ダイエーの役員が厚生労働省推進の「イクボスアワード2015」特別奨励賞を受賞

グループを挙げて多様な人材が活躍できる企業づくりに取り組みます

イオンのグループ企業である株式会社ダイエーの役員が、10月19日(月)、厚生労働省委託事業「イクメンプロジェクト」の一環として実施されている「イクボスアワード2015」において、特別奨励賞として表彰されました。

 

厚生労働省では、育児を積極的に行う男性を「イクメン」として応援し、男性の育児休業取得を促進する「イクメンプロジェクト」の一環として、働きながら安心して子どもを産み育てることができる労働環境の整備推進の模範となる企業や個人に対し、「イクメン企業アワード」と「イクボスアワード」の表彰を行っています。

今回は、「イクボスアワード2015」としてグランプリ3名、特別奨励賞2名が選ばれ、ダイエー役員は部下の育児と仕事の両立を支援する管理職=「イクボス」として、下記の取り組みが評価されました。
 
  • 受賞内容について
・内容:「イクボスアワード 2015」特別奨励賞
・対象者:株式会社ダイエー 執行役員 業態開発部 部長 伊藤 秀樹(いとうひでき)
・受賞理由:
 -「やることを減らす」「やれることを増やす」を方針に、ルーティン業務の見直しやチーム制の導入などにより、業務効率を上げるための取り組みを推進
 -自身も育児休業を取得し、若手社員のロールモデルとして仕事と育児の両立を実践
 -育児経験から得た消費者視点を活かし、具体的なビジネスへつなげるなど、仕事でも高い成果を上げている

ダイエーは本年6月、イオン株式会社とともに、小売業で初めて特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパンの主宰する「イクボス企業同盟」に加盟しました。本年10月には、農業法人として初めてイオンアグリ創造株式会社が、またミニストップ株式会社が本同盟に加わり、グループ各社が多様性を認め経営に活かす「イクボス」の育成を通じて、ワークライフバランスのとれた働きやすい企業、生活者視点により新たな価値観を創造できる企業の実現を目指しています。

イオンはこれからも、絶えず革新し続ける企業集団として、グループを挙げて多様な価値観を活かすダイバーシティ経営を推進します。

以上

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イオン株式会社 >
  3. ダイエーの役員が厚生労働省推進の「イクボスアワード2015」特別奨励賞を受賞