写真家 臼井 俊弘 写真展 森羅万象の声を聴く「鼓動」

2月14日(火)から3月15日(水)まで、ケンコー・トキナーサービスショップミニギャラリーにて。

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山中 徹)は、KT中野ビル2階サービスショップ内のミニギャラリーにて随時写真展を開催しています。 写真展の第九弾として、2017年2月14日(火)〜3月15日(水)に、写真家 臼井 俊弘氏による写真展、森羅万象の声を聴く「鼓動」を開催いたします。


写真家 臼井 俊弘氏が撮りためた、自然写真の中から選りすぐりの写真23点を展示。臼井氏は風景写真を主に三河湾、中部圏の滝・渓谷をフィールドに撮影を続けています。

 

作者プロフィール

写真家 臼井俊弘(うすいとしひろ)

1954年長野県飯田市生まれ。東京でデザインを学び、1978年に帰郷。

1979年に企画・デザイン会社を設立。主に広告宣伝の企画デザイン・商品撮影・ポートレート・ブライダル撮影を行う。2011年にフォトコミュニティー「写真刊」を創刊する。

 

日本写真家ユニオン(JPU)会員、(公社)日本写真協会(PSJ)会員、日本風景写真協会(JNP)会員。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ケンコー・トキナー >
  3. 写真家 臼井 俊弘 写真展 森羅万象の声を聴く「鼓動」