手帳派?アプリ派?感じられているメリットやユーザー属性を調査(マクロミル調べ)

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「HoNote通信」として調査結果をお届けしています。
vol.157のテーマは「手帳」。毎年この時期、店頭には翌年の手帳が並び始めます。近年ではスマホのスケジュール管理系アプリなども登場していますが「紙の手帳」と「スケジュール管理アプリ」は、どのような層がどのようなメリットを感じて利用しているのでしょうか。それぞれの使用者に対して使用状況を調査しました。
<HoNote通信 vol.157>

■Topics
  • 「紙の手帳」の使用率は39%で女性が高く、「スケジュール管理系アプリ」は21%で若者の利用が進む
  • 手帳は、「手軽」「記憶に残る」「開く際に場所やシーンを選ばない」などを理由に使う人が半数以上
  • 手帳を買う際に最も重視するポイントは「中身のレイアウト」
  • スケジュール管理系アプリの人気機能、
    1位「アラート機能」、2位「色分け管理」42%、3位「定期予定の繰り返し登録」38%

■調査結果
 【1】「紙の手帳」の使用率は39%で女性が高く、「スケジュール管理系アプリ」は21%で若者の利用が進む

「紙の手帳」を使う人は39%、「スケジュール管理系アプリ」を使う人は21%で、スマホ利用が進む現代も「スケジュール管理系アプリ」より「紙の手帳」を使う人の方が多いという結果でした。

「紙の手帳」の使用率は、全年代において男性よりも女性の方が約10~20ポイント高く、最も使用率が高いのは20代女性です。「スケジュール管理系アプリ」の使用率は、手帳ほど性別差は見られませんが、年代別では男女ともに若い世代での普及が進んでいるようです。※1

 


※1:対象者(紙の手帳かスケジュール管理系アプリの使用者)抽出のために事前に行なった1万人調査(性別×年代別の人口動態割付)の結果より



【2】手帳は、「手軽」「記憶に残る」「開く際に場所やシーンを選ばない」などを理由に使う人が半数以上

スケジュールの管理に紙の手帳を使う人に理由を尋ねました。「さっとメモが取れる」「手書きすることで記憶に残る」「パッとすぐに見られる」「場所やシーンを選ばずどこでも開きやすい」が、ユーザーの半数以上が選んだ理由でした。パッと使える手軽さや記憶に残せる点が手帳のメリットと考える人が多いようです。



【3】手帳を買う際に最も重視するポイントは「中身のレイアウト」

手帳を買う際、重視されるポイントは何なのでしょうか?

重視ポイントを“すべて”選んでもらうと、「好みのサイズ」が82%と非常に多く、「中身のレイアウト」や「手頃な価格」という点を重視する人もそれぞれ68%、60%います。

しかし、買う際の重視点を“1つだけ”挙げるとしたら?という質問に変えると、さきほどの結果とは違いが現れました。「中身のレイアウト」38%と最多で、「サイズ」は気にするものの「中身のレイアウト」が1番大事だという人が多いようです。

また、現在使っている手帳の価格帯については、「1~1,000円未満」46%、「1,000円以上~3,000円未満」35%とこれらの価格帯がボリュームゾーンでした。「無料」という人を除いて平均金額を算出すると1,515円でした。

 


 
【4】スケジュール管理系アプリの人気機能、1位「アラート機能」、2位「色分け管理」42%、3位「定期予定の繰り返し登録」38%

スケジュール管理系アプリユーザーは、どのような機能にメリットを感じているのでしょうか。

人気の機能の上位3位は、「アラート機能」43%、「色分け等での予定管理」42%、「定期的な予定の繰り返し登録機能」38%でした。上位3機能の性年代別の特徴としては、アラート機能は男性、色分け管理は女性、定期予定の繰り返し登録は50~60代に特に支持されていることがわかりました。
 


 
「紙の手帳」は女性の使用率が高く、さっと使える手軽さや場所やシーン問わずに開きやすいことがメリットだと感じられていました。スマホやPCの普及が進んだ今もなお、スケジュールは“紙の手帳に書く”、“紙に書かれたものを見る”という方が手軽で楽だと思っているユーザーが多いようです。一方の「スケジュール管理系アプリ」は若い人がよく利用しており、アラート機能や色分け、繰り返し予定などで機械的に管理できる点がメリットだと感じられていました。

また、当記事では紹介しきれなかった、“こんな機能は欲しい?”という設問では、「Webやアプリで手帳のカスタマイズができ、自分のオリジナルの手帳が作れる機能」は62%、「アプリのスケジュールを印刷すると、紙の手帳としても利用できる機能」は56%が“欲しい”と回答しており、オンラインでアレンジしたデータを、紙(オフライン)で出力したいというニーズもあるようです。

現状は、手帳もアプリもそれぞれのメリットについて重視された使われ方をしているケースが多いですが、今後は両者が融合したようなサービスへのニーズも垣間見える結果となりました。

▼”もっと詳しいデータグラフ集”を、以下URLから無料ダウンロードいただけます!
https://honote.macromill.com/report/20181106/?utm_source=release&utm_medium=page-link&cid=SL-PR


■ご覧いただけるその他の調査結果
スケジュール管理を行っているツール
紙の手帳の使用歴
2019年の紙の手帳の購入予定 ・・・など

▼調査概要
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国15~69歳で、紙の手帳かスケジュール管理系アプリを使っている方(マクロミルモニタ会員)
割付方法:事前調査における上記条件の出現比率に基づき、性別×年代別で割付/合計1,500サンプル
調査期間:2018年10月23日(火)~2018年10月24日(水)

※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マクロミル >
  3. 手帳派?アプリ派?感じられているメリットやユーザー属性を調査(マクロミル調べ)