束」 (全部門共通)

▼スケジュール
参加校登録:2020年1月9日(木)~4月20日(月)18:00 (日本時間)
作品募集:2020年1月9日(木)~4月27日(月)18:00 (日本時間)
審査結果発表:2020年7月上旬予定

▼応募方法
2020年1月9日(木)より応募受付開始予定
応募には学校の先生による参加校登録が必要です。作品の応募には参加校登録により発行される応募用の学校IDが必要です。
応募方法の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.clipstudio.net/promotion/comiccontest/ja/

▼賞・賞金
コミック / マンガ / バンド・デシネ / Webtoon 各部門
・総合グランプリ 1名
賞金 3,300 USD (360,000円)
Wacom Cintiq 16
CLIP STUDIO PAINT EX


・部門賞 各1名
賞金 2,200 USD (240,000円)
Wacom Cintiq 16
CLIP STUDIO PAINT EX


・入賞 各3~5名
CLIP STUDIO PAINT EX


作画部門
・グランプリ1名
賞金 2,200 USD (240,000円)
Wacom Cintiq 16
CLIP STUDIO PAINT EX


・入賞 各3~5名
CLIP STUDIO PAINT EX


イラスト部門
・グランプリ1名
賞金 550 USD (60,000円)
Wacom Cintiq 16
CLIP STUDIO PAINT PRO

 


・入賞 各3~5名
CLIP STUDIO PAINT PRO

 


▼審査員
平塚 修一
https://www.shueisha.co.jp/

集英社の漫画雑誌『別冊マーガレット』『スーパージャンプ』『グランドジャンプ』で合計16年勤務。城アラキ+長友健篩「バーテンダー」などを担当。現在は同社デジタル事業部で新サービスの開発に従事。

Cameron Stewart
http://cameron-stewart.tumblr.com/

受賞歴のあるコミック作家、アーティスト。代表作はDC ComicsのBATGIRL、FIGHT CLUB 2など。現在はカナダのトロント在住。

*他2名の方に審査員としてご参画いただく予定です。

▼特別協賛
集英社
https://www.shueisha.co.jp/

集英社は、マンガ~ファッション誌~文芸書などを発行している日本の総合出版社です。『週刊少年ジャンプ』『週刊ヤングジャンプ』『りぼん』『マーガレット』『別冊マーガレット』などのマンガ誌を発行。『ONEPIECE』など世界的なヒットコミックスを出版しています。

KADOKAWA
https://comic-walker.com/

KADOKAWAは書籍出版に始まり、映画、アニメなど幅広い事業を手掛ける総合エンターテインメント企業です。
コミックウォーカーはKADOKAWAの人気マンガが集結した無料コミックサイト。最新のメディアミックス作品から人気の異世界コミックまで、2,400作品以上を無料で掲載しています。

ワコム
http://www.wacom.com/

最もエキサイティングなデジタルアート、映画、特殊効果、ファッション、デザインの創作に世界中で使用されているクリエイティブ向けペンタブレットと液晶ペンタブレットのパイオニア。


▼協賛
株式会社アムタス
https://www.amutus.co.jp/

国内最大級の電子書籍サイトめちゃコミックでは、制作パートナーと共に、オリジナルコミックブランド「アムコミ」の企画制作および販売を行なっています。
アムコミの作品は、めちゃコミックをはじめとする国内と海外の電子書籍サイトで配信されています。

株式会社BookLive
https://booklive.jp

「BookLive!」はマンガ、小説、ラノベ、雑誌など、約90万冊を取り揃える総合電子書籍ストアです。
会員登録なしで無料で読める作品は、常時1万冊以上!まずはお好きな無料マンガで、使いやすさを体験ください。

ソルマーレ編集部 (NTTソルマーレ株式会社)
http://www.nttsolmare.com/e-publish/original_publishing/

日本最大級の電子書籍ストア「コミックシーモア」を運営するNTTソルマーレ。そのストアが運営する電子コミック専門の編集部が「ソルマーレ編集部」です。国内外の読者ニーズに応えるオリジナルコミックを創出中。

株式会社マッグガーデン
http://www.mag-garden.co.jp/

月刊誌「月刊コミックガーデン」を刊行、コミック配信サイト「MAGCOMI」を運営する出版社。グループ企業にアニメーション制作会社であるプロダクションI.G、WIT STUDIO他があり、連載作品のアニメ化など相互に企画協力しています。

Glenat
https://www.glenat.com/

ジャック・グレナによって1969年に設立されたグレナは、バンド・デシネ、マンガ、アメコミ、高級書籍(海、山、美食、文化遺産、子供・若者向け)を専門とするフランスの出版社です。フランスでにおいて、日本のマンガの出版の先駆者であるグレナは、今日でも誰もが認める市場リーダーです。

Ko-fi
https://ko-fi.com/

Ko-fiは好きなアーティストを直接応援できる投げ銭サービス。ページを作成してウェブ上ですぐに共有、コーヒー一杯分の「Ko-fi」をファンから受け取れます!支払いを受け取るためのPaypalアカウントさえあれば無料でご利用可能です。さらにお礼としてKo-fi限定コンテンツやリクエスト、継続的なサブスクリプションを受けることもできます!

▼協力
Gファンタジー
https://magazine.jp.square-enix.com/gfantasy/
2020年に創刊27周年を迎える株式会社スクウェア・エニックスが発行する毎月18日発売の月刊コミック誌です。
「黒執事」「ホリミヤ」「地縛少年花子くん」「王室教師ハイネ」「妖怪学校の先生はじめました!」をはじめとして、人気作品が多数連載中。

世界サイレントマンガオーディション
http://www.manga-audition.com/japan/
世界最大規模で最も成功している漫画コンテストの一つ。名だたる漫画家らが設立した出版社・コアミックスによって運営され、国際的に活躍する次世代の漫画作家の発掘と育成、出版を目指しています。

株式会社ナンバーナイン
https://no9.co.jp/
「漫画でひとびとの人生を豊かにする」をMISSIONに掲げ、「漫画エージェント事業」「マンガアプリ事業」「クラウドファンディング事業」「確定申告代行サービス」の四つの事業を通して、デジタル時代における漫画の売り場と収益を最大化するデジタルコミックエージェンシー。

CoAket
https://coaket.com/
CoAketは日本のコミックマーケットから着想を得て、ドイツでは他に無い、アーティストに注目が集まる、アーティストアレーと出版社ブースのみのイベントをハンブルクにて年に2回開催しています。

MAG
https://mag-con.de/
Super Crowd Entertainment GmbHは北ドイツのイベント運営会社で、世界最大のインディーゲーム開発者ブースIndie Arena Boothや、ドイツ中部にて行われるゲーム・漫画・日本などをテーマとしたポップカルチャーイベント「MAG」を開催し、多くのデベロッパーやアーティストを支援しています。

TOKYOPOP
https://www.tokyopop.com/
1997年の創立以来、TOKYOPOPはアジアの独特なポップカルチャーと世界の架け橋、伝統とイノベーションの交差点であり続けています。世界各国の漫画のプロデュース、出版、配信を通じて、TOKYOPOPはあらゆる年代のファンに向けた刺激的なコンテンツを提供しています。

▼後援
公益社団法人日本漫画家協会
https://www.nihonmangakakyokai.or.jp/

日本漫画家協会は1964年12月に当時我国唯一の漫画家の全国組織として設立、1985年に社団法人に、2014年に公益社団法人となった団体で、健全なる漫画の普及、漫画創作活動の奨励、諸外国との漫画文化の交流、漫画に関する調査研究等、様々な事業を行っています。

一般社団法人マンガジャパン
https://www.manga-japan.net/

マンガジャパンは、ストーリーマンガ家を中心として、マンガ原作者や研究者等の親睦や制作環境の整備をはかり、日本のマンガ文化発展とマンガ家による社会貢献と国際交流をめざす団体です。

▼運営協力
Graphixly LLC
https://graphixly.com/

株式会社トゥルモンド・プロダクション
http://toutlemondeprod.com/

▼主催
株式会社セルシス
https://www.clipstudio.net/


株式会社セルシスについて
セルシスはグラフィック系コンテンツの制作・閲覧・流通を通じて、ITでクリエイターの支援をグローバルに行っています。
イラスト・マンガ・アニメーション制作ツール「CLIP STUDIO PAINT」、Webサービス「CLIP STUDIO」を通じたクリエイターの創作活動をサポートするサービスの提供や、電子書籍ソリューション「CLIP STUDIO READER」等の、コンテンツ制作・流通・閲覧にまつわるソリューションを提供しています。

セルシスホームページ : https://www.celsys.co.jp/
CLIP STUDIO twitter : https://twitter.com/clip_celsys

©CELSYS,Inc. All Rights Reserved.

製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

(注)ニュースリリースに記載されている内容は報道発表時の情報です。ご覧になった時点で内容等が変更になっている場合がございますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせ先
株式会社セルシス 広報担当 増川 聖子 / 古野 真衣
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド 2F
TEL:03-3373-9919 / e-mail:press@artspark.co.jp

法人のお客様はこちら
https://www.celsjp/clipsolution/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社セルシス >
  3. 全世界の学生を対象とした国際マンガコンテストを開催 ― 集英社、KADOKAWAほか協賛各社のメディアで作品発表のチャンスも ―