観光情報×WEBメディア「バーチャル街歩き」コンテンツを公開

~コロナ禍の外出規制状況における<新しい観光の楽しみ方>で地方創生に貢献~

・株式会社昭文社ホールディングスとその子会社株式会社昭文社および株式会社マップルは、株式会社ブイテック研究所と共同で、360度動画を再構成する経路映像合成技術を活用したバーチャル観光ウェブサービス「Milapse Trek(ミラプス・トレック)」をベースにした「バーチャル街歩きコンテンツ」を2021年4月29日よりリリース

・外出自粛規制の中でも街歩きや観光を楽しめるサービスとして、従来からブイテック研究所と南海電鉄が手掛ける「なんばエリア」のバーチャル観光ウェブサービス「Milapse Trek」に、マップルが保有する「観光ガイドデータ」を搭載し、昭文社の展開するWEBメディア「まっぷるトラベルガイド」(https://www.mapple.net/)上にも連携

・今回はマップルの保有する「観光ガイドデータ」を<バーチャル看板>として表示させることで、あたかもガイドブックを手に街を歩いている感覚で、臨場感あふれるバーチャル街歩きを楽しんでいただくことが可能に
株式会社昭文社ホールディングス(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)とその子会社株式会社昭文社(本社:同上、代表取締役 清水康史、以下昭文社)および株式会社マップル(本社:同上、代表取締役社長 黒田茂夫、以下マップル)は、株式会社ブイテック研究所(本社:東京都千代田区、以下「ブイテック研究所」)と共同で、360度動画を再構成する経路映像合成技術を活用したバーチャル観光ウェブサービス「Milapse Trek(ミラプス・トレック)」をベースにした「バーチャル街歩きコンテンツ」を2021年4月29日よりリリースいたします。

)) 実施内容 ((
外出自粛規制の中でも街歩きや観光を楽しめるサービスとして、従来からブイテック研究所と南海電鉄が手掛ける「なんばエリア」のバーチャル観光ウェブサービス「Milapse Trek」に、マップルが保有する「観光ガイドデータ」を搭載し、昭文社の展開するWEBメディア「まっぷるトラベルガイド」(https://www.mapple.net/)上に連携することで、バーチャル街歩きをしながら観光情報をチェックできる次世代型の情報コンテンツサービスとなっております。

今回はマップルの保有する「観光ガイドデータ」を<バーチャル看板>として表示させることで、あたかもガイドブックを手に街を歩いている感覚で、臨場感あふれるバーチャル街歩きを楽しんでいただくことができます。
また、「まっぷるトラベルガイド」では記事コンテンツとしても掲載しており、記事を読みながら、より分かりやすく街歩きを楽しんでいただくことができます。 
【大阪】道頓堀で名物看板めぐりを楽しもう! オンライン看板ウォーク
https://www.mapple.net/original/243275/
なお、本サービスは、マップルの提供する研究開発サイト「MAPPLE LABS」(https://mapple.com/labs/)からもご覧いただけます。

)) 取組みに至った背景 ((
新型コロナウイルスの感染拡大により旅行の形態が大きく変わり、旅行者を受け入れる各地域では、新たな対応が求められています。3密回避のための分散化、対面から非接触のデジタルサービスへの転換など、安心安全を保つオンライン観光サービスは、引き続き重要視されると考えております。

昭文社グループとしては、このような環境下でも観光を楽しんでいただける環境をご提供したいと考え、マップルの保有する「観光ガイドデータ」と昭文社の保有する観光情報サイト「まっぷるトラベルガイド」を活用した新たな観光体験価値の創出を目指し、ブイテック研究所と共同で本コンテンツをリリースしました。

従来よりブイテック研究所が提供している「Milapse Trek」は、東京大学 大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻 相澤清晴研究室と共同開発した「経路映像合成技術」を用いたバーチャル観光ウェブサービスです。街中映像は細かな路地も網羅されており、より臨場感ある街の様子が分かり、楽しみながら観光地を体感いただくことができます。

このような新技術に、観光ガイドデータとの情報連携を加えることによって「まっぷるマガジン」などに掲載されている飲食店や観光施設情報をバーチャル空間で閲覧することができ、行きたいお店のリサーチを事前に行うことなども可能となります。

バーチャル観光コンテンツを通じて現地の魅力を発見し、アフターコロナでは実際に現地に訪問するという『バーチャルからリアルへの人の流れ』を作ることで、コロナ禍で大きな影響を受けている観光産業の再活性化および地方創生に貢献して参りたいと考えております。

)) コンテンツ詳細 ((
大阪なんばエリア「バーチャル街歩き体験」概要
歩行者視点で通りの風景を映像で体感できる次世代サービス。
スマホ・PCで簡単に360度動画を操作して、自由自在にバーチャル街歩きができます。
|| 詳細URLhttps://mapple.com/labs-virtual/
|| 主な特徴
(1) 地図上のポイントをクリックすれば、自動的に通りを歩く映像がスタート。
(2) 交差点で矢印をクリックすれば、行きたい方向の通りへスムーズに展開。
(3) 映像内をドラッグすれば、歩きながら360°周りを見渡せます。
(4) 移動の速度を変えることも可能。早送りでもブレが少なく見やすい映像です。
|| サービス開始日:2021年4月29日(木)

)) 今後の展開 ((
コロナウィルスの感染拡大による「まん延防止等重点措置」不要不急の外出や県外移動が難しい状況が続いております。このような環境の中、“安心な暮らしと楽しい旅をサポートする”昭文社グループは、コロナ禍における新しい旅行体験の価値創出を目指して様々な取り組みを進めて参ります。今回リリースした「バーチャル街歩き」コンテンツにおきましても、今後は自治体様や企業様と連携して対象エリアを拡大させて参りたいと考えております。

)) 会社概要 ((
|| 株式会社マップル
本社所在地:東京都千代田区麹町3丁目1番地
代表者:代表取締役 黒田 茂夫
設立:2020年4月
URL:https://mapple.com/
事業内容:地図・ガイド情報等を基にしたデジタルデータベースの企画・制作・販売・使用許諾およびそれらを活用したサービスの提供

|| 株式会社昭文社
本社所在地:東京都千代田区麹町3丁目1番地
代表者:代表取締役 清水 康史
設立:2020年4月
URL:https://www.mapple.co.jp/company/shobunsha/
事業内容:地図・旅行情報等を基にしたメディアの企画・編集・制作・販売、広告、特注品制作、版権(ブランド)使用許諾

|| 株式会社ブイテック研究所
本社所在地:東京都千代田区神田三崎町3丁目5-9 天翔オフィス507
代表者:代表取締役社長 海老根 義人
設立:2015年7月
URL:https://vteclaboratories.co.jp/
事業内容:360°映像、移動視点映像における最新技術を活用した動画サービスの提供

|| 株式会社マップルの事業、広報に関するお問い合わせ先
株式会社マップル 広報担当:宇津井・小田
TEL:03-3556-8155(平日10~17時)
e-mail:mapple_pr@mapple.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社昭文社ホールディングス >
  3. 観光情報×WEBメディア「バーチャル街歩き」コンテンツを公開