コロナの影響で社内イベントをオンライン希望にする企業が7割以上

~タメニーアートワークス調査でwithコロナ時代の社内イベントのニーズが明らかに~

 タメニー株式会社のグループ会社であるタメニーアートワークス株式会社(代表取締役社長:貝瀬雄一、以下「タメニーアートワークス」)が運営する企業向けイベントプロデュース「イベモン」 (URL:https://evemon.jp/)は、「新型コロナウイルスにおける社内イベントの変化」に関して調査しました。その結果および現在の動向についてお知らせいたします。

<調査背景>
 新型コロナウイルスの影響で、テレワークの導入が推奨されている中で、この1年間働き方は大きく変化しました。こうしたなか、入社式や社員総会など会社の公式行事においても新しい取り組み方が求められるようになっています。「イベモン」においては、2020年3月にオンラインイベントの相談窓口を開設したことで問い合わせ件数が大幅に拡大しました(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000448.000006313.html)。今回は、社内イベントにおいて、どのような変化があるのか調査いたしました。


■オンラインを希望する問い合わせが7割以上
 コロナ前は、オフラインイベントの問い合わせが100%、オンラインイベントの問い合わせは0%となっており、問い合わせの全てがオフラインを希望されるものでした。
 しかしコロナ禍においては、オフラインイベントの問い合わせが19.0%、オンラインイベントの問い合わせは73.0%、ハイブリッドの問い合わせが8%となっており、オンラインイベントに関する需要が高まっています。

<問い合わせ比率>

■問い合わせのイベント内容は多岐に。
 問い合わせのイベント内容もコロナ前とコロナ禍で大きな変化が見られました。コロナ前はオンライン社員総会など一般的な内容で18種類となっていましたが、コロナ禍はオンライン内定式や脱出ゲーム、工場見学などが増え、51種類と多岐にわたることとなりました。

<問い合わせいただいたイベント内容(一部抜粋)>

  • お客様のコメント(一部抜粋)
・イベントを行うこと自体を目的とするのではなく、イベントを通じて達成すべき目的を明確にして、そのためにやるべきことを組み立てていくというところが、他のプロデュース会社とは一線を画していると感じます。(表彰式・株式会社プラスディー様)
 

withコロナ時代に迎える今後の各種社内イベントにおいても、幹事様の心理的負担は増大することが予想されますが、イベモンではこうした負担を軽減し、ご支援を通して企業様の事業成長や従業員様のモチベーションアップなどに貢献していきたいと考えています。
 
  • タメニーアートワークス 取締役 新地将史のコメント
 今回、緊急事態宣言が延びたことで春にイベントを控える多くの幹事様が頭を悩ませていると思います。
コロナ禍のお問い合わせの特徴として、一番大きいのはイベントまでのリードタイムが短いということです。これまでは、イベント開催の1ヵ月前にお問い合わせをいただくことは稀でしたが、「オフライン(対面)」「オンライン」「中止」という様々な選択肢がある中で判断することができず、開催日ぎりぎりでお問い合わせを受けることが多くなっています。
 また、すでにご相談いただいている幹事様も緊急事態宣言が解除されるかどうかでオンラインのイベントに切り替えるかを頭に入れながら準備されていますので、これまでのイベントより、考える要素が多いのが現状です。
 そんな中、オンラインイベントを開催した参加者からは「ここまでクオリティが高いとは思わなかった」「予想以上に楽しめた」というお声を多数いただきました。参加者も初めてのことなので、オンラインイベントに対しての期待感が低い印象も受けました。
 また、今年に入ってお問い合わせの内容にさらに変化が出てきました。昨年は、「なんとなくオンラインでイベント」と決めてお問い合わせを受けることが多かったですが、現在はオンラインでの開催を前提に、配信される映像の画角に関する質問や、社内で検討されたイベント企画をお持ちの上で相談をいただいたくケースが増えています。企業の幹事様も社内でのオンライン対応に慣れてきたこともあり、イベントでの差別化を気にして連絡いただくことが増えました。
 リモートワークも増えて、社内のコミュニケーションが減りやすい状況ですが、働いている人にとって会社はたくさんの企業から選び抜いて勤めている職場であり、会社にとって社員はたくさんの採用募集から選び抜いた人財です。社内イベントは、そんな奇跡的な両想いを確かめる貴重な機会だと考えていますのでどんな形でもそういった場を提供していきたいと考えております。

 

イベモンは、「会社の発展に貢献するイベントプロデュースサービス」として、「『働く』をもっと楽しく、日本をもっと元気に!」を掲げ、人を大事にし、より良い変化を求める会社に対して、「心を動かすイベントを通して会社の発展のきっかけを提供する」ことをミッションとする、タメニーアートワークスの事業です。
これまで、累計35,000件のイベント運営に携わり、企業イベントを成功に導くためのノウハウとリソースをオフライン・オンラインの両軸で提供しています。




【会社概要】
社名: タメニーアートワークス株式会社
住所: 東京都品川区大崎1-20-3 イマス大崎ビル 4階
代表者: 代表取締役社長 貝瀬雄一
事業内容: ウエディングフォトスタジオの運営など
設立日: 2018年7月11日

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
広報担当:平田
TEL:03-5759-2700 FAX:03‐5759‐2701
Mail:public@tameny.jp
  1. プレスリリース >
  2. タメニー株式会社 >
  3. コロナの影響で社内イベントをオンライン希望にする企業が7割以上